転職

2018.12.19

薬剤師の転職理由ランキング|転職を成功させるコツを理由別に解説!

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

今の職場で働き続けることがどうしてもつらい、だけどこんな理由で転職しようと思っているのは私だけ?
みんなは一体、どのような理由で転職しているの?

転職を考え始めたときに気になるのが「周りの人たちの転職理由」です。もしかしたら自分の忍耐強さがたりないだけかもしれない。

そんな転職理由にお悩みのあなたのために、ここでは転職のプロに直接聞いた、よくある薬剤師の転職理由と共におすすめの転職サポートをご紹介しています。

薬剤師の転職理由ランキング

「あなたはどんな理由で転職したの?」などと同じ職場の薬剤師にはなかなか聞けません。転職したいと思っていることが同じ職場の人に知られるのは気が引けます。他の人はどんな理由で転職しているのでしょうか。

ここではプロの転職エージェントに聞いた、薬剤師のリアルな転職理由をご紹介しています。では早速、気になる薬剤師の転職理由を見ていきましょう。

順位
転職理由
1位 自身の変化(結婚や配偶者の転勤)
2位 環境の変化
3位 待遇への不満
4位 人間関係
5位 会社の将来への不安
6位 やりがいがない
7位 スキル/キャリアアップができない
8位 仕事内容が合わない

※ココファーマ独自調査

ご自身の転職理由も含まれていたでしょうか?ここからは1位から4位までを詳しく説明していきます。

1位:自身の変化

転職理由ランキング1位は「自身の変化」です。結婚や妊娠、出産といった人生のイベントに伴って転職をする方が多いのです。結婚に伴って引っ越しをすることは良くあります。また、配偶者が転勤になったために居住地を変えることもありますね。結婚すると家族が増えるために引っ越しなどで仕事を続けることが難しくなる場合があるのです。妊娠や出産のために働きやすい職場に転職するパターンも多く見られます。

2位:環境の変化

次に多いのが「職場の変化」です。チェーン展開している職場で働いている場合には異動が不定期に発生します。異動の告知は割とギリギリのタイミングでされることが多く、しかも断ることはほとんど不可能です。異動によって勤務時間や通勤時間、勤務内容が大きく変わったために転職を考える方が多いのです。また、薬局長や店長といった職場の責任者とも言える立場の人が変わることで転職を考える方もいます。上の人が変わることで職場の環境がガラリと変わるだけでなく、仕事内容なども変わってしまうことが多いためです。

3位:現在待遇への不満

当直や残業が多いのにそこまで給料が高くない、長年働いても給料が上がらないというのは薬剤師業界ではよくある話です。残業手当が付いたとしても希望年収と乖離があるため、転職に踏み切るという薬剤師さんが多いです。

また人手が少ない職場では毎日当たり前のように10時間近く働かなければいけない職場も存在します。1日のほとんどが仕事だけで終わり、休みの日は疲れてぐったり。残業代が出るならまだしもほとんどがサービス残業なんてことも珍しくなく、「体調を崩したから転職」という方も少なくありません。

4位:人間関係

年収や勤務時間には特別に不満はないけど人間関係が悪くて働きづらい、職場に行くのが億劫という方が非常に多くいらっしゃいます。

薬剤師の職場は女性が多く、女性ならではの陰口や理不尽な嫌がらせなどが多いようです。また管理薬剤師と仕事の方針が合わない・笑顔がない・嫌味を言われるなど、管理職の人柄と合わないという方もいます。

【理由別】薬剤師が転職を成功させるためのアドバイス

薬剤師は売り手市場であるため、どんな理由でも比較的容易に転職をすることが可能です。しかし薬剤師であっても複数回転職することは時間も労力もかかるため、あまりおすすめしません。

同じ理由で転職を繰り返さないためにも転職に失敗するケースが多い「待遇・人間関係に関する転職」について詳しく紹介したいと思います。

「待遇に不満がある」場合は希望条件の明確化が重要

よくある転職失敗例としてよくあるのが、「転職で待遇の希望条件はクリアしたけど、ほかの条件が最悪だった…」というケース。いい条件の求人があったので飛びついたはいいものの、ほかの条件が最悪だと転職しても幸せに働けないですよね。

そのため転職をする際にあらかじめすべての希望条件を洗い出し、どの条件なら妥協できるのかを明確にしておくことが大切です。

    【チェックすべき転職の希望条件】

  • 年収はどれくらいほしいのか
  • 勤務地(通勤時間)はどこがいいのか
  • 残業時間はどれくらいまで許容できるのか
  • どんな雰囲気の職場で働きたいのか
  • 福利厚生はどれくらい充実させるのか

「人間関係が悪い」場合は原因の追求と事前リサーチをする

人間関係を改善したいという場合は、どうして人間関係が悪くなってしまったのかを明確にしないと、再度同じ悩みを抱えてしまう可能性があります。

ひとえに人間関係が悪くなるといっても、「管理薬剤師の業務方針に納得できない」「忙しすぎてぴりついた雰囲気」など原因は様々です。現状どこに不満を持っているのかをはっきりさせることでより現状を打開する転職先を見つけることができるのです。

また人間関係を改善したい場合は転職する前に必ず職場見学に行きましょう。求人票だけでは職場の雰囲気はわからないことが多いです。自分の目で確かめてから転職をすることが大切です。

→薬剤師転職を成功させるための方法はこちら

【転職理由別】おすすめ薬剤師転職サイト3選

「転職サイトなんてどこも一緒」そう思っていませんか?実は各社強みや特徴が異なり、転職理由・希望条件と転職サイトの強みが一致しているほうが転職に成功しやすいのです。
ここではおすすめできる3つの転職サイトの特徴と、どのような人におすすめなのかを紹介していきます。自分にぴったりの転職サイトを見つけましょう。

【マイナビ薬剤師】

    【こんなひとにおすすめ】

  • 人間関係が原因で転職する
  • 残業時間が多くて困っている
  • 転職理由がマイナスなので面接が不安

マイナビ薬剤師だけの職場カルテで職場の人間関係までわかる

マイナビ薬剤師は求人にのっている企業1社1社にコンサルタントが実際に訪問し、職場の雰囲気や人間関係など求人ではわからない内容を調査しています。その情報を「職場カルテ」という資料にまとめ、求職者が閲覧できるようになっています。ほかにも職場見学などを実施しているため、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することもありません。

対面面談をしてくれるので転職に不安がある人も安心

初めて転職をする人にとって、転職はとても不安ですよね。そんな薬剤師の不安や悩みを解消してくれるのがマイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師はサポート体制がしっかりしています。登録した薬剤師と必ず対面での面談を行い、キャリア相談や転職への不安、心配など何でも相談にのってもらえます。そのうえ面接対策や転職後のアフターフォローもしてもらえるため、転職理由をうまく伝えられないという方も安心して転職活動に臨むことができます。

マイナビ薬剤師に無料登録して転職サポートを受ける

【ファルマスタッフ】

    【こんなひとにおすすめ】

  • 年収を上げたい
  • スキルアップしたい
  • ブランクがある

給料の高い求人を多数保有し、条件交渉もしてくれる

年収700万円以上・時給3500円以上の求人がファルマスタッフは多く保有しているため、年収を上げたいと考えている薬剤師にはぴったりの転職サイトといえます。

また事前調査で転職者の状況を把握し、状況に応じて給与や有給休暇などの条件交渉を積極的に行ってくれます。求人情報にある待遇よりもいい条件で転職が期待できます。自分ではなかなかできない条件交渉を代わりにやってくれると安心ですね。

日本調剤の教育が受けられる

「スキルアップ・キャリアアップしたい」「ブランクがあるから不安」「未経験である」このような不安にファルマスタッフは対応してくれます。

グループの親会社である日本調剤の教育ノウハウを受け継いでいます。転職フォローに加えてブランクがある薬剤師に向けた「教育研修制度」、薬に関する質問に答えてくれる「ファルマスタッフDI室」、毎月開催されている「ファーマシーセミナー」(無料)など様々な制度が整っています。

ファルマスタッフに無料登録して転職サポートを受ける

【薬キャリ】

    【こんなひとにおすすめ】

  • 子育て後職場に復帰したい
  • ブランクがある
  • 夫の転勤などのためすぐに転職がしたい

ママ薬剤師向けの求人がある

「子育てがひと段落したから働きはじめよう」、「子どもが生まれるからパートに変えよう」
そのように考えているママ薬剤師さんにとって心強い味方となってくれるのが薬キャリです。

薬キャリは求人を検索するときに「ママ薬剤師にお薦め」・「産休・育休実績あり」といった条件で絞り込む機能がついています。検索機能があるだけでなくママ薬剤師を多く担当し、理解も深いコンサルタントが多く在籍しています。ここまでママ薬剤師に対してのサービスが充実しているサイトは薬キャリだけでしょう。

スピーディーなサポートで最短3日の転職も可能

薬キャリはあえて求職者とのコミュニケーションを電話のみに絞り、効率的なサポート体制をとっています。そのため早く転職をしたいという方にはおすすめです。
スピードと聞くと「雑に扱われそう」「コンサルタントが強引なのでは?」と思いがちですが、決してそうではありません。希望にあった求人がない場合には、職場に1件1件電話をしてくれるくらい親切な対応をとってくれるので安心して利用できます。

薬キャリに無料登録して転職サポートを受ける

【一目でわかる】転職サイト比較表 

3つの転職サイトの特徴を表にまとめました。転職サイト選びに役立ててください。

     

おすすめの転職サイト 求人数 条件交渉力 面接同行
マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師 50,203
  • 圧倒的な求人数を保有しているため、駅チカ家チカ要望に対応可能
  • 全国14か所に支店があり地方でも対面面談を実施
  • 履歴書の添削や面接同行・給与交渉などのトータルサポートに自信

登録はコチラ

ファルマスタッフ 48,391
  • 年収600万円・時給4000円以上の高収入求人が毎日更新
  • 日本調剤グループのノウハウを生かした教育・研修制度が充実
  • 派遣求人が豊富

登録はコチラ

薬キャリ
20,502 ×
  • 即日最大10件の求人を紹介
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職が可能
  • 「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実

登録はコチラ

※2018年10月現在。ココファーマ調べ。

マイナスな転職理由を面接でうまく伝える2つの方法

転職理由が後ろ向きの場合、「どうやって伝えればいいんだろう…」と不安に思っていしまいますよね。

そこで面接で転職理由を上手に伝え、採用担当者に好印象を与える方法をご紹介していきます。

1.前向きな姿勢を伝えること

まず大事なのは、いかに前向きな姿勢を相手に伝えられるかということです。

前の職場であった嫌なこと、気に入らなかったこと、いろいろとあるかもしれませんがそれを正直にそっくりそのまま話すことはNG。絶対にやってはいけないことです。決して嘘をついているわけではないものの、これでは面接官に与えるのは「マイナス」の印象のみです。転職理由を説明する際には相手に「プラス」の印象を与えなければなりません。

要はマイナスをプラスに置き換えて伝えれば良いのです。「○○が嫌だったから」ではなく「○○をしたいから」、こんな風に言い換えができれば相手に前向きな姿勢をアピールすることができますよ。

2.熱意をアピールすること

どこの企業もやる気がない人は欲しくありません。どんなに人手が不足していても、どんなに薬剤師としての知識に優れていたとしてもです。仕事に対する向上心がない人に指導をすることほど精神的に疲れることはありません。また、その指導が意味を成さないと分かったときの脱力感も並のものではありません。どこの職場も熱意を持っている人材を欲しがっています。

熱意とは「一途に打ち込む熱心な気持ち」のこと。患者さんが話しやすいような口調を心がけている、○○の分野の勉強を自主的に進めているというものから、新しい職場ではこんなことを勉強したい、困っている患者さんのために少しでも手助けができるようになりたいといったものでも構いません。

あなたが持っている熱意を相手にアピールしましょう。熱意がある、何かに打ち込めるということは、それだけで大きなアピールポイントとなります。

【転職理由の上手な伝え方例】

ケース1:「人間関係」

人間関係のいざこざが辛かった…管理薬剤師と馬が合わなかった

受付→調剤・ピッキング→受け渡し(対応全般:疑義照会・服薬指導)全般までを連携して進めてみたい。チームワークを大切にしたいので教育熱心な御社で学びたい。

ケース2:「給料が低い」

残業多いわりに賃金が見合っていなくて不満だった

年功序列の給与体系でしたので仕事の総量についての自分の成長を実感しにくかった。
成果によって評価される職場で挑戦したい。

【コラム】「こんな転職理由でも転職できる?」ユニークな転職理由を紹介

ここまでよくある転職理由をご紹介してきました。最後に一風変わった転職動機をご紹介します。

かわった動機1.東京のダンススクールに通いたいから都内に転職したい」
かわった動機2.「趣味のサーフィンに没頭できる職場で働きたいから沖縄に行く」
どちらの薬剤師さんも自分の趣味に相当の熱量を注がれており、趣味に時間を割くために職場を変えるという理由でした。

「え、そんな理由で転職していいの?」と思われるかもしれませんが、意外とユニークな転職理由の方はいらっしゃるようです。結論、転職後に幸せに働けるならどんな転職理由でもいいのです。もし迷っている方がいるのなら、一度転職エージェントに登録してコンサルタントに相談してみてもいいかもしれません。


【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位早く転職したいなら「薬キャリ」

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する