転職

2018.07.05

40代50代60代で薬剤師の転職難易度はこう変わる!未経験も可?

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

「薬剤師は資格があるのでいつでも転職できる」という話は、薬剤師として働いていると一度は耳にすることがあるものです。確かに転職しやすいのは事実ですが、40代や50代、定年後の60代ともなると「もう転職できないのでは…」と不安に感じてきてしまうものです。
今回は、年齢を重ねてからの転職は若い頃とどう変わるのか、職場ごとの転職の難易度と転職事情の変化についてお伝えします

40代,50代,60代薬剤師の転職難易度を比較!

まずは40代、50代、60代それぞれの職場ごとの転職難易度を見ていきましょう。
転職の難易度をみる上で、その職種での経験の有無は非常に重要です。働いたことがある職種への転職と働いたことのない未経験の職種に転職する場合とでは、転職事情に大きな差が出てきます
それを踏まえて、この段落ではそれぞれの職種の経験あり、経験なしの2つの場合に分けて転職難易度を説明していきます。

職種「経験あり」の場合

まずは、職種経験ありの場合の各職場の転職について見てみましょう。

40代 50代 60代
薬局
ドラッグストア
病院
企業

こちらを見ていただくと、調剤薬局やドラッグストアへの転職は、40代以上であっても問題なくできていることがわかります。一方で、病院や企業への転職はその人が置かれた状況によって大きく変わってきます。具体的には、地位やスキルがしっかりしている人ほど転職はしやすい状況になっています。

どの職場でもしっかりとした経験があれば全く転職できないということはありません。年齢による悩みはそれほど気にしなくても良いでしょう。

次は、未経験の職種に転職するケースを見てみましょう。
未経験の職種へ転職する際の難易度についての比較は以下のようになります。

職種「経験なし」の場合

40代 50代 60代
薬局 ×
ドラッグストア
病院 × × ×
企業 × × ×

どの職種でも、経験がある場合に比べると転職できる確率はぐっと低くなってしまいます。特に、病院や企業への転職は、40代を超えると経験がない限りほぼ不可能となります。

ドラッグストアではOTCの販売など薬剤師としての業務以外の仕事の比率が高いこともあり、40代を過ぎて未経験であっても転職できる可能性は高いですが、調剤薬局では特に50代、60代と年齢を重ねるにつれて未経験での転職が難しくなっていくのがわかります。

以上のように、たとえ薬剤師であっても、年齢と言うのは企業が採用を考える重要な要素になっています。1歳年を取るごとに、転職できる可能性は少しずつなくなっていくのです。これから未経験の職種に転職しようと考えている人は、できるだけ早く転職活動を始めることをオススメします。

【体験談】調剤未経験の60代薬剤師が転職に成功

60代で調剤未経験の方が調剤薬局への転職を希望する場合、どのように活動していけば良いのでしょう。実際に60代で転職をされた方の体験談を見てみましょう。

60代で長年勤めていた製薬会社を定年退職し、調剤薬局へ転職しようと試みたAさん。以前から、調剤業務をしてみたいという強い熱意がありましたが、60代という年齢と調剤未経験であることに不安は感じていました。

実際、「60代」「調剤未経験」というだけで面接すらできずに断られてしまうことがほとんどで、面接に進むまでにかなり苦労することになりました。面接に進むことができても、「今までずっと調剤をしていなかったわけですが、これから覚えていけると思いますか?」と言われて不採用になることも…。この歳で調剤薬局へ転職するには、調剤経験が何よりも大事なのだと実感しました。

結局、「仕事ができるようになるまでの数か月間は低い賃金でもいいので、雇ってください」交渉をし、やっとの思いで転職をすることができました。

Aさんのように、「薬剤師は売り手市場だからいつでも転職できる」と考えている人は少なくありません。しかし、調剤経験がない人を雇う場合、企業側は研修を行わなければなりません。40歳を過ぎると、若い人よりも物覚えも悪く、また研修が終わって一人前になったとしても今後働ける期間も限られているため、コストに見合わないと考えて採用を躊躇されるケースが大半になります。

同じ未経験を雇うなら、若い世代を雇ったほうが今後のためになる、と思われているんですね。

40代を過ぎてからの転職は、「厳しいかもしれない」ということを念頭において、しっかりと対策を練って活動するようにしましょう。

40代,50代,60代薬剤師の転職に転職エージェントが必須な理由

40代、50代、60代の薬剤師は、これまでの社会人経験から、転職に関しても自信を持っていることが多いです。過去に同じ職種への転職経験があったりすると、未経験の職種への転職であっても「自分の力だけで何とか転職できるのでは?」と考えて全て1人だけでやってしまいがちです。

しかし、そうやって求人票だけを頼りに自分の力で転職活動をしているという人の中で、希望通りに転職できたというケースはほとんど聞きません。
特に40代以上の薬剤師にとっては、転職をする上で転職エージェントを利用することは必須条件なのです。

それは何故でしょうか。実は、明確な理由が一つあるのです。
求人票を見ていると、「60代以降は応募不可」といった年齢制限を設けているものは見かけませんよね。実は雇用主側は、年齢制限をかけた求人は法律上出すことができないのです。
そのため、表面上はどの求人であっても、40代以降も応募することができます。しかし実際は、これまでお伝えしてきたように高年齢の場合はよほどのスキルがない限り、採用されることはありません。目には見えないけれど年齢制限を設けている、というところは非常に多いのです。

そのため、そういった年齢制限のある求人に応募してしまうと、年齢が原因で不採用になり、転職を決めるまでに多大な時間と労力がかかってしまいます。
そのために必要なのが転職エージェントです。

転職エージェントは実際に薬局の人事と定期的にやりとりをして、採用事情に精通しています。一見同じような求人であっても、これまで高年齢の薬剤師の採用が全くない薬局なのか、40代以上でも積極的に採用している薬局なのかといった判別をすることができます。年齢制限のある求人を避けることができれば、転職活動をスムーズに進めることができるようになります。

転職で必要なのは「情報力」です。自分ひとりだけではわからない情報を集めて転職を有利に進めるためにも、転職エージェントを有効的に活用しましょう。

40代,50代,60代薬剤師はどの転職エージェントを利用すればいい?

ここまで、40代,50代,60代の薬剤師の転職には転職エージェントが必須だということを説明してきました。しかし、転職エージェントを利用するべきだということは納得できても、実際には転職エージェントには様々な種類があって、選べないという人も多いと思います。

各転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、強みと弱みがあるため、自分の目的に合ったものを選ぶことが転職成功のカギとなるのです。

40代,50代,60代の薬剤師の場合、20代,30代の薬剤師と比べると、求人数はかなり少ないです。もともと全体求人数が少ない転職エージェントだと、さらに少ない選択肢から転職先を選ぶことになってしまいます。よって、条件のよい職場に転職するためには、求人数が多い転職エージェントを選ぶ必要があるのです。

このことを踏まえて、当サイト編集者が40代,50代,60代の転職に是非おすすめしたいのは、「薬キャリ」です。

薬キャリがおすすめの理由

「薬キャリ」は大手の転職エージェントであり、業界トップクラスの求人数を誇るのはもちろん、過去行った多数の転職支援実績を活かした対応力の高さなどが特徴として挙げられます。

数ある転職エージェントの中には、求人を出している企業に関して調査を行うことなく、「オススメ求人」として求職者に紹介をしているような悪質なものもあります。

しかし、薬キャリは薬局の雰囲気、年齢構成など求人票には載っていない情報を企業ごとに調査しています。職場選びの際には、その情報を考慮したうえで求人を決定出来るので、職場環境に対する不安を少なくしてから面接に臨むことができます。

また、求人検索のキーワードとして「60代歓迎」という項目があることは、薬キャリが40代,50代,60代の転職に力を入れている転職エージェントであることを示しています。

当サイトでは、これらの特徴を総合的に見て、40代,50代,60代の転職に最もふさわしいのは「薬キャリ」であると判断しました。

40代,50代,60代でこれから未経験分野へ転職したいと思っているなら、これから年を重ねて転職難易度が高くなってしまう前に「薬キャリ」で転職してみてはいかがでしょうか。

薬剤師が年齢にかかわらず転職で成功するためには?詳細はこちら


【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位早く転職したいなら「薬キャリ」

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する