女性

2017.02.07

薬剤師は時短勤務でも正社員並みに福利厚生が充実しているってホント?

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

育児と仕事の両立ができるのか不安に感じているママ薬剤師は多いでしょう。保育園の送迎や帰宅後の世話などを、フルタイムの勤務をしながら行うのは負担が大きいです。常に時間を気にしながら急いで行動しなければなりません。 突然の残業が発生したり、保育園の送迎のために通勤ルートを変える必要があったりするなど、悩みの種はたくさんあります。 このように育児と仕事の両立で悩んでいる薬剤師は、時短勤務制度の利用を検討してみると良いでしょう。育児以外にも介護などの理由で家を長い時間あけられない人にも有効な制度です。最近では不妊治療のために利用するケースも見受けられます。そこで今回は、正社員のまま短い時間で働ける時短勤務の利用について紹介します。

薬剤師の時短勤務ってどこでもできるの?

結論からいうと、時短勤務制度はどこの職場にでもあるわけではありません。しかし、大手のチェーン薬局やドラッグストアは時短勤務への理解があるケースが多いです。大手は雇用している人数が多いため、その中には幼い子どもがいる薬剤師も少なくありません。そのため仕事と育児の両立に悩む薬剤師も多く、会社や職場全体の問題として認識されやすいです。その結果、産休や育休だけでなく、時短勤務制度も前向きに導入することが多いと考えられます。個人ごとに状況が異なるので、半日勤務や2時間短縮の勤務から雇用形態を選択できるなど、制度が充実しているところも少なくありません。大手の場合、勤怠管理はパソコンやイントラネットを用いたシステムで行うのが一般的です。制度として導入しているところでは、時短勤務の勤怠管理もシステムに組み込まれていることが多いでしょう。

大手の職場は薬剤師が多くいるので、時短勤務をしている薬剤師の仕事をフォローしやすいという背景があります。その一方で、少人数のドラッグストアや個人経営の調剤薬局などでは、時短勤務制度が導入されていないケースがよく見られます。仕事と育児の両立で悩んでいる場合は、オーナーや上司に個別に相談することになるでしょう。そのような職場では一人ひとりの仕事量が多いので、労働時間を短縮するのは難しい実情があります。しかし相談次第では、時短勤務を認めてもらえる可能性もあります。一般的な会社は、大手であっても少人数であっても、薬剤師には少しでも長く働いてもらいたいと考えているからです。

薬剤師に辞められてしまうと、人材の補填のために採用活動を行う必要があります。そのためには時間と費用がかかりますし、募集をしても必ず応募があるとは限りません。また採用に成功したとしても、教育にまた時間と費用がかかってしまいます。そのため時短勤務を認めてでも働き続けてもらった方が効率的であると考えているのです。そのため大手だけでなく、少人数のドラッグストアなどでも交渉次第では時短勤務を行える可能性はあるでしょう。

薬剤師の時短勤務はパートやアルバイト、派遣の求人と比べて給料や待遇は変わるの?

女性の場合特に子どもの誕生とともに、正社員からパートや派遣社員に変更して働く薬剤師もいます。フルタイムの正社員と比べて、パートや派遣社員は時間の融通が利きやすいからです。契約時に自分の希望の勤務時間を伝えて認められれば、それ以外の時間は自由になります。そのため育児に十分な時間をかけることも可能です。しかし当然ですが、労働時間を減らせばその分だけ収入は低くなってしまいます。交通費の支給がされないなど、給料以外においても正社員より待遇が悪くなるケースも見受けられます。また、いったん正社員を辞めてしまうと、子育ての時期が終わったからといって正社員に復帰するのは難しいです。もし復帰できたとしても、以前の役職などはリセットされてしまうと考えておいた方が良いです。

時短勤務であれば、正社員のまま子育てと仕事を両立できます。不就業時間の分だけ給料が少なくなるのは、パートや派遣社員と同様です。しかし就業時間の分の給料は、正社員の給与基準で計算されて支払われます。年収や賞与に関しても、一般的には就業時間をベースに正社員と同様の計算方法で算出されます。パートや派遣社員になると給与基準そのものが下がってしまいますが、時短勤務だと単純に不就業時間の分の給料が減るだけで済みます。また正社員であることに変わりはないので、給料以外の待遇が大きく変わることもないでしょう。さらに子育ての時期を終えると、フルタイムの正社員に復帰することも可能です。

時短勤務の薬剤師で福利厚生が充実している求人を見つけるには?

時短勤務ができても、その他の福利厚生が充実していない会社だと働きにくいと感じることもあるでしょう。 そのため時短勤務制度のある会社だからといって、すぐに応募するのは良くありません。育児と仕事を両立したいなら、時短勤務でも福利厚生が充実している求人を見つけることが大切です。そのような会社を見つけるおすすめの方法が3つあります。1つ目は、会社の公式のホームページを細かくチェックすることです。求人募集情報を公式のホームページで行っていることがあり、その場合は応募の判断材料になるような情報を提供しています。薬剤師は不足している傾向があるため、多くの会社は少しでも優秀な人材を確保したいと考えています。そのため福利厚生が充実しているなら、ホームページで会社の魅力としてアピールしていることが多いのです。

2つ目は、人脈を利用する方法です。気になっている会社で知人やOBが働いているなら、福利厚生について質問してみると良いでしょう。求人情報などに福利厚生の制度があると書かれていても、実際に働き始めると利用しづらい雰囲気であることもあります。実際に働いている人から話を聞くと、実情が分かるので有力な判断材料になります。また知人やOBがいない場合は、インターネット上の口コミを見るのもおすすめです。実際に働いていた人が情報を書き込んでいる場合がありますので、参考にしましょう。

3つ目は、薬剤師求人転職サイトに登録して転職エージェントに相談に乗ってもらう方法です。エージェントは時短勤務や福利厚生など、各会社の実情に精通しています。そのため希望条件に合った会社を紹介してもらいやすいです。口コミの情報は信憑性に欠ける場合があります。知人やOB以外から正確な情報を得られることは大きなメリットといえるでしょう。エージェントは育児と仕事の両立に悩む薬剤師に対応してきた経験が豊富です。転職先の職場雰囲気や今後の働き方に関する悩みについて的確なアドバイスを期待できます。

時短勤務はママ薬剤師にとって頼もしい制度です。働きづらいと悩んでいるママ薬剤師は、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてもらい、時短勤務制度のある会社への転職を検討してみてはいかがでしょうか。大手薬剤師求人サイト薬キャリは全国の薬剤師求人の新着情報が掲載され、求人数・情報量が豊富であるため、自分に合った薬剤師求人を探しやすいと評判です。

時短勤務で働ける薬剤師求人を探す


【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位早く転職したいなら「薬キャリ」

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する