女性

2017.02.07

【すべて分かる】薬剤師の産休や育休について徹底調査してみた

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

働く女性にとって出産や育児は、職場の産休や育休に対する理解が必要です。妊娠している間は思うように身体を動かすことができず、仕事を十分に行うことが難しいときもあるでしょう。また、子どもが産まれてからも、子どもがある程度育つまでは一緒に居たいですよね。

そのようなママを応援するための産休や育休制度ですが、なかなか会社や上司に言い出すことが難しかったり、申請するタイミングを逸したりしていませんか? 産休や育休は誰にでも与えられた労働者の権利です。もしいま産休・育休の申請やその後の職場復帰が難しそうな職場で働いているなら、理解がある職場に転職することや時短勤務などに理解のある職場に転職することも解決策の一つです。

職場の対応以外にも保育園の準備や育児休業給付金などの申請など、出産に関わる不安は多いでしょう。だからこそ早いうちから薬剤師としてのキャリアを、結婚や出産その後まで考える必要があります。将来子どもが欲しいと考えている人は、いくつもある将来の不安を一つ一つ解決していくために、早めに取得実績の有無などからママ薬剤師に優しい職場選びを考える必要があるでしょう。

■目次
1. 薬剤師は産休・育休制度が充実?
2. 将来の産休・育休対策!正社員が難しい場合はパートや派遣がオススメ
3. 自分にあった求人を見つけるには転職サイトを活用!

1. 薬剤師は産休・育休制度が充実?

薬剤師の産休・育休はどれくらい取得できているのでしょうか。大手病院やドラッグストア、大手調剤薬局勤務の場合、女性の働きやすい環境が整っている傾向があり産休や育休を取得しやすいといわれています。産休育休制度の認識は広まっており、大手に限らずさまざまな職場で産休育休制度が求人欄にも盛り込まれるようになってきました。

なかには、産休や育休が職場によって取得できたりできなかったりする、待遇面の問題であると勘違いしている人も少なくありません。産休は働く女性であれば誰にでも取ることができ、育休は一定条件を満たした方が取得できる休業制度なのです。産休は出産予定日の6週間前から出産後8週間後まで休業を取ることができます。これは職場ごとに決められたルールではなく、労働基準法で決められているルールです。

そのため、どのような職場でも妊婦や出産した直後のママを働かせるには制限がかけられているのです。また、産休は取得の条件は決められておらず、誰でも取得することが可能な休業制度ということを覚えておきましょう。育休は子供が1歳になるまでの期間内に休業を取ることができる制度です。子どもが1歳になるまでの育休は正社員の権利として認められるのはもちろん、派遣でも『同じ事業主に1年以上雇われているか』『子供が1歳を超えるときに雇用されているか』『子供が2歳になる前々日までに労働契約期間の満了や、契約が更新されないことがないか』という全ての条件に当てはまれば取得できます。一年以上雇用されており、その後も同じ事業主の元で働ける条件と意思があれば取得が可能です。育休をとるメリットとして、育児休業給付などの経済支援を得ることもできるのです。

薬剤師は他の業界に比べ女性に理解がある職場で、特に病院では看護師など女性が多くいる職場でもあるため、女性に働きやすい環境づくりが心がけられています。もし今働いている職場が、育休や産休に理解があるか気になる場合は、一緒に働いている方に相談するのも一つの方法でしょう。産休育休制度を利用して現在も働いている方が多ければ、それだけ産休育休について理解があり休業しても復帰ができる職場ということになります。また、今後妊娠を考えている人は仕事との両立ができるかなどの不安を相談できるので、安心して働いていくことができるでしょう。

しかし、パートや派遣など立場によってはなかなか言い出しにくい人も多いのではないでしょうか。また、正社員で働いている人は仕事の責任から無理をして働いている方もいるのが実情です。産休育休制度を取得できるかどうかは、職場の雰囲気や会社の理解度によってさまざまなのです。

もし職場で育休や産休を取りにくい状態が発生した場合は、各地の労基署に相談をすることや、思い切って産休育休を取得しやすい職場に転職することをおすすめします。実は働き方によっては、産休育休制度を活用しやすい職場があります。また、産休や育休から復帰をしたときの研修やフォローが充実しており、仕事に入りやすい環境が整った職場もたくさんあるのです。

→ママ薬剤師にオススメの薬キャリで求人を探す

2. 将来の産休・育休対策!正社員が難しい場合はパートや派遣がオススメ

薬剤師で将来妊娠・出産を考えている人は、正社員にこだわらず派遣薬剤師やパート薬剤師として働くことも選択肢の一つです。しかし、正社員に比べて福利厚生が十分でないのではないか、給与が少ないのではないかという懸念もあるでしょう。薬剤師は派遣やパート勤務でも十分な給与をもらえ、福利厚生も充実させているところも多いのです。

薬剤師免許は誰にでも取得できる簡単な免許ではないため、働き方にかかわらず給与が他の仕事よりも高い傾向にあります。パートの場合は同じ職場で勤務でき、労働時間も正社員よりシビアでないので、育休が終わってからの育児にも時間が取れるのはママにとってうれしいメリットといえるでしょう。

また、派遣は育休の条件をクリアしやすいといえます。必ずしも同じ派遣先で1年以上働く必要はなく、派遣会社に所属して1年以上働けば良いので、派遣先が合わなくて働く先を変えたとしても、同じ派遣会社で1年以上働いている限りは育休を取得できるのです。また、妊娠を期に退職をしてしまう人も少なくない中で、派遣は派遣先を辞めても派遣会社に登録していれば、復帰をしたときに改めて新しい派遣先を紹介してもらうこともできます。以前働いていた派遣先が募集していれば、元の仕事場に戻るできるでしょう。また、派遣のメリットとして、育休明けのブランクを埋めるための研修制度を利用できることや派遣職員からのフォローアップがあり、仕事の復帰を後押ししてくれるのです。

もちろんパートも派遣もそれぞれの職場が用意した福利厚生を利用することができます。大きな会社では、正社員にも見劣りしない福利厚生を用意している職場もあるので、就職や転職をするときは事前に調べておくと良いでしょう。

→薬キャリでパートや派遣の好待遇求人情報を探す

3. 自分にあった求人を見つけるには転職サイトを活用!

産休育休制度を上手に利用するために、転職をしようと考えている人は転職サイトの活用をおすすめします。薬剤師専門の転職サイトは、普通の求人サイトと異なり、専門の転職コンサルタントがついて自分が望む条件に沿った求人を的確に紹介してくれたり、自分のキャリアについての相談に乗ってくれます。そのため、自分で精査する必要がないのも嬉しい点ですし、ブランクが空いた人の復職をサポートしてくれる研修制度を取り入れているサイトがあることも利点です。

転職エージェントと一緒に転職先を探すメリットは大きく、求人情報だけでは確認することのできない情報を教えてもらえたりするので、職場を決める前により詳しく働く環境を確認することができるのです。育児休暇をしっかり申請して、子どもとの時間を作るために、転職サイトを上手く利用して、自分に合った職場を見つけることをおすすめします。

→自分に合った求人を薬キャリで探す


【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位早く転職したいなら「薬キャリ」

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する