転職で成功した薬剤師は何が違う?紹介会社選びの落とし穴とコツ3つ

「他の人はどうやって転職しているの?」
「紹介会社が多すぎ」

薬剤師の転職といえば、人材紹介会社が運営する「転職サイト」を利用するのが主流です。転職サイトさえ使えばスムーズに転職できると思いがちですが、なかには「希望に沿わない職場に転職させられる」という転職サイトの落とし穴にはまり、転職に失敗してしまう人も…。

薬剤師が転職に失敗しないためには、どうすればよいのでしょうか?
実は転職サイト選びには3つのコツがあるのです。

成功する薬剤師が絶対に外さない転職サイト選びのポイント3つ

  1. 希望する雇用形態の求人を転職サイトが取り扱っているか【雇用形態】
  2. 転職サイトが希望する職場の求人を豊富に持っているか【職場】
  3. 希望勤務地の求人を転職サイトが紹介できるか【対応地域】

例えば、大手転職サイトの薬キャリとマイナビ薬剤師に3つのポイントを当てはめると、下の表のように得意分野に大きな違いがあるのが一目瞭然です。それぞれのポイントを1つずつ解説していきます。

おすすめの転職サイト 雇用形態 職場 対応地域
薬キャリ薬キャリのキャプチャ画像 正社員
派遣
病院
調剤薬局
都市特化

詳細はコチラ

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師のキャプチャ画像 正社員
パート
企業 地方網羅

詳細はコチラ

【雇用形態】希望する雇用形態の求人を扱っているか

薬剤師には正社員・派遣・パートと複数の雇用形態があるため、どのエージェントがどの雇用形態の求人を多く取り扱うかチェックが必要です。

特に派遣を希望している場合、そもそも派遣求人を扱っていないサイトもあるので要注意です。

次の表は、各サイトの雇用形態別の求人数をまとめたものです。

正社員 派遣 パート
薬キャリ 30,442 6,891 17,347
マイナビ薬剤師 42,880 なし 27,796
ファルマスタッフ 36,903 15,054 24,788
リクナビ薬剤師 41,624 なし 38,370

※2017年7月現在。ココファーマ調べ。

このように、転職サイトによって扱う雇用形態にバラつきがあることがわかります。

派遣で働きたい方や、雇用形態で迷っている方は、まずは全ての雇用形態を取り扱っている薬キャリかファルマスタッフがオススメです。

【職場】希望する職場に強い転職サイトか

転職サイトがどの職場に強いのか、という点は転職サイト運営会社の事業特性によって変わります。

あなたの希望する職場に強いエージェントでないと、いくら希望を伝えてもコンサルタントがよい条件の求人を紹介してくれなかったり、入社後のミスマッチが起こりやすくなったりします。

ここでは数ある転職サイトのなかでも、特定の職場に強いサイトを紹介しましょう。

希望の職場 オススメ転職サイト
調剤薬局 「薬キャリ」
ドラッグストア 「マイナビ薬剤師」
企業 「マイナビ薬剤師」
病院 「薬キャリ」

薬キャリが病院や調剤薬局求人に強い理由

運営元のエムスリーグループが「m3.com」を展開し、医療業界で圧倒的な情報力を持っています。病院の開業や経営支援コンサル事業も行っているため、医師からも絶大な信頼を得ています。医療関連企業として業界での信頼があるからこそ、人材紹介会社として幅広く条件のいい求人を豊富に保有しています。

マイナビ薬剤師が企業やドラッグストア求人に強い理由

マイナビ薬剤師はマイナビが運営していて長年新卒採用を手伝ってきたという実績があります。そのため大手企業とのパイプが太く、転職にはハードルの高い企業求人に関しても大きな強みがあります。製薬メーカーだけでなく、化粧品や化学メーカーの薬剤部門の求人もあります。大手ドラッグストアでも好条件の求人紹介をしてくれるでしょう。

現時点で希望の職場が決まっている方は、まずはその職場に特化したサイトに登録してみましょう。

【対応地域】希望勤務地の求人があるか

薬剤師転職サイトには、大きく分けて地域網羅型と都市特化型の2つがあります。そのため、お住まいの地域や希望勤務地によって転職サイトを選ぶのも賢い方法です。

  • 都市特化型
  • 都市部の転職に特化。地方網羅型よりも特定地域の求人数が多く、都市の職場とパイプが強い。都市部中心に転職したい方向け。

  • 地域網羅型
  • 全国各地の幅広い求人を扱う。エージェントの支店が各地に存在し、地方の職場調査にも強い。地方で転職したい方向け。

独自調査の結果、都市部の転職に強いのは薬キャリ、地方の転職に強いのはマイナビ薬剤師であることがわかりました。

都市特化型 地方網羅型
1位 「薬キャリ」 「マイナビ薬剤師」
2位 「ファルマスタッフ」 「リクナビ薬剤師」

※求人数・職場調査力をもとに独自分析。

薬キャリは数あるサイトのなかでも都市部の求人が充実。電話での対応を基本としているため、スピーディーに転職できると評判です。都市部で就職をお考えの薬剤師は、まず登録するべきサイトです。

一方のマイナビ薬剤師は、全国各地(東京23区、さいたま市、船橋市、横浜市、札幌市、仙台市、名古屋市、大阪市、京都市、神戸市、岡山市、広島市、福岡市)に相談店舗を設けているのが特徴。キャリアアドバイザーと直接対話できるため、あなたの経歴や希望条件、転職の目的などをじっくり聞いたうえで、ピッタリの職場を紹介してくれます。

また、サイト内には職場を取材した記事「職場カルテ」というコーナーも。同僚や上司など働く社員のリアルな声や職場環境を知ることができます。

このように、転職サイトに登録する際には、自分が希望する職場・雇用形態・希望地域を意識して選ぶことが大切です。ここ数年の薬剤師業界の変遷に目を向けてみるのも、選ぶいいきっかけが見つかるかもしれません。

それでも選べない!大手転職サイト4社を一目で比較

「転職サイトの特徴を調べても、希望を聞かれてもイマイチ1つに選べない」と悩む方は少なくありません。ここでは薬剤師専門の各エージェント(転職サイト)の特徴を「高時給」「条件交渉」「転職までのスピード(レスポンスの速さ)」という3つの項目でわかりやすく比較してみました。

おすすめの転職サイト 高給求人 条件交渉 スピード
薬キャリ
  • 登録者数NO.1の王道派遣会社
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職が可能
  • 「産休、育休取得実績あり」などで求人検索もでき、ママ薬剤師も安心

詳細はコチラ

マイナビ薬剤師
  • 対面重視で地方での面談も可能
  • 一人当たりの平均紹介求人数26.4件でトップクラス
  • 独自の求人管理システムで全国を網羅、駅チカ家チカ要望に対応

詳細はコチラ

ファルマスタッフ
  • 転職支援16年で安心の実績
  • 時給4000円以上の高額時給が毎日更新
  • ブランク明けの薬剤師向けに教育制度が充実

詳細はコチラ

リクナビ薬剤師
  • 全体の75%以上が非公開求人
  • 大手リクルートが経営しているため大手企業とパイプあり
  • 高い提案力によって最短3日でのスピード転職可能

詳細はコチラ

転職サイトを選ぶのは、エージェントに登録してからでも遅くない?

薬剤師の転職サイトを選ぶのは、エージェントと電話で話してからでも遅くない?

今までの情報を総合的に踏まえて、ココファーマがおすすめする転職サイトは「薬キャリ」「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」の3サイトです。迷ってしまって決められないという方には、ランキング表の上から順番に転職サイトに登録して、エージェントからの連絡を待つことをおすすめしています。

転職はエージェントとの相性が重要なので、実際に各サイトの担当エージェントと電話で話すことで、自分に合った転職サイトが見つかるというケースも珍しくありません。登録自体は5分で完了するので、転職を視野に入れている方は、手始めにいくつかのサイトに登録してみるのも一つの手です。

転職エージェントの賢い使い方!伝えるべき希望条件は?

薬剤師専門の転職サイトに登録すると、まずは転職先の希望を聞くために専門のコンサルタントから電話がかかってきます。この時、自分が希望する条件を全てコンサルタントに伝えるようにしましょう。

特に採用条件や通勤時間、残業の有無から福利厚生など転職後に気持ちよく働けるかどうかに深く関わってくる項目です。自分が重視する順番をつけましょう。

専門のコンサルタントは提示された希望条件を各求人の募集要項と照らし合わせ、条件に合った求人の選択を可能にしてくれます。転職サイトに登録する際には、伝えるべき希望条件のメモを作成しておくことをおススメします。

【忘れがちな項目】

・調剤薬局:1日の調剤枚数、管理薬剤師の有無、在宅医療サービスをやっているか

・ドラッグストア:otc医薬品を販売業務の有無、残業時間の確認、土日休み、年間休日

【2017年版】薬剤師転職サイト人気ランキング

ランキングといってもどのように評価しているのか気になりますよね。ココファーマでは転職サイトに必ず必要な「キャリアコンサルタント」・「求人」の評価はもちろん、その転職サイトでしか得ることが出来ないメリット、魅力があるかどうかの観点からみた総合評価をランキング形式にしました。転職サイト選びの参考にしてみてください。

1位【薬キャリ】評価ポイントはココ!

  • ママ薬剤師向けの求人の検索ができる
  • 医師や調剤薬局経営者と強いパイプがある

ママ薬剤師向けの求人がある

「子育てがひと段落したから働きはじめよう」、「子どもが生まれるからパートに変えよう」
そのように考えているママ薬剤師さんにとって心強い味方となってくれるのが薬キャリです。

薬キャリは求人を検索するときに「ママ薬剤師にお薦め」・「産休・育休実績あり」といった条件で絞り込む機能がついています。検索機能があるだけでなくママ薬剤師を多く担当し、理解も深いコンサルタントが多く在籍しています。ここまでママ薬剤師に対してのサービスが充実しているサイトは薬キャリだけでしょう。

医師や調剤薬局経営者と強いパイプがある

エムスリー株式会社は医師や薬剤師を対象にキャリアサービスを行っています。20万人以上の医師が登録し、医療業界と非常に強いつながりがあります。そのため約40000件という求人量の多さに加え、他の転職サイトに在籍しているコンサルタントより詳しい情報を把握し、求人情報だけでなく医療情報なども教えてくれる点が、多くの薬剤師に好まれる点です。

1位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 薬剤師転職希望者登録数No.1、薬剤師登録数10万人以上
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 提携紹介会社数33社で薬剤師求人の圧倒的網羅率、年間就職者数約7200人

無料登録してコンサルタントに相談する

2位【マイナビ薬剤師】評価ポイントはココ!

  • 必ず対面で話を聞いてくれる
  • マイナビ薬剤師だけの職場カルテ(職場の調査)がある

絶対に面談をしてくれる

初めて転職をする人にとって、転職はとても不安ですよね。そんな薬剤師の不安や悩みを解消してくれるのがマイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師はサポート体制がしっかりしています。登録した薬剤師と必ず対面での面談を行い、キャリア相談や転職への不安、心配など何でも相談にのってもらえます。そのうえ面接対策や転職後のアフターフォローもしてもらえます。このような仕組みによってコンサルタントがあなたの本当の希望を知ったうえでアドバイスをしてくれます。また支店を全国に展開しているので、地方に住んでいても気軽に相談できます。もちろん忙しいという方は電話のみで対応してくれるコンサルタントも利用可能です。

マイナビ薬剤師だけの職場カルテがある

マイナビ薬剤師には「職場カルテ」があり、求人にのっている企業にコンサルタントが実際に訪問し、職場の雰囲気や人間関係など求人ではわからない内容を調査しています。転職者の希望に本当にあっている職場を紹介してくれるとともに、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することなく転職することが出来ます。

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張訪問、満足度4年連続No.1を獲得
  • 一人当たりの平均紹介求人数26.4件でトップクラス
  • 独自の求人管理システムで全国を網羅、駅チカ家チカ要望に対応

無料登録してコンサルタントに相談する

3位【ファルマスタッフ】評価ポイントはココ!

  • 給料の高い求人が多く、条件交渉もしてくれる
  • 日本調剤の教育プログラムが無料で受けられる

給料の高い求人が多数で条件交渉もしてくれる

年収700万円以上・時給3500円以上の求人がファルマスタッフには多く存在しています。また事前調査で転職者の状況を把握し、状況に応じて給与や有給休暇などの条件交渉を積極的に行ってくれます。求人情報にある待遇よりもいい条件で転職が期待できます。自分ではなかなかできない条件交渉を代わりにやってくれると安心ですね。

日本調剤の教育が受けられる

「スキルアップ・キャリアアップしたい」、「ブランクがあるから不安」「未経験である」

このような不安にファルマスタッフは対応してくれます。

グループの親会社である日本調剤の教育ノウハウを受け継いでいます。転職フォローに加えてブランクがある薬剤師に向けた「教育研修制度」、薬に関する質問に答えてくれる「ファルマスタッフDI室」、毎月開催されている「ファーマシーセミナー」(無料)など様々な制度が整っています。

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収840万円以上の高時給案件多数
  • 日本調剤グループ独自の研修制度が利用できる
  • 転職支援16年で安心の実績

無料登録してコンサルタントに相談する

【コラム】口コミ・求人数評判で薬剤師転職サイトを選ぶのは危険?

薬剤師の転職サイトについている口コミは当てにならない?

転職サイトを選ぶ時の観点の一つとして「口コミ」がありますよね。しかし口コミで転職サイトを判断するのは危険なんです。
大きな理由は以下の2つです。

  • 口コミに投稿している人が必ずしも自分と同じ境遇ではない
  • 転職サイトのコンサルタントとは相性の良し悪しがある

口コミは在籍するコンサルタントの中で一人の評価でしかなく、そのコンサルタントが自分の担当になるのか、あなたといい人間関係を築けるかどうかはわからないため口コミを判断材料にするのは注意が必要です。
詳しくは薬剤師転職サイトを口コミ評判で比較してはいけない理由と2つの対策をご覧ください。


エリアから求人情報を探す

北海道・
東北
北海道・東北
関東
甲信越・
北陸
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄