投稿 更新日更新

ドラッグストア薬剤師への転職ってどうなの?気になるポイントを解説

「ドラッグストアは年収高いけど忙しそう…」
このような悩みを抱えて転職に踏み切れない方が多いようです。

この記事ではドラッグストア薬剤師の年収や転職で注意したいポイントなど、気になるポイントをすべてまとめました。ドラッグストアに転職を考えている方はぜひ最後までお読みください。

この記事に書いてあること

1.ドラッグストア薬剤師の一番の魅力は年収が高いこと!

ご存知の方も多いと思いますが、ドラッグストアはほかの業種に比べて平均年収が高いという特徴があります。

まずはドラッグストアの年収を他の職場の年収と比較してみましょう。

職場 平均年収
ドラッグストア 500〜600万円
調剤薬局 450∼550万円
病院 約380万円
企業(製薬会社) 約720万円

※平均年収の算出はエージェントへのヒアリングによって記載しています

ドラッグストアの平均年収は500〜600万円と企業に次いで2位となっています。薬剤師全体の平均年収が504万円(2018年度賃金構造基本統計調査より)であることをふまえても、ドラッグストアの年収は高いということがわかります。

ドラッグストアは新卒入社時点から年収が高く、企業によっては初年度の年収が600万円を超えるケースもあるようです。

また年収の上がり幅も大きく、エリアマネージャーなどの役職者になれば年収1000万を超えることも可能です。

どうしてドラッグストアで働く薬剤師の年収は高いの?

ドラッグストアの年収が高い理由は2つあります。

まず1つ目は「高利益を出しやすいビジネスモデル」であるためです。
調剤薬局は「薬価が一定」というルールが存在する以上、利益を大きく伸ばすことはできません。
一方ドラッグストアは調剤業務に加え、OTCや化粧品なども販売しています。そのため高い利益を出して給与に還元でき、調剤薬局よりも高年収を目指せるのです。

2つ目は「採用に力を入れている」ためです。
どのドラッグストアも店舗を急速に拡大しており、慢性的な人手不足が続いています。すぐにでも薬剤師を採用したいため、募集する際の年収を高めに設定せざるを得ないという傾向があります。

2.ドラッグストア薬剤師は幅広い業務に携わり、キャリアアップにつなげられる

年収が高いだけなく、「幅広い業務に携われる」こともドラッグストア薬剤師の魅力です。

調剤業務のほかにOTC販売も担うため、幅広い商品知識をつけることができます。
幅広い知識を生かし、症状や要望に沿ってどの薬を利用するべきかの提案ができることが調剤薬局とは違ったやりがいにつながることが多いようです。

また企業によっては早い段階から店舗管理などのマネジメントを任されることもあります。
広いエリアでの店舗管理や企業の経営に携われる薬剤師は非常に貴重なため、将来的に引く手あまたな人材に慣れる可能性が高いです。

「将来的に高い年収を得たい」「いずれ独立や開業をしたい」と考えている方にはおすすめできる働き方です。

3.ドラッグストア転職で気になるポイントをQ&A方式で解説!

ドラッグストアは年収が高い・幅広い業務を経験できるというメリットがある一方で、「夜遅くまで働かないといけない?」「休みが取れないのでは?」というような懸念を感じている方が多いようです。

そこでここからはドラッグストア転職で気になるポイントをQ&A方式で解説していきます。

Q.ドラッグストア薬剤師は夜遅くまで働く?

ドラッグストアは営業時間が長く、シフト制の勤務形態が一般的です。そのため毎日夜遅くまで働くわけではありません

とはいえ遅番になると12:00∼21:00、13:00∼22:00など遅い時間帯で働くため、「夜遅くに働くのは避けたい」という方にはあまり向いていません。

Q.ドラッグストア薬剤師は休みがとれない?

「ドラッグストアでは薬剤師が足りないため休みが取れないのではないか?」
このような心配をされる方が多いのですが、ドラッグストア薬剤師が休みを取れないことはほとんどありません

規模が大きい企業の場合は他の店舗からヘルプを呼ぶことができますし、規模が小さい場合でもパートや派遣を雇うという対策が取られています。

ただし中には休みが取れない「ブラックドラッグストア」も存在するので注意が必要です。(詳しくは記事の後半でお伝えします。)

Q.ドラッグストア薬剤師は土日も働く?

土日休みのドラッグストアがないわけではありませんが、多くのドラッグストアは土日も営業しています。当然正社員として働く場合は土日勤務をしなければなりません。
もし土日休みで働きたいという場合は、「勤務地や給料などほかの条件で妥協する」「求人探しに時間をかける」などの対策をとることが必要になるるでしょう。

Q.薬剤師は商品の陳列もしなければいけないの?

ドラッグストアで働く薬剤師が担う「業務の幅」は企業によって大きく異なります

「基本的には調剤室にいて、呼び出しがあったら出てください」という場合もあれば、「レジ打ちや商品陳列もやってください」という企業も存在します。

「どのような業務をしたいのか」や「どのような業務はしたくないのか」というような自身の希望を明確にしてから求人を探すとミスマッチを起こさずに転職をすることができます。

(※最近ではレジ打ちや陳列の業務をやりたくないという求職者が多く、「薬剤師には調剤のみ行ってもらう」というドラッグストアが増加する傾向にあります。)

4.薬剤師がドラッグストアに転職する際の2つの注意点

ドラッグストアに転職をする場合の注意点について紹介します。

ブラックなドラッグストアに要注意

ドラッグストアの中にはブラックな要素を含んでいる店舗もあるため、職場選びは慎重に行う必要があります。
ブラックなドラッグストアの特徴と見分けるためのポイントをご紹介します。

【ブラックなドラッグストアの特徴1】薬剤師の人数が大幅に足りない

人手が足りていないドラッグストアは注意が必要です。

人手が足りないと「頻繁に店舗異動をさせられる」「一人薬剤師として働くことが多い」「休みが取れない」など、薬剤師一人にかかる負担が大きくなります。

店舗当たりの薬剤師人数や有給の取得率は転職前に必ず確認しておきましょう。

【ブラックなドラッグストアの特徴2】薬の不正販売や薬歴の未記載がある

数年前にニュースで取り上げられていましたが、「薬の不正販売をしている・薬歴を記載していない」といった問題のあるドラッグストアはいまだに存在します

薬歴やおくすり手帳で、患者のアレルギー体質や副作用歴などを確認しないと、思わぬ事故を起こしてしまう可能性もあります。転職する前に職場見学などを行い、薬歴を記載する仕組みが整っているか確認しておきましょう。

ドラッグストア店長との相性をチェックする

ドラッグストア転職に失敗するケースで特に多いのが「店長との人間関係悪化」です。

ドラッグストアは店長が薬剤師以外のことが多く、薬剤師の仕事の難易度や要する時間を理解しづらいです。

相互理解ができていないまま仕事を渡されると、「何もわかっていないくせに偉そうなことを言わないでほしい」というように反発する感情を抱いてしまうのです。

またドラッグストアでは店長がノルマを追っていることが多く、調剤薬局では経験してこなかった「ノルマを意識したコミュニケーション」にストレスを感じる方もいるようです

ドラッグストアでもいい人間関係を築いている方はたくさんいるため、過剰に心配をする必要はありませんが、転職前にどんな人が店長なのかは確認しておくとよいでしょう。

どうしても心配な方は店長が薬剤師の企業を選ぶことをおすすめします。

5.ドラッグストアに転職する際は薬剤師転職エージェントの利用がおすすめ

ドラッグストアに転職する際の注意点をご紹介してきましたが、すべてのポイントを自分で確認するのは時間や手間がかかってしまいます。
そこでドラッグストアに転職する際は転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントはそれぞれの職場の内部事情や雰囲気を把握しているため、うまく活用すれば転職後のミスマッチの可能性を下げることができます。

また転職エージェントを利用することで非公開の好条件求人も紹介してもらえるため、通常よりも高い年収で転職できる可能性もあります。

ドラッグストア転職におすすめの薬剤師転職エージェント

転職エージェントはどれでもいいわけではありません。

ドラッグストアへの転職の際は「ドラッグストアの求人数」「職場訪問をしているか」「条件交渉力」の3つをチェックしましょう。

職場を訪問しているかはどうして大事なの?

転職エージェントには職場一つ一つに直接訪問をしている場合と、電話のみの対応をする場合に分かれます。

直接訪問をしているエージェントはより詳細に職場の内情を理解しているため、転職失敗のリスクを防げるのです。

未経験でドラッグストアに転職する場合は「直接企業に訪問をしている転職エージェント」を選びましょう

3つの観点で大手転職エージェントを比較しました。

おすすめ転職サイト ドラッグストア
求人数
職場訪問調査 条件交渉力
マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師のキャプチャ画像 20,806
  • 面接に同伴し条件交渉のサポートをしてくれる!
  • 対面対応重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止

無料登録はコチラ

リクナビ薬剤師 12,141 ×
  • 全体の75%以上が非公開求人
  • 大手リクルートが経営しているため大手企業とパイプあり
  • 高い提案力によって最短3日でのスピード転職可能

無料登録はコチラ

ファルマスタッフ 8,267
  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録はコチラ

※2020年5月時点ココファーマ調べ

6.【コラム】大手ドラッグストアの年収・特徴まとめ

最後にドラッグストア別の平均年収と特徴について、転職エージェントにインタビューした内容をまとめました。職場選びの参考にして下さい。

ウエルシアHD

ウエルシアは薬剤師の採用に積極的で、新卒・中途問わず好条件で入社することができます。

イオングループの一員で資本力があるという背景もあり、平均年収はドラッグストア業界でトップクラスとなっています。

またウエルシアは調剤やOTCなど薬剤師資格を必要とする部署以外への転籍も非常に活発なため、キャリアの幅を広げたいという薬剤師にはおすすめです。

マツモトキヨシHD

マツモトキヨシは高利益率の化粧品を中心に販売し、安定した売上があるため給与額も他のドラッグストアと比べて高めに設定されています。
店長より上の役職者になると、年収1000万円を超えることも可能です。

注意点として、マツモトキヨシは働き手が比較的若い年齢層が多く、40代以降の転職難易度は高い傾向にあります。もし興味があるなら早めにチャレンジするとよいでしょう。

スギHD

スギ薬局の年収は約640万円と、大手ドラッグストアの中では平均的といえます。
最近では役職に空きが少なく、年収が頭打ちになってしまうケースもあるようです。

他のドラッグストアと異なるのは在宅医療に力を入れているという点です。在宅をやりつつOTC商品の知識もつけたいという方にはおすすめです。