投稿 更新

50代薬剤師は転職可能?採用されるためのコツ3つと転職できる職場

「50代の薬剤師は転職が難しいだろうな…」
「内定をもらうコツはあるのだろうか…」

結論からいえば50代薬剤師の転職は難しいです。しかし薬剤師不足は慢性的に続いていますし、50代の豊富な経験を求めている職場も存在します。この記事では、50代薬剤師が転職成功確率を上げるためのコツを詳しく紹介しています。これらをヒントにして内定を勝ち取り、新たな薬剤師人生を歩み始めましょう!

この記事に書いてあること

薬剤師の転職サイトランキング
1位 ファルマスタッフ 50代向け求人多数保有

詳細

2位マイナビ薬剤師 復職支援
コンテンツあり

詳細

3位薬キャリ スピード転職が可能

詳細

1.やはり50代薬剤師の転職難易度は高い

薬剤師は基本的に売り手市場で、転職がしやすい業種ですが、年齢を重ねるとどうしても転職のハードルは高くなります。転職エージェントが50代の薬剤師を紹介する場合、一部の職場では良い反応を得られない場合もあるようです。

50代薬剤師の転職、なぜ困難?

そもそも、なぜ50代薬剤師の転職は難しいのでしょうか?理由は主に3つあります。

1.50代薬剤師は給料が高いため

50代薬剤師の平均年収は700万円程度と薬剤師の平均年収と比べても高い水準となっています。そのため50代で転職した場合、雇用側は高い給料を出さねばならず大きな負担になります。
よって50代以上の転職は敬遠され、転職が難しくなってしまうのです。

2.50代薬剤師は転職後すぐに定年になってしまい、長く働けない

50代の薬剤師は、定年退職がすぐそこに迫っています。研修制度によって最低限の教育をしたとしても、現場で活躍してくれるのは限られた期間です。

残念ながら、「同じ教育をするのであれば、50代よりも若手のほうがいい」と企業側が考えるのは当然のことです。

3.50代薬剤師は体力面で劣る

年齢が上がるにつれ、体力面で問題が生じてきます。若いころでは読めていた字の大きさでも今では読みづらくなって業務に支障が出てきてしまう…などという方もいるのでは?

若い世代であれば無理がきくような業務量や業務内容であっても、50代を雇うとなると「体力的に大丈夫だろうか?」と心配をする企業も存在します。

調剤報酬改定で50代薬剤師の転職はさらに難しくなっている?

50代の転職が難しいことは前述のとおりです。しかしつい最近までは、調剤薬局やドラッグストアであれば50代でも転職が容易だったのです。

風向きが変わった理由は2019年の調剤報酬改定です。これにより調剤事務員もピッキング作業をすることができるようになりました。

金銭的に負担が少ない調剤事務員を雇うケースが多くなり、現在では調剤薬局やドラッグストアであっても50代が採用されないケースが増えているのです。

2.50代薬剤師が転職できる職場はあるの?

前述の通り、50代薬剤師の転職はとても難易度が高いものとなっています。とはいえ、50代薬剤師の転職が不可能というわけではありません。ここからは50代薬剤師が転職しやすい2つの職場を紹介します。

1.中小・個人の調剤薬局

調剤薬局業界は人手不足の状況が続いています。それでも大手は店舗数が多いため人事異動などで調整できますが、中小・個人の調剤薬局はそうはいきません。

さらに新卒薬剤師からの人気もなく、長く働ける若い薬剤師もなかなか入ってこないという悩みも抱えています。

結果として中小・個人の調剤薬局は、50代など比較的高齢の薬剤師にも門戸を広げることになるのです。50代薬剤師が転職できる可能性は十分にあります

2.ドラッグストア

ドラッグストア業界は業界自体が伸びており、それに比例して店舗数も増えています。当然薬剤師の需要も高く、年齢が高くとも採用ニーズがあります。

ほかの職場に比べ、50代薬剤師の転職難易度が比較的低めなので狙い目です。

中小・個人の調剤薬局、そしてドラッグストアどちらへ転職するにしても50代ならではの長所を活かすことが大事です。たとえば「若い薬剤師の教育係となれる薬剤師」であることは高い採用ニーズがあります

特にマニュアルにはない経験に基づく知見は重宝されるでしょう。たとえば患者それぞれの特性を見極め、わかりやすい薬歴指導を行なうといった能力です。

そんな雇用側のニーズを満たしていれば、個人・中小の調剤薬局やドラッグストアは十分転職可能な職場候補となります。

50代薬剤師におすすめの転職サイトとは?

50代の方が転職する際は「50代OKの求人」がどれだけあるかをポイントに見ましょう。

当サイトで転職サイトの求人数を調べてみました。

おすすめの転職サイト 50代以上向け
求人数
相談方法 面接同行
ファルマスタッフファルマスタッフ 255 対面面談
  • 面接同行など丁寧な転職サポートがあるため、50代薬剤師の転職でも安心
  • 50代薬剤師向け求人数がトップクラスで求人が見つかりやすい

登録はコチラ

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師 - 対面面談
  • 履歴書添削サービスもあり、書類選考が不安な方におすすめ
  • 職場の内部事情について詳細に教えてくれるのでミスマッチがおきにくい

登録はコチラ

薬キャリ
181 電話面談 ×
  • レスポンスが早いので素早く転職をしたい方におすすめ
  • 高年収・高時給の求人の割合が高く年収を妥協したくない方におすすめ

登録はコチラ

※2019年10月現在。ココファーマ調べ。

50代薬剤師は管理薬剤師として働くことが求められている?

管理薬剤師不足は、薬剤師業界全体の大きな問題となっています。

特にドラッグストア業界は、職場によってはエリアマネージャーが名前だけ管理薬剤師になっているケースもあるようです。

またママ薬剤師が多い職場では夕方に退社する薬剤師が多いため、閉店まで仕事ができる管理薬剤師が不足しています。

そういった職場では特に管理薬剤師の需要があり、転職が成功する確率が高いです。管理薬剤師といっても、日中はパートなども含め薬剤師も多いので激務というわけではなく、高年齢の方でも無理なく働けるでしょう。

50代で管理薬剤師の経験があるなら、チャンスは増えるはずです。

3.50代薬剤師が転職を成功させるための求人の見分け方

50代で転職を成功させるためには「内定が取れる求人、取れない求人を見極める目」が必要です。

なぜなら、求人の中には明記はしていないものの50代薬剤師では転職できない求人が存在するからです。そのような求人に応募することは時間の無駄ですし、精神的な疲弊ばかりたまってしまうでしょう。

ここでは、50代薬剤師ならではの求人の見極め方を2つ紹介します。

1.求人に入っている文言を見極める

50代薬剤師の方が採用されやすい求人には、以下の文言が入っている場合が多いです。

  • 50代の薬剤師活躍中
  • 50代の薬剤師歓迎

「活躍中」「歓迎」の文言が入っている求人は採用される可能性が比較的高いといえるでしょう。

逆にこれらの文言が入っていない求人は50代薬剤師にはおすすめできません。そういった求人は若い薬剤師を採用する可能性が高く、40代前半くらいまでしか採用しない可能性が高いでしょう。

2.求人先の定年年齢を見る

「定年年齢と自分の年齢を比べる」のも有効な手段です。定年まで働ける年数が長いほど採用される確率は高くなります。採用をする側も長く働いてほしいと思っているためです。

以上2つが求人を見分ける際のコツです。求人を見るときに少し意識をするだけなので、実践もしやすいのではないでしょうか。ぜひ役立ててみてください。

4.50代薬剤師が転職を成功させるための3つのコツ

50代薬剤師が転職を成功させるためには、自分の強みを雇用側にしっかりと伝えなければなりません。また、自分の苦手なポイントをそのまま正直に伝えてしまっては採用されるものも採用されなくなってしまいます。50代薬剤師が転職を成功させるための役立つコツを3つ紹介します。

1.機械を使った業務に対し柔軟に対応していく

50代ともなると、最新の機器やテクノロジーに対雄するのは少し難しくなってくるものです。しかしそれをそのまま伝えてしまっては採用は遠のいてしまいます。

苦手意識があるとしても、面接時には「機械の扱いには慣れていませんが、今後使っていけるよう努力していきます」など柔軟に対応する姿勢をポジティブに伝えるようにしましょう。それだけで印象はガラリと変わるものです。

「新しいものを扱えるようになるか不安…」と思うかもしれませんが心配はいりません。最近の機械は扱いに慣れていない方でもすぐに扱えるよう、分かりやすく設計されているものです。

面接時には柔軟に業務に対応していくことを伝えるようにしましょう

2.今までの薬剤師経験をアピールする

50代に合って若い人材にないもの、それは「経験」と「知識量」です。たとえばマニュアルにはないような薬歴指導、わかりやすい薬の説明などが挙げられるでしょう。

これらを業務に活かせることを伝え、さらには若い薬剤師に知識を教えられることもアピールできれば、内定獲得の確率はグッと上がるでしょう。

50代であることを逆に利用する逆転の発想です。

3.年収にこだわりすぎない

50代薬剤師は経験豊富なので、若手薬剤師にくらべると高年収の方が多いです。しかし年収へのこだわりを少し捨てるだけでより多くの求人を見つけることができ、自分にあった職場を見つけられる可能性が高くなります。

50代薬剤師の転職後の平均年収は?

一般的に50代薬剤師の転職後の平均年収は500万~600万が相場となります。しかし未経験の職場へ転職すると、年収が下がる場合があるので注意しましょう。

逆に管理薬剤師としての転職や役職採用の場合は条件が上がり、年収が700万円を超える場合があります。

5.50代薬剤師が転職をさらに確実にしていくには?

50代薬剤師が転職を成功させるためには転職サイトの利用が必須です。その際、3つの比較軸で転職サイトを比べ、判断するのがおすすめです。

転職サイトを比較する3つの軸

  • 50代以上向け求人数
  • エージェントとの相談方法
  • 面接同行の有無

エージェントとの相談方法は2つあり、対面面談と電話面談があります。50代薬剤師には対面面談がおすすめになります。対面面談では丁寧なヒアリングを通して転職先と自分のミスマッチが起こりづらくなるからです。

また、面接の際にエージェントが同行してきてくれる面接同行サービスのある転職サイトも存在します。50代の方は給与交渉の面や転職先とのミスマッチをなくすためにも面接同行サービスを利用したほうが良いでしょう。

おすすめの転職サイト 50代以上向け
求人数
相談方法 面接同行
ファルマスタッフファルマスタッフ 255 対面面談
  • 面接同行など丁寧な転職サポートがあるため、50代薬剤師の転職でも安心
  • 50代薬剤師向け求人数がトップクラスで求人が見つかりやすい

登録はコチラ

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師 - 対面面談
  • 履歴書添削サービスもあり、書類選考が不安な方におすすめ
  • 職場の内部事情について詳細に教えてくれるのでミスマッチがおきにくい

登録はコチラ

薬キャリ
181 電話面談 ×
  • レスポンスが早いので素早く転職をしたい方におすすめ
  • 高年収・高時給の求人の割合が高く年収を妥協したくない方におすすめ

登録はコチラ

※2019年10月現在。ココファーマ調べ。

※マイナビ薬剤師は50代以上向けの求人数取得不可

6.50代薬剤師の主な転職理由は?

毎年一定の薬剤師が転職を試みています。実際にどのような理由で転職をしているのか調べてみました。

  • 病院で働いているが、年齢的に夜勤がつらい
  • 借金などの理由により、急遽お金が必要になった
  • 家族との時間を増やしたい
  • さらなるスキルアップがしたい
  • 子育てが終わったので仕事に復帰したい

特に多かったのが時間的にも忙しさ的にも楽に働き、自分や家族のために時間を使いたいといった回答でした。

7.まとめ

50代ということもあり、転職に対して不安を抱えてしまうのは当たり前のことです。

しかしこの記事に書いてある転職のための知識やテクニックを使えば、50代の薬剤師でも転職を成功させることは十分可能です。

自分の将来や家族のために、思い切って転職活動を始めてみましょう。