パート

2017.07.04

パート薬剤師は扶養を気にすると損!?扶養外でオススメの働き方2選

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

「そもそも扶養って何?」
「扶養を外れるとどうなるの?」
時給が高いパート薬剤師が働く際に注意したいのが「扶養」の問題です。年収によっては、せっかく働いたのに「損」してしまう可能性があるのです。

今回は「扶養」をテーマに、パート薬剤師のかしこい働き方について説明します。

1ヶ月2回勤務するだけで給料5万円増の単発薬剤師|詳しく知りたい方はこちら

1.扶養内・外の区切り目は?

そもそも「扶養」とは、自力では生活できない人を養うことを意味します。おもに収入における生活面で、助けてもらう必要のある家族のことは「扶養家族」と言います。

扶養には、次の2つの種類があります。
それぞれ「扶養家族」として認められる条件は異なります。

1.税法上の扶養・・・所得税と住民税が控除されるという金銭面での優遇がある。

2.健康保険法の扶養・・・収入が限度額内の扶養家族には、一定の条件を満たしていれば健康保険料を支払わずに健康保険証が与えられる。

配偶者を含めた扶養家族は、働いても一定の収入範囲までなら「扶養家族」として税金が控除されます。しかし法律で定められている収入の上限額を上回ると、扶養家族の枠を外れてしまいます。

つまり、税金が控除されないため、扶養内で働くより損をする可能性があるのです。

次の項目では、「扶養内」で働くために意識すべき年収のラインを具体的に説明していきます。

ー103万円の壁

年収と控除の関係は、次のようなイメージです。

最初に意識すべき年収のラインは、103万円です。

パートで働く主婦の年収が103万円以下の場合、配偶者控除によってその分の所得税がゼロになります。仮に源泉徴収などで税金を支払っていたとしても、確定申告を行えば全額返済されます。

年収103万円を超えた場合は「配偶者特別控除」という制度が適用されます。「配偶者特別控除」では、配偶者の年収が141万円になるまで控除を受けることができます。

控除額は配偶者(パート主婦)の年収によって異なります。次の図のように、配偶者の年収が上がるごとに控除額は段階的に減っていきます。

ー130万円の壁

次に意識したほうがよいのは「130万円の壁」です。

130万円は、社会保険の扶養に関する基準です。妻の年収が130万円以下であれば、健康保険法上での扶養家族となり、健康保険料や厚生年金保険料などの支払いは発生しません。

しかし年収130万円以上になると、控除対象配偶者ではなくなり、社会保険料や厚生年金保険料などをパートしている本人が負担することになります。家庭にもよりますが、負担金額は年間20万円ほどです。

そのため年収130万円を超える場合は、約150万円以上の収入がなければ負担金額の方が多くなり働き損になります。「103万円の壁」よりも影響が大きいため、ぜひ意識したい年収のラインです。

新たにできた「106万円の壁」

平成28年10月から厚生年金保険、健康保険の加入対象が広がり、これまで社会保険加入ができなかった方も条件を満たせば加入できるようになりました。

具体的な条件は、以下のすべてを満たす短時間労働者が対象です。

  • 1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上である
  • 1ヶ月あたりの決まった賃金が8万8,000円以上である
  • 雇用期間の見込みが1年以上であること
  • 学生でないこと
  • 以下の①、②いずれかに該当すること
    ①従業員数が501人以上の会社で働いている
    ②従業員数が500人以下の会社で働いていて、社会保険に加入することについて労使で合意がなされている。

※詳細は厚生労働省のホームページでご確認ください。

新たにできた「106万円の壁」によって、正社員との格差是正につながる、健康保険や厚生年金に加入することで保障が受けられるといったメリットがあります。一方で、手取り額が減る可能性もあります。

ー141万円の壁

3つ目の壁は「141万円の壁」です。103万円の所得税の配偶者控除を超えたとき、「配偶者特別控除」が適用される上限のラインです。

所得控除額は、妻の年収が103万円~105万円までが最大で38万円で、年収が増えるごとに段階的に減り、141万円を超えるとゼロになります。

「配偶者特別控除を」受けるためには、次の条件を満たす必要があります。

・控除を受ける人の合計所得金額が1,000万円以下
・配偶者と民法上の夫婦であること(内縁は対象外)
・配偶者と生計を一にしていること
・配偶者の給与収入が103万円から141万円未満であること
・配偶者が他の人の扶養親族となっていないこと
・配偶者が青色申告者・白色申告者の事業専従者でないこと

141万円を超えると所得控除額はゼロになりますが、この壁はあまり意識する必要はありません。年収に応じて控除額が少しずつ減り、壁の前後で大きな差が出ないためです。社会保険料が発生する「130万円の壁」の方が重要といえるでしょう。

◎夫の収入別!3つのケースと注意点

ここまでお伝えしてきた「年収の壁」は、あくまで一般的な話です。控除される金額は、夫の収入や職業によっても変わります。

ここでは具体的な例を3つ紹介しましょう。

【ケース1】夫の職業:会社員(年収1,000万円以下)

もっとも一般的なケースで、103万円の壁130万円の壁があります。103万円を超えても141万円までは「配偶者特別控除」が受けられます。

【ケース2】夫の職業:会社員(年収1,000万円以上)

夫の年収が1,000万円を超えると、「配偶者特別控除が受けられなくなります。妻の年収が103万円を超えると所得税、住民税が大幅に増え、世帯収入が減る可能性も。このケースでは、130万円の壁だけでなく103万円の壁にも注意が必要です。

【ケース3】夫の職業:自営業

夫が個人事業主の場合は、130万円の壁がなくなります。130万円の壁は、夫が会社員などで、保険者が企業である社会保険に加入している場合に適用されるためです。個人事業主が加入するのは国民健康保険であるため、妻の年収が130万円を超えても気にする必要はありません。

ただし自営業でも年収1,000万円を超えると、「配偶者特別控除」がなくなるため、【例2】のケースと同様に103万円の壁を意識しましょう。

扶養について考える際に大切なのは、自身の年収より夫の年収です。しっかり確認しておきましょう。

2.パート薬剤師は扶養を気にすると損する?

ここまで扶養の基礎知識をお伝えしてきました。

これらの扶養による年収の壁は、薬剤師がパートで働く際も意識したほうがよいのでしょうか?

ここからは、薬剤師がパートで働いた場合の具体例を紹介します。

【ケース1】時給1,500円の場合

時給1,500円×1日5時間×週3日勤務
     =月収9万円年収約108万円

103万円の壁は超えるものの、130万円の壁を超える可能性は低いと言えます。
時給1,500円というのは、パート薬剤師としては決して高い金額ではありません。もう少し時給が高い職場で、扶養を気にせず働くのがオススメです。
転職エージェント経由でパートを探せば、より高時給の求人が数多く見つかるでしょう。

【ケース2】時給2,000円の場合

時給2,000円×1日5時間×週3日勤務
     =月収12万円年収約144万円

社会保険の130万円の壁を超えてしまい、「配偶者特別控除」の141万円もギリギリのラインです。
130万円を超えると、約150万円分以上働かなければ損失が出てしまいます。時給2,000円で働く場合は、130万円以内に収めるか、もう少し長く働いて150万円以上になるよう調整しましょう。

パートで働くのであれば、時給2,500円クラスの職場で無理なく働いて、扶養を外れるのがよいでしょう。職種や地域にもよりますが、時給2,500円台のパート薬剤師の求人も多くあります。
扶養を意識しすぎると、昇進や昇給が遠のく可能性もあります。パートでキャリアを積みたい方は、扶養にこだわらない働き方がオススメです。

扶養を気にせず済むような、高時給で勤務条件のよい求人を探すためには、転職エージェントを利用すると便利です。転職エージェントはパートの求人も多く扱っているため、自分にピッタリの就職先を探すことができます。非公開求人に出会えることもあります。

求人の探し方のコツは、あまり条件を絞りすぎないこと。どのサイトにも「扶養内勤務OK」といった検索条件がありますが、この条件で絞って検索すると高時給の求人が除外されてしまうのです。まずは扶養にとらわれず、それ以外の希望条件で探してみましょう。

マイナビ薬剤師に無料登録してパート求人を探す

3.パート薬剤師が効率よく稼げる職場2選

1.調剤薬局

調剤薬局の薬剤師のおもな仕事は、調剤、鑑査、患者への服薬指導です。シフト制の勤務が基本で、複数の薬剤師が交代で勤務します。人員に余裕があれば、希望の勤務日数・時間で働けるでしょう。

パートも正社員と同様に調剤業務をおこないます。管理薬剤師になると従業員の管理や売上管理などの雑務が増えますが、それらの仕事をパートに任せることはありません。さほど負担なく働けるでしょう。

ただし忙しさは勤務先によって異なります。特に大病院や患者数の多いクリニックそばの薬局は、一日中忙しいこともあります。

調剤薬局でパートとして勤務した場合、地域差はありますが平均時給は2,200円ほど。年収は160万円前後です。扶養を外れて働きたい方には向いているでしょう。

調剤薬局のパート求人を探してみる

2.ドラッグストア

ドラッグストアも人気の職場です。
近年増えている調剤併設の店舗では、調剤、鑑査、服薬指導などの業務を中心に行います。そのほかにもOTC医薬品や化粧品の販売、品出し、レジ打ちなど幅広い業務をこなす必要があります。薬剤師としての知識やスキルを身につけたい方は、負担に感じるかもしれません。

勤務はシフト制で、派遣やパートやアルバイトで働いている方も多い職場です。接客経験がある人は、働きやすい職場でしょう。

ドラッグストアの平均時給は1,800円ほど、年収は150万円前後です。調剤薬局より低いですが、扶養を外れても損しないラインはクリアできます。

ドラッグストアのパート求人を探してみる

4.【まとめ】扶養が気になる薬剤師へ

根本的な扶養制度の仕組み、控除額などはお分かりいただけたでしょうか。夫の年収との兼ね合いでどのラインを意識して働いた方がお得なのか、自分のライフスタイルにはどちらが適しているのかなどを意識するとよいでしょう。

ポイントは薬剤師のパートは高時給なので扶養にとらわれずに働いた方が稼げるということです。扶養を気にしながら働くより、時給2,500円クラスの職場で無理なく働いて、扶養を外れるのがよいでしょう。職種や地域にもよりますが、時給2,500円台のパート薬剤師の求人情報も多くあります。
扶養を意識しすぎると、昇進や昇給が遠のく可能性もあります。パートでキャリアを積みたい方は、扶養にこだわらない働き方がオススメです。

扶養控除制度の仕組みについての知識をぜひ今後の働き方を考える際の参考にしてみてくださいね。

マイナビ薬剤師に無料登録してパート求人を探してみる


【一目でわかる】薬剤師の転職サイト比較表

おすすめの転職サイト 求人数 高収入 サポート
マイナビ薬剤師
  • 全国を網羅した圧倒的な求人数、駅チカ家チカ要望に対応
  • 全国14か所に支店があり地方でも対面面談を実施
  • 一人当たりの平均紹介求人20.2件でトップクラス

登録はコチラ

ファルマスタッフ
  • 時給4000円以上の高時給求人が毎日更新
  • 薬剤師向けの教育体制・研修制度が充実
  • 派遣求人が豊富

登録はコチラ

薬キャリ
  • 即日最大10件の求人を紹介
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職が可能
  • 「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実

登録はコチラ

【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する