薬剤師転職ガイド【企業編】|未経験転職の難易度と成功の秘訣3つ

「企業薬剤師として調剤以外の仕事がしたい」「今の年収よりももっと年収をもらいたい」

そのように感じている一方で、「企業薬剤師に本当になれるのだろうか?」と考えている薬剤師さんが多いのではないでしょうか。この記事では企業薬剤師が得られるメリットと、未経験でも転職ができる方法までお伝えします。

 

1.企業薬剤師はメリットが多い!

企業薬剤師は転職先としての人気が高く、即戦力のキャリア採用も増えています。具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

企業への転職が薬剤師に人気な3つの理由

企業薬剤師への転職希望者は多くいます。主な理由は3つあります。

  • 調剤以外の経験ができ、スキルアップにつながる
  • 調剤薬局やドラッグストアよりも高い給与を得られる
  • 土日やお盆など休みが多い

企業で働くことによって、調剤だけでなく新薬に関する知識やその活用方法など幅広い仕事に携わることができます。そのぶん得られるスキルや経験も多くなります。

(※各職場の詳しい業務内容や得られるスキルを知りたい方は記事の後半でご紹介しています。)

また企業薬剤師の年収は年収約720万円/年となっています。もちろん職場や職種によって違いはありますが、調剤薬局やドラッグストアよりは高い給与が望めます。

職場 平均年収 ボーナス
製薬会社 約720万円 約100万円
ドラッグストア 約650万円 約90万円
調剤薬局 約500万円 約70万円
病院 約450万円 約60万円

さらに調剤薬局やドラッグストアよりも多くの休日をとれるようになります。特にお盆や年末年始などまとまった休みが取れるので、プライベートも充実させたいと考えている薬剤師さんにもおすすめです。

企業に転職をした薬剤師さんの体験談

スキルアップや待遇面でメリットの多い企業薬剤師。ここからは実際に薬局から企業に転職した人の体験談を見て働くイメージを湧かせましょう。

未経験から企業に転職することができました!(30代男性)

もともと 調剤薬局勤務だったのですが、そのとき付き合っていた彼女との結婚の話題をきっかけに「もっと稼がなければならない」と思うようになりました。そこでスキルアップ、年収アップが望める企業に思い切って転職することにしました。

企業への転職は難しいことが分かっていたので、エージェントに登録しました。製薬会社に勤めたいと希望したところ、エージェントが何件か求人を紹介してくれ、最終的に大手企業のMR職に就けました。

今までにやったことのない業務内容だったのですが、自社製品の安全性などの説明や医薬品の普及を増やすための情報提供を医師たちに伝達するということにやりがいを感じています。給料も一気に50万円ほどあがり、成果に応じて昇格もあるので、家庭を築く身として頑張っています。

この薬剤師さんだけでなく、企業への転職を成功させることができた人は充実した生活を送れている人が多いようです。よって「スキルアップしたい」、「年収をアップさせたい」そのように考えている薬剤師にとってはチャレンジする価値はありそうです。

魅力が多い企業薬剤師。でも転職難易度はかなり高い…

皆さんもご存じの方が多いとは思いますが、企業への転職はかなり難易度が高いです。

企業側は中途で採用するという文化がないことと40代以降の転職を敬遠されるという特徴があるため、企業薬剤師として働いたことのない人が転職する場合は転職成功確率は3割程度といわれています。

では企業薬剤師になりたいと思った場合、どうすればいいのでしょうか?次の段落では企業薬剤師になるための具体的方法について解説していきます。

2. 薬剤師が未経験で企業への転職を成功させる3つのコツ

 

。実際に企業に転職するためには3つのポイントを紹介します。この方法を実施することで企業への転職成功確率はぐっと上がります。詳しく見ていきましょう。

  • 職種によって必要な資格を取得する
  • 未経験でも転職できる企業職種に絞る
  • 企業に強い薬剤師転職サイトを利用する

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

【コツ1】企業薬剤師に必要な資格を取得する

資格は企業薬剤師になるうえで必須ではありませんが、転職の際に有利に働く場合が意外に多く存在します。企業薬剤師におすすめな資格をいくつかご紹介しますので参考にしてみてください。

  • TOEIC
  • 企業薬剤師が働く現場の多くが、TOEIC700点以上を推奨していると言われています。新卒時代の情報ではなく最新の点数を提出する必要があるので、改めて試験を受けるなどの対策は必要です。もし基準に足りない場合は、英会話スクールに通うなどして自助努力をしましょう。

  • 治験コーディネーター

治験は資格がなくとも仕事はできますが、事前に取得できると転職には大変有利です。

【コツ2】未経験でも転職できる企業職種に絞る

企業薬剤師の中でも比較的容易に転職ができる職種とそうでない職種が存在します。MRや薬事であれば企業薬剤師の経験がなくとも、転職が可能となります。

企業薬剤師の場合、いったん就職してしまえば個人の適正に合わせた配置転換が行われることもあるので、将来的にやりたい業務に就くことも夢ではありません。いきなり難易度の高い職種に転職をするのではなく、いったん転職できるところにしてしまう方が転職の成功確率は高いでしょう。

【コツ3】企業に強い薬剤師転職エージェントを利用する

難易度の高い企業薬剤師になるためには、「企業に強い転職エージェント」を選ぶことが必要です。

企業に強い転職エージェントとは、製薬メーカーや化粧品メーカーなど様々な企業とつながりがあることを指し、長年の実績や親会社の事業形態によってつながりの強さが変わってきます。つながりが強いと、非公開求人が優先的に回ってきたり、企業の求人情報を独占して保有している可能性が高いのです。

企業に強い転職エージェントかどうかを判断するためには、「企業求人数」「企業とのパイプ」「サポート体制」の3つをチェックしましょう。

【一目でわかる】薬剤師転職エージェント比較表

     

おすすめの転職サイト 企業求人数 企業とのパイプ サポート体制
マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師 276
  • 親会社マイナビの実績を生かした企業とのパイプの太さが強み
  • 履歴書の添削や面接同行・給与交渉などのトータルサポートで未経験転職でも安心

登録はコチラ

ファルマスタッフ 105
  • 教育制度が整っており、ブランクありでも安心!
  • 全ての職場に訪問しているので、職場の詳しい内情もわかる

登録はコチラ

薬キャリ
130
  • 電話のみの効率化した対応で最短3日のスピード転職が可能
  • 親会社がエムスリーなので製薬会社とのパイプが強い!

登録はコチラ

3. 【職種別】企業薬剤師の仕事内容・給与・転職難易度まとめ

企業薬剤師といっても様々な職種、業界があります。それぞれ転職難易度や仕事の内容等について記載しているので、興味のある職種についてクリックして見てましょう。

職種
難易度
平均年収
求人数
開発・研究 ★★★☆☆ 700万円程度 かなり少
管理職 ★★★★☆ 900万円程度
品質管理 ★★★★☆ 900万円程度
薬事 ★★★☆☆ 650万円程度
企業内診療所 ★★★★☆ 500万円程度 正社員:少
治験 ★★★☆☆ 600万円程度
学術 ★★★☆☆ 550万円程度
MR ★★★☆☆ 600万円程度

【開発・研究職】コツコツと積み重ねて結果を出す、社会貢献度の高い業務

難易度
平均年収
求人数
★★★☆☆ 700万円程度 かなり少

業務内容

おもに製薬メーカーや化粧品メーカー、食品メーカーなどで新薬の開発に携わる開発に携わります。一つの医薬品が完成するまでには基礎研究、新規物質の発見、安全性のチェック、治験といったさまざまな業務がありますが、その根底となるのが開発・研究職です。

転職難易度

転職求人数は大変少なく、中途やキャリア採用で入社するにはそれなりの経験やスキルが求められます。新卒でも修士課程以上など、学歴も重要視されているので開発・研究職に転職したい方はしっかりとした準備が必要です。

給与

企業規模にもよりますが、年収はおおむね700万円前後が平均と言われています。昇進や出した結果によっては年収1,000万円以上も夢ではありません

転職アドバイス

研究・開発職は社会貢献性が強く、コツコツと地道に積み重ねることで結果を出したいタイプに向いています。実際、開発・研究職で働いている方の多くが積み重ねて結果を出せることにやりがいを感じているようです。一方で調剤業務などの一般的な薬剤師業務からかけ離れることが、将来的にはデメリットになりうるという側面もあります。

【管理職】多岐に渡るハードな業務。その分大きな達成感も

難易度
平均年収
求人数
★★★★☆ 900万円程度

業務内容

管理薬剤師とは文字通り管理職として、その職場や組織で一定の権限を持つ薬剤師です。病院や調剤

薬局であれば必ず管理薬剤師がいます。企業の場合、組織の中で与えられた期待や役割を果たしながらステップアップすることになるでしょう。

転職難易度

管理職を求める求人数はそう多くありませんが、管理職前提採用というケースは中途採用などではよくあります。基本的には一般社員として入社し、結果に応じた役職に昇進していくのがセオリーです。

給与

年収は企業規模にもよりますが、900万円前後が平均と言われています。年齢よりも結果に対してのインセンティブを払う企業が多く、年収1000万以上の方も多いようです。

転職アドバイス

管理薬剤師の仕事は多岐に渡り、多くの管理薬剤師は大変なハードワークのようです。具体的な管理業務は部下のマネジメントやプロジェクトの進捗管理、売上管理などがあげられます。出張や会議などへの出席も多く、トラブルが起こった時は自分が率先して原因究明に当たる必要があります。その分裁量が大きな仕事ができ、達成感も得られるでしょう。

【品質管理】現場を取りまとめながら、医薬品の安全性を守る

難易度
平均年収
求人数
★★☆☆☆ 580万円程度

業務内容

品質管理職のおもな仕事は、医療用医薬品がGMPを遵守して作られているかチェックすることです。GMPとは医薬品の製造管理及び品質管理規制という薬事法のことです。品質管理職は大手の製薬会社での募集が多いため、就労規則や休日もしっかり保証されている場合が多いです。入社して数年間は必要な資格取得で大変かもしれませんが、生産スケジュールなどはある程度の目安があるため、繁忙時期などに向けて事前に準備することができます。

転職難易度

求人状況は、正社員などの雇用形態にこだわらなければ数はあります。正社員として働きたい場合は、新卒か第二新卒のうちに製薬会社に入社しておく方が安心です。もし品質管理職で入社ができなくても、企業内で部署移動が可能なケースがあります。別の部署で仕事をしながら品質管理職を目指すのも一つの方法です。

給与

企業規模にもよりますが、年収は580万円前後が平均と言われています。入社直後は年収が低くても、
勤続年数や昇進次第では年収が上がっていきます

転職アドバイス

品質管理職に求められるスキルは、おもに人材育成とマネジメントです。企業によっても異なりますが、基本的に仕事の多くはマニュアル化されており、派遣社員などが入社してもスムーズに仕事ができることが多いです。そのため正社員に求められるのは、現場スタッフのとりまとめや進捗管理、作業手順の遵守などで、人に教えたり悩みを聞いたりするのが苦にならない方にはやりがいのある仕事でしょう。反対に人をまとめるのが得意でない方や、リーダーシップ気質の強い方は職場が合わないと感じるかもしれません。

【薬事】語学力や医薬品の専門知識を活かしたい努力家向き

難易度
平均年収
求人数
★★★☆☆ 650万円程度

業務内容

薬事業務とは、薬事申請業務のことを指し医薬品や医療機器の製造販売に関する公文書の申請に関連する業務です。医薬品に関する専門知識が必要なことはもちろんですが、申請書類の作成にはメディカルライティングのスキルも問われます。必ずしもひな形に沿って書けばよいということではないため、手続きや法律について熟知しておくことが薬事業務に携わる前提条件です。

転職難易度

求人状況は、正社員求人の数はあります。各社が求めるスキルのレベルはかなり高く、未経験で転職を考えているならTOEICやメディカルライティングスキルのアピールが重要です。場合によっては最初から薬事業務を狙わずに、品質管理などを経て薬事業務へ異動するほうがスムーズかもしれません。先々はフリーランスで薬事代行などの仕事をすることも可能です。

給与

企業規模にもよりますが、年収は700万円前後が平均と言われています。経験者のキャリア採用ならスタートは600~700万円前後、未経験者であれば500万円前後になることもあります。

転職アドバイス

薬事業務は、おもに申請書類の作成や収集した情報のまとめなどが多いため、細かいことが気になる方には向いています。結果が出にくい研究などと違い、スケジュールという目標があらかじめ決まっているので、目標に向かってコツコツと努力できる人は大きなやりがいを感じるでしょう。英語はメールや文書のリーディングに使うので、英会話よりも読解力が求められます。英会話を活かしたい方は物足りないと感じるかもしれません。

【企業内診療所】仕事とプライベートの両立も可。人々の健康維持に携われる

難易度
平均年収
求人数
★★★★☆ 500万円程度 正社員:少

業務内容

企業内診療所に勤める薬剤師は、文字通り企業内診療所で働きます。発行された処方箋に従い患者に薬を渡します。各企業によって異なりますが、休日や勤務時間は雇用主である会社のカレンダーに合わせることになります。

転職難易度

最近では企業単体で診療所を持たず、近隣のクリニックと提携してコスト削減する企業が多いので専属薬剤師という形態で働く人は少なくなりました。難易度は採用がうんぬんというよりも、求人がないために難易度が高くなっています。求人さえあれば採用条件などはそう難しいものではありません。基本的な薬剤師業務ができれば問題ないとされています。

給与

企業内診療所に勤めた場合の年収は、500万円前後と言われています。正社員や契約社員としての採用よりはパートやアルバイトの求人が多いと言われています。

転職アドバイス

企業内診療所でのやりがいは、自社に関係する人材の健康維持に携われることです。仕事とプライベートを両立して働くことができるため、自分のやりたいことと仕事の両立も夢ではありません。しかし、昇給や年収アップを求める方には向いていないでしょう。

【治験】新薬の効果や安全性を見極める高度な仕事

難易度
平均年収
求人数
★★★☆☆ 600万円程度

業務内容

治験業務には CRCとCRAの2つの種別があります。新薬を人に投与した際の効果や安全性を見極める大切な仕事です。CRCは治験コーディネーターを指し、治験に関わる医療機関をサポートします。CRAは治験依頼をおこなう製薬会社などをサポートする業務です。

転職難易度

治験業務には必ず薬剤師資格が必要というわけではありませんが、被験者や医師、対応いただく病院などとの調整説明なども業務として発生するため、薬剤師が好まれるケースがあります。製薬会社においては自社でCRA職を雇用し育成しているところもあります。

求人状況はCRC、CRAという総称で募集されているケースもあります。製薬会社が募集する場合と専門会社が募集するケースでは、専門会社の方が求人数は多いです。また、専門会社であるため自分のスキルに応じた案件を担当しやすいです。専門的なスキルに加えて、 コミュニケーション力やマネジメント力などさまざまなスキルが求められる高度な仕事と言えるでしょう。

給与

年収はおおむね年収600万円スタートが多いようです。もちろん保持資格や前職のキャリアなどによって変わります。治験を担当してくれる病院を探すため、全国・海外への出張も多々あります。

治験業務は新薬の正確な知識に加え、病院や関連機関との調整業務、患者やその家族の心のケアなどを総合的に担当しなければいけません。そのた 薬事関連法への知識や薬物動態、疾患背景への理解、統計解析などに長けていることはもちろんのこと、 周囲との調整力、判断力、マネジメント力がある方が求められます

転職アドバイス

未経験からの転職は決して簡単ではありません。 目標やビジョンを明確にして、過去のどんな経験がどう治験に活かせるのかを論理的にしっかり説明しましょう。業務内容にもよりますが、大きな総合病院などでの勤務経験は興味を持たれやすいスキルです。勉強だけでは補えないスキルは臨床現場で身に着ける必要があります。

【学術】医薬品に関する情報をまとめ、わかりやすく発信

難易度
平均年収
求人数
★★★☆☆ 550万円程度

業務内容

学術業務は、取扱医薬品に関するさまざまな情報をあつめ、関係者向けにまとめることです。収集する情報は副作用に関することから、別の薬との併用で発生する効果・効能や症例など多岐に渡ります。問い合わせてくるのは、自社のMRや医師などが多く、スムーズなレスポンスが要求されます。海外からの問い合わせもあるため、英文読解のスキルは必要です。まれに患者からの問い合わせもあるため、一概に専門用語での回答ができればよいというわけでもありません。

転職難易度

正社員としての求人はそれなりの数がありますが、現在は学術薬剤師としてというより、関連業務を担う部署が兼任していたり、CROが外注して担っているケースも増えています。そのため応募したい求人の業務内容は、求人情報などからしっかり把握しておくことが必要です。基本的には事務作業が中心ですが、企業によっては学術薬剤師が対応するコールセンターを開設しているところもあります。

給与

年収はおおむね500~600万円前後が平均と言われています。年収としては決して高い方ではないですが、学術ライターやMRなど業務で培った経験を活かせる仕事が多いため、自分のステージに合った働き方をしやすいでしょう。

転職アドバイス

学術薬剤師は机上で行う事務的なイメージが強いかもしれませんが、プレゼンテーションをする機会も多いため、専門的かつ分かりやすく伝えることが得意な方や人前で話すことが苦にならない方に向いています。書類作成の際にもわかりやすい表現でまとめる必要があります。そのためロジカルに考えることが苦手な方は、最初は苦労するかもしれません。

【MR】コミュニケーション能力は必須。持続力がいる営業のお仕事

難易度
平均年収
求人数
★★★☆☆ 600万円程度

業務内容

MRは自社の医薬品やその関連情報を医師に届ける営業職のことです。薬剤師の資格やMR認定証がなくても働くことは可能です。しかし薬剤師という国家資格を活かして営業することで、クライアントからの信用が得られやすくなる現状はあります。基本的に担当エリアの病院や医師に対して営業を行いますが、商品の説明会や関連する内容の講演会を主催するといった活動も行います。積極的な売り込みは嫌われますので、講演会や勉強会で先生とのつながりを作ります。

転職難易度

求人状況は、なりたいと思えば即応募ができる位豊富です。自分が興味を持つ分野に特化することも可能です。商談相手となる医師は多忙を極めるため、商談は診療や手術などがすべて終わった後や、早朝などまちまちです。そのため拘束時間はかなり長い傾向にあります。また大規模病院になると複数のMRが医師との商談時間を確保しようと狙っていますので、競争相手は多いです。

給与

年収は売上を上げれば、若くして年収1000万以上も可能です。営業職の中で比較するとMRの年収は高い方で、平均して年収600万前後と言われています。国内と外資でも違いますが、最近は年棒ベースの給与形態をとる企業が増えています。

転職アドバイス

MRのやりがいは、やはり売上が上がった時や契約が決まった時に感じるという方がほとんどです。コミュニケーション能力に長けている人、人の懐にうまく入っていける世渡り上手な人には向いています。しかし結果が伴わないことも多いので、コツコツと自分のやるべきことを進める持続力が求められます。

その他の職種

上記で説明した以外の企業薬剤師の職種についてご紹介します。

職種
業務内容
MS 医薬品卸売業の営業です。医師と薬剤師、MRなどを結ぶ役割を担います。
MSL 医薬品メーカーに所属し、医師など影響力のある人に対して医療活動の支援などを行います。MRよりも専門性の高い情報を扱います。
ライター 医薬品や医療機器の計画・開発・承認に必要な書類や報告書の作成をします。
PMS 市販されている製品の安全性を確かめて報告する、安全管理の業務を行います。

4.企業薬剤師で成功する人はこんな人!

 

企業薬剤師として活躍しているのはこんな人

企業薬剤師に転職して活躍する人には共通点があります。その1つはコミュニケーション能力に長けているということです。病院や調剤薬局で働く場合もコミュニケーションは大切とされていますが、チームや組織で協力して成果を出すことが多い企業薬剤師は周囲と良好な関係を築きながら、自分に課された役割を果たしていくことが求められます。

ここで言うコミュニケーションとは、単純に周囲と仲良くできるということではなく、相手がわかりやすい報・連・相を心がけたり、先を見据えた上で業務を進めるなど空気を読むスキルを言います。

企業薬剤師の各職種におすすめなのはこんな人

具体的に企業薬剤師の各職種がどんな方に向いているのか、表で見てみましょう。

職種
向いている人
開発職、研究職 社会貢献背の強い方、コツコツと自分のやるべきことに集中できる方
管理薬剤師 ファシリテーションが得意な方
品質管理
(メーカーがメイン)
全体の進捗状況の把握、管理ができる方
タイムマネジメントが得意な方
薬事 英文のリーディングが得意な方
薬事関連の法律やガイドラインなどの知識に長けている方
学術 DI 人にわかりやすく伝えることが得意な方
論理的に物事を考えることができる方
企業内診療所 ワークライフバランスを重視して働きたい方
治験 資料作成が苦ではない方、細かなところまで目を配ることができる方
MR 長期的な目標に対してコツコツと努力ができる方
楽天的な方

仕事や職場を選ぶときに、自分が好きなことや興味があることで目星をつけるのも良いですが、自分の性格や得意なことで選ぶのもおすすめです。企業薬剤師の仕事内容は多岐に渡りますので、一つ一つの特性を理解し、自分に合う仕事を見つけましょう。

推奨利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張訪問、満足度5年連続No.1を獲得
  • 大手人材会社マイナビの実績があるため企業からの信頼も厚い
  • 履歴書対策や面接同行のサポートにも自信

無料登録してコンサルタントに相談する

【コラム】薬剤師が企業に就職するのに学歴は必須?

 
一部ネットの情報では、旧帝大や早慶クラスの薬学部を卒業していないと製薬企業に就職できないとの情報があるようです。果たしてその情報は本当なのでしょうか。
結論、ハイレベルな大学を卒業していなくても製薬会社には入れます。特にMRは人間性やコミュニケーション能力など、学歴以外の力が採用に大きく影響してきます。
ただ求人数は少ないので、もし製薬会社に興味があるなら転職サイトに登録して求人を探す必要がありそうです。


企業の記事一覧

企業内診療所薬剤師は穴場だった!求人を見つけるための唯一の方法

企業内診療所で働く薬剤師の数は少なく、あまり実態が知られていません。実は特定の薬剤師にとってとても魅力的な職場であることをご存知でしょうか? この記事では企業内診療所について詳しく説明し、求人を探すための方法までご紹介し…

続きを読む

スキルを磨けて給与もアップ!大学病院薬剤師から製薬会社MRへ転職

転職した理由を教えてください。 新卒から、長く大学病院の薬剤師として勤めてきました。大学病院を選んだ理由は、薬剤師として患者さんとの接点を多く持てる職場だと考えたからです。残業や夜勤もあり、ハードな面もありましたが、薬剤…

続きを読む

未経験の分野で新しい発見も?リクナビ薬剤師で製薬会社へ転職!

転職した理由を教えてください。 前職では調剤薬局に勤めていました。そこでの仕事は主に調剤や受付を担当しており、薬に関する知識を用いて調合を行ったり患者の方にアドバイスをしたりと楽しく働いていました。長年同じ職場で勤務した…

続きを読む

企業側から声がかかる転職サイトに登録し希望の企業薬剤師へ転職!

転職した理由を教えてください。 転職を考えたときの職場は、大手の調剤薬局チェーンです。雇用形態は正社員で、勤務していた店舗は大学病院前にあったので、受け付ける処方せんの数はかなり多かったです。いろいろな症状を持つ患者さん…

続きを読む

資格を活かして調剤薬局以外の仕事がしたい!企業内薬剤師へ転職

転職した理由を教えてください。 前職は、大手チェーンの調剤薬局で働いていました。 この職場を選んだ理由は、大手で教育制度が充実していることと、給与・福利厚生の良さに魅力を感じたからです。 実際に働いてみて、確かに定期的に…

続きを読む

薬剤師の扱いに不満!転職エージェントで病院から製薬メーカーへ転職

転職した理由を教えてください。 総合病院の薬剤部に所属していましたが、そこでの薬剤師の扱いに不満を抱きました。自身のキャリアアップの為にも、今後の身の振り方を再検討する必要性があると考え、転職を決意しました。病院に入った…

続きを読む

違う企業でチャレンジしたい!薬剤師転職エージェントを利用し転職!

転職した理由を教えてください。 キャリアを考えるとこれまでの会社では将来的に不利になることを知り、別の会社に転職した経験があります。昔は大手製薬会社の研究員でしたが、キャリア向上の理由で営業部門に異動になりました。自分な…

続きを読む

将来も安定?!薬キャリで福利厚生も充実した製薬会社へ転職!

転職した理由を教えてください。 調剤薬局に勤務していました。規模は地域の中では大きい方でチェーン展開もしていました。総合病院や高齢者施設からの立地が良い薬局だったので営業時間中は多くの患者さんが訪れます。私が勤務していた…

続きを読む

薬剤師としての意義を見出したくてドラッグストアから製薬会社へ転職

転職した理由を教えてください。 大学時代に研究室に籠り過ぎてしまい、そのままバイト先だったドラッグストアに就職して働いていました。しかし、登録販売者や無資格者のバイトと大差の無い仕事や、医療機関との関わりが全くと言ってい…

続きを読む

MR経験が活かされた?薬剤師転職エージェントで創薬事業へ転職

転職した理由を教えてください。 大学を卒業後、MRとして大手製薬会社に入社しました。当初の希望は新薬研究に携わることでしたが、希望に沿った求人をなかなか見つけることが出来ずに、結局諦めてしまいました。とはいえ、大手ですか…

続きを読む