投稿 更新日更新

薬剤師は未経験で企業に転職できる?職種別の仕事内容や年収を解説

「企業薬剤師になりたい!けど自分は転職できるのかな」

結論、企業薬剤師に未経験で転職することは可能です。しかし難易度はとても高いです。

この記事では企業薬剤師の仕事内容や年収の実態、未経験で企業に転職するための秘訣まで詳細にご紹介していきます。企業薬剤師に興味をお持ちの方はぜひ最後までお読みください。

この記事に書いてあること

1.職種別|企業薬剤師の仕事内容と年収

ひとえに企業薬剤師といっても様々な種類が存在し、業務内容や年収も異なります。
まずは企業薬剤師の職種を一つずつご紹介していきます。

それぞれの仕事内容と年収をご紹介します。

管理薬剤師の仕事内容と年収

企業の管理薬剤師として働く場合、「製薬会社本社・倉庫・工場」の3つの職場があり、職場によって業務内容も変わってきます。

本社と倉庫で勤務する場合は「医薬品の在庫管理」が主な業務になります。

本社勤務の場合は在庫管理に加えて「医薬品情報の管理や収集・問い合わせ対応(DI業務)」や「MRへの医薬品情報の提供・MRの教育」なども行います。

工場勤務の場合は、医薬品の在庫管理ではなく品質管理や分析業務を主に行います。

工場や倉庫で働く場合、都心ではなく地方で働くことになるということを認識しておきましょう。

管理薬剤師の年収

年代 平均年収
20代 400万円〜450万円
30代 450万円〜550万円
40代 550万円〜600万円
50代 600万円〜700万円

転職アドバイス

企業の管理薬剤師は他の職種の中でも残業時間が短いことが多く、人気の高い職種です。

求人を探す場合はタイミングが重要になるので、転職エージェントに企業の管理薬剤師として働きたい旨を伝えておくと良いでしょう。

品質管理の仕事内容と年収

品質管理は、製造後や製造過程の医薬品がGMPの品質基準を守っているか管理をします。
※GMPの詳細についてはこちら
1週間の半分は検査や実験を行い、もう半分は検査結果を資料にまとめるなどの業務をを行うことが多いです。

企業によっては、製品改良のための施策を検討をしたり、学術に問合せがあった内容の確認業務なども行ったりもします。

入社して数年間は必要な資格取得で大変かもしれませんが、生産スケジュールなどはある程度の目安があるため、繁忙時期などに向けて事前に準備することができます。

品質管理の年収

年代 平均年収
20代 480万円〜500万円
30代 500万円〜580万円
40代 550万円〜700万円
50代 680万円〜750万円

転職アドバイス

品質管理の仕事はミスが許されないため、緻密な作業ができることが求められます。
また求人を募集している企業は、いずれ総括的な立場になってほしいという要望を持っている場合が多いので、一つのことに長く向き合える力があることも重要です。

そのため面接時にミスが少ないという実績や、一つの職場で長く働いていた経験を話すことができると好印象を得られるでしょう。

学術の仕事内容と年収

学術は「医薬品の専門家」として医薬品情報の収集や提供などを行います。

具体的には、MRと医師の面談に同席しMRがこたえられない質問に対して回答したり、MRの勉強会や講演会に向けて資料を作成したり、医薬品を適用外の方法で使用をしている医師に対して指導をしたりします。

学術は企業によって担当する業務が大きく異なり、医師との面談を定期的に行い最新情報を提供したり、講演会を学術が主催したりすることもあります。

またDI業務に関しては外注している企業が多く、製薬会社の学術は行わない場合が多いです。

1週間のうち半分は情報収集や資料作成を会社内で行い、もう半分はMRとともに医師と面談したり講演会に参加したり会社から出て仕事をします。

学術の年収

年代 平均年収
20代 400万円~500万円
30代 480万円~550万円
40代 550万円~700万円
50代 680万円~800万円

転職アドバイス

学術は医薬品に関する専門家として仕事をするため、豊富な知識量と情報収集能力が求められます。
海外の文献や学会の映像資料から情報収集を行うこともあるため、英語力も必要になります。

また講演会を開くこともあるため、学会での発表経験なども評価される可能性があります。
経験やスキルがある場合は書類選考や面接の段階で話せるように準備しておくとよいでしょう。

薬事の仕事内容と年収

薬事は、医薬品や医療機器の製造販売に関する申請書類の作成や修正をしたり、申請書類を厚生労働省に提出したりします。

医薬品に関する専門知識が必要なことはもちろんですが、申請書類の作成にはメディカルライティングのスキルも問われます。

必ずしもひな形に沿って書けばよいということではないため、手続きや法律について熟知しておくことが重要です。

薬事の年収

年代 平均年収
20代 400万円~500万円
30代 480万円~550万円
40代 550万円~700万円
50代 680万円~800万円

転職アドバイス

また英語での申請書類の作成や英語文書から情報収集することがあるため、高度な英語力が求められることが多いのも特徴です。

転職を考えている方はTOEICなどの対策をしておくことをおすすめします。

MR・MSの仕事内容と年収

MRとMSは医薬品や医療機器のプロモーションを行う営業職にあたります。
仕事内容は以下の通りです。

  • MR
    MRの主な業務は、医師や薬剤師への「自社医薬品の情報提供」です。
    病院や薬局などに訪問し、自社医薬品の有効性や安全性を説明します。
    他にも学会や企業内で勉強会の開催したり、勉強会のための情報収集や資料作成したりします。
  • MS
    MSの主な業務は「様々な医薬品の販売と情報提供」です。
    様々なメーカーの医薬品や医療機器などを病院や薬局などに販売・納品します。
    MSはMRと似ていますが、1つのメーカーの医薬品ではなく、様々な医薬品を扱っている点や価格交渉を含めた販売活動を行う点が異なります。

MRとMSの年収

年代 平均年収
20代 500万円〜700万円
30代 680万円〜800万円
40代 700万円〜1000万円超
50代 700万円〜1000万円以内

転職アドバイス

MRとMSは医師と対等に話ができることが求められるため、医薬品や医療業界に関する知識が必要となります。
また論文の執筆や勉強会の発表などで英語が求められることが多いのも特徴です。

一方でMRとMSは薬剤師以外の方も多く応募するため転職難易度が高めです。

研究開発職の仕事内容と年収

研究開発職は主に「新薬の開発」に携わります。

具体的には新薬を開発するために、薬の合成や分析など実験を繰り返したり、臨床試験の結果から有効性や安全性を確認したりします。

企業の将来を支える職種としてとても人気が高い職種です。

研究開発職の年収

年代 平均年収
20代 500万円〜550万円
30代 550万円〜650万円
40代 600万円〜700万円
50代 700万円〜1000万円以上

転職アドバイス

企業の研究開発職に転職する場合、博士号の取得や調剤業務の経験が重要になります。

企業の研究開発職は新卒採用に偏りがちで、中途採用数は非常に少ないです。
また研究開発職を希望する人は多く、倍率が高いことから中途採用は非常に狭き門でしょう。

CRC・CRA仕事内容と年収

CRCとCRAは治験にかかわる業務を行います。
具体的な業務は以下の通りです。

  • CRC(治験コーディネーター)
    治験コーディネーターは「治験にかかわる事務的業務」や「日程調整など治験にかかわるサポート業務」を行います。
    具体的には被験者との契約締結や、被験者からの相談の対応、治験業務フローを作成、試験実施状況の報告などを行います。
  • CRA(臨床開発モニター)
    臨床開発モニターは実際に治験の開始から終了までの状況を確認します。
    治験実施に関する契約の締結や、医師へのヒアリングや症例報告書の確認などの治験のモニタリング業務、報告書の作成など治験の開始から終了の手続きまでを行います。
    そのほかに、治験を実施する医療機関に訪問をするため、外勤が多いことも特徴です。

治験業務は以前までは製薬会社内で行われてきましたが、昨今では新薬開発のスピードを高めるために、医薬品開発の委託を受ける企業であるCROに外部委託するケースが多くなりました。

CRCとCRAの年収

年代 平均年収
20代 500万円〜550万円
30代 550万円〜600万円
40代 580万円〜700万円
50代 680万円〜800万円

転職アドバイス

CRCとCRAは製薬会社や医療機関などとのやり取りが多いため、スケジュールを問題なく遂行できる自己管理能力やコミュニケーション能力が必要です。

病院からの転職であれば医師や看護師とのコミュニケーション、薬局からの転職の場合は複数店舗を管理した経験などがあるとよいでしょう。
また出張も多いため、体力があることも評価ポイントとなります。

企業薬剤師に未経験転職する際の狙い目とは?

上記でも説明した通り、企業に未経験で転職するのは簡単ではありません。
しかし職種によって、未経験でも比較的転職しやすい狙い目な職種もあります。

職種を問わず企業に挑戦してみたい方は以下を参考にしてみてください。

【未経験でも転職しやすい職種】

  • 管理薬剤師
  • 品質管理
  • 学術
  • 薬事

【未経験での転職難易度が高めの職種】

  • 研究開発職
  • 治験関連職(CRC・CRA)
  • MR・MS

転職しやすい職種とそうでない職種は何が違うの?

転職しやすさは「即戦力になりうるかどうか」によって異なります。

品質管理や薬事などの比較的転職しやすい職種は、薬の管理や情報の収集・整理が主な仕事になるため、調剤薬局や病院での調剤経験が役立てることができ、仕事になじむスピードが速いケースが多いです。

一方の研究開発やMRなどの転職が難しい職種の場合、転職してすぐに活躍というわけにはいきません。

研究開発は業務の専門性が非常に高く、知識や経験が重要視されます。そのためそもそも大半が新卒採用で、転職であっても経験者しか採用されません。

MRは薬剤師であることが活かせる製品知識も重要ではあるものの、医師に自社製品を売る営業力が重要視されます。そのため営業力のある一般職の求職者がいた場合、優先して採用されてしまうのです。

企業薬剤師に転職する方法は記事の後半で説明しています。

2.企業薬剤師が人気の理由|4つのメリットを解説

企業薬剤師には以下のメリットがあります。

  • 調剤以外の業務を経験できる
  • 残業なし・土日休みなど待遇がよい職場で働ける
  • 福利厚生が充実している
  • 勤続年数に応じて高収入を得られる

それぞれ解説していきます。

企業薬剤師は調剤以外の業務も経験できる

企業で働く薬剤師は調剤以外の業務を経験できるため、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師とは違った仕事に挑戦できます。

調剤薬局やドラッグストアではなし得ないキャリアを歩むことができるため、企業薬剤師に人気が集まるのも当然といえます。

「企業薬剤師しかできない業務がしたい」「薬剤師のキャリアを広げたい」と考えている方は目指してみるとよいでしょう。

企業薬剤師は残業なし・土日休みなど待遇がよい

調剤薬局やドラッグストア、病院で「残業なし・定時に帰れる・土日休み」の条件がそろっている職場は非常に少ないです。
一方で企業薬剤師は「残業がない・定時に帰れる・土日休み」など待遇がよいことが多いです。

また年末年始やお盆の休みなど年間休日も多く、調剤薬局やドラッグストアに比べ待遇のよい職場が多いでしょう。

そのため「プライベートを充実させたい」「子育てもしたい」という方は企業薬剤師を目指すことをおすすめします。

企業薬剤師は福利厚生が充実している

企業薬剤師は大手調剤薬局やドラッグストアに比べ福利厚生が充実していることが多いです。

有給休暇は、企業側が取得率の向上を目標に掲げていることもあり、8~9割は取得していることが多く、また当日の有給取得率も高くほぼ確実といってよいでしょう。

調剤薬局やドラッグストアで有休休暇を取得する場合、代員が見つかればよいですが、要相談であることが多いため、企業薬剤師の有給休暇の取得のしやすさは大きなメリットになります。

産休や育休休暇の取得率も高く、「プライベートを充実させたい」「子育てと仕事を両立させたい」と考えている方にはおすすめです。

企業薬剤師は勤続年数に応じて高年収を得られる

以下の表を見てもらえばわかる通り、企業薬剤師の平均年収は他の薬剤師の職種と比べても高いです。

職場 平均年収
企業 約720万円
病院 約450万円
調剤薬局 約500万円
ドラッグストア 約650万円

調剤薬局や病院で800万円以上の年収を得るには職場の規模や薬剤師のスキルによって異なりますが、あまり現実的とはいえません。

一方企業薬剤師の場合、転職直後は一時的に年収が下がってしまう可能性がありますが、将来的に年収800万円以上を得ることも不可能ではありません

「将来的に高年収を得たい」という方は企業薬剤師にチャレンジしてみるとよいでしょう。

3.企業薬剤師のデメリットと注意点

企業薬剤師を目指す前に以下の3つを理解しておきましょう。

  • 職種によっては転勤や出張が多い
  • 自分のやりたいことができない場合がある
  • 企業薬剤師の求人数は少なく面接難易度が高い

それぞれ詳細に解説します。

職種によっては転勤や出張が多い

企業では職種によって異動による転勤や出張が多いことがあります。

MRの場合は約5年周期で異動があり、企業によっては全国転勤だけでなく海外に転勤ということもあるため、私生活大きな負担になってしまう可能性があります。

またMR・学術・品質管理などの職種は出張など外勤業務が多く、デスクワークなど内勤勤務を想像されていた方はミスマッチを感じてしまうことがあります。

そのため「家庭があって転勤が難しい」「出張など外回りの仕事はしたくない」という方は、転勤や外勤が少ない管理薬剤師や薬事を目指してみるとよいでしょう。

また職種だけでなく企業によっても転勤場所や外勤の頻度が変わってくるため、転職エージェントに聞いてみるなど事前に確認することをおすすめします。

自分のやりたいことができない場合がある

企業薬剤師は調剤薬局やドラッグストアの仕事と大きく異なるため、業務内容をイメージしにくいでしょう。

しかし業務内容を確認せずにイメージで転職してしまうと「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまう可能性があります。

同じ職種でも企業によって業務内容が異なる?

同じ職種であっても企業によって業務内容が異なる場合があります。

中小規模の製薬会社は人員が豊富にいるわけではないため、他の職種の仕事もカバーして働く体制をとっている企業が多いです。

インタビューをした学術の方は、メインの仕事であるMRのサポートに加えて講演会の設計・運営などの業務まで担当していました。

職種の業務内容だけでなく、企業ごとにどんな業務をするのかも把握しておくとよいでしょう。

以下では業務内容をよく理解していなかったために起こってしまったミスマッチの実例をご紹介します。

男性のアイコン30代男性

「自分のやりたいことができると思っていたのに…」

大学時代に学んだ知識を臨床の場で活かしたいと感じ、調剤薬局から製薬会社のDI業務へ転職しました。

転職活動自体はスムーズに進んだのですが、働き始めて3か月くらい経った頃に「転職に失敗したかも…」と感じ始めました。

入社前のイメージでは、問い合わせへの対応を通じて先進的な薬の勉強ができると思っていましたが、実際はマニュアル通りに対応するだけでした。

また調剤薬局での対面のコミュニケーションに慣れていたため、相手の顔が見えない電話対応がかなりストレスになってしまいました。なかなか対応がうまくいかず、クレームをもらったこともあります。

結果的に半年と経たずに再度転職をし、調剤薬局に戻ることになりました。
もっと具体的に仕事内容をイメージしてから転職すべきだったなと反省しています。

この他にも、「内勤がメインだと思っていたら、意外と出張が多かった」「一人で黙々と作業するイメージだったが、実際は対人コミュニケーションをとることが多い」など、イメージと異なるという声もインタビューをした方の中でいらっしゃいました。

こういったミスマッチを起こさないようにするためにも、転職エージェントに仕事内容を聞くなど、どんな業務内容なのかを入念に確認するようにしましょう。

企業薬剤師の求人数が少なく面接難易度も高い

企業薬剤師の求人は調剤薬局やドラッグストアに比べて少なく、自身の希望条件に合う求人を見つけることは簡単ではありません。

また企業の求人が公開されても倍率が高いことが多いため、書類や面接の選考通過率も低いでしょう。

以下では企業への転職を成功させるポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

4.企業薬剤師に未経験転職する方法とコツ

企業に未経験で転職する秘訣は以下の3つです。

  • なるべく早めの転職を心がける
  • 企業規模にこだわらない
  • 転職エージェントをフル活用する

それぞれ詳細にご紹介します。

なるべく早めの転職を心がける

企業に転職する場合、年齢が上がれば上がるほど未経験者の転職は難しくなり、20代と30代では採用率が大きく異なります。

転職者や職種によって異なりますが、一般的には30歳ほどまでなら企業に未経験での転職できる可能性は大いにあるため、できる限り若いうちに転職にチャレンジしましょう

企業規模にこだわらない

企業への転職活動をする際には企業規模にこだわらないようにするとよいでしょう。

大手の製薬会社では新卒採用で人材の確保ができてしまうため、未経験での転職は難易度が高いです。
そのため大手に絞って転職活動をするのではなく、中小企業も視野に入れて転職活動をすることをおすすめします。

もしどうしても大手の製薬会社で働きたい場合は、中小規模の製薬会社に転職して経験を積んだうえで再度転職すると良いでしょう。

ジェネリック医薬品メーカーが狙い目?

未経験での転職の場合はジェネリック医薬品メーカーを確認することをおすすめします。

近年日本ではジェネリック医薬品の利用率を高める動きが活発になっています。
そのためジェネリック医薬品メーカーの勢いも強く、企業拡大が盛んにおこなわれています

拡大中の企業では人手不足が起こりやすく「通年で求人を出している・転職時の年収が高めに設定されている」など求職者によって有利な条件であることが多いです。

そのため未経験で企業に転職する場合は、ぜひジェネリック医薬品メーカーチェックしておきましょう。

転職エージェントを利用するフル活用する

企業に未経験で転職する際は、転職エージェントを活用するのが必須です。
その理由は以下の2つがあります。

  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を行ってくれるため、転職成功の可能性が高まる

企業の求人や好条件の求人は人気があるため、非公開求人の場合が多いです。
転職エージェントは自分では見つけづらい非公開求人も紹介してくれます。

また企業の採用試験は難易度が高く、書類選考の時点で多くの応募者が落とされたり、面接でも志望動機やこれまでの経歴を深く聞かれたりします。
転職エージェントが行ってくれる履歴書の添削や面接対策のサービスを活用することで、一人で転職活動をする場合より転職成功の可能性を高めることができるでしょう。

5.企業に未経験で転職する際におすすめの薬剤師転職エージェント

転職エージェントによって、書類選考や面接の対策の充実度合いも異なります。
そのため転職エージェントを選ぶ際には「企業求人数」と「転職サポートの手厚さ」を基準に考えるとよいでしょう。

保有している企業求人が多いほど、自分が満足できる求人に出会える可能性が高まります。
また転職サポートが手厚いと、履歴書の添削や面接対策を丁寧に行ってくれるため、企業への転職を成功させやすくなるでしょう。

特に一般転職も扱っているような大手の転職エージェントであれば、製薬企業とのパイプが太く、長年培った選考対策のノウハウもあります。

未経験で企業に転職する場合は企業求人が豊富で転職サポートが手厚い大手の転職エージェントを選びましょう。

上記2点の理由をもとにしたおすすめの転職エージェントは以下の3つです。

rankno1

マイナビ薬剤師

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
511
  • 製薬企業の求人が業界の中で最も多く、CRC、CRO、MRなど幅広く対応幅広い職種に対応
  • 新卒採用も手掛けているため企業との太いパイプがある
  • 履歴書の添削や、面接同行などトータルサポートが受けられる
rankno2

リクナビ薬剤師

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
291
  • 大手人材会社のノウハウを活かした対応が強み
  • 非公開求人割合が75%と高く、好条件求人がそろう
  • 最短3日転職が可能なスピード対応
rankno3

薬キャリ

企業求人数企業との
パイプ
サポート
体制
70
  • エムスリーグループのパイプで、企業転職に有利
  • 主に電話のやりとりでストレスが少ない
  • ママ向け求人検索機能があるので女性にもおすすめ

※2020年4月時点ココファーマ調べ

6.未経験者OKの求人の裏側

企業薬剤師には「未経験者OK」の求人があり、以下の2つの特徴があります。

  • 未経験者も条件次第では採用する企業
  • 経験の有無にかかわらず、若い人材を採用したい企業

より詳しい特徴は以下の通りです。

未経験者でも条件次第では採用する企業

未経験OKの求人は、業務経験が必ずしも必要ではありません。
転職者の年齢やスキルなど、条件次第では採用される可能性のある求人です。

経験の有無にかかわらず、若い人材を採用したい企業

未経験OKの求人では上述した特徴のほかに、「人手は足りているが幹部候補生の若手社員が欲しい」と考えている企業が多いです。

いずれの場合も採用してもらえる可能性は十分にあるので、自分の興味のある企業や職種であれば積極的に応募してみましょう。