パート

2017.08.17

薬剤師のパート掛け持ちは可能?副業という働き方|土日のみの求人も

薬剤師の転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

詳細

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

詳細

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

詳細

薬剤師の仕事は安定して給料をもらえる一方、あまり昇給しないのがネックと言われています。また、単調になりがちな業務内容に飽きてしまう方も多いようです。
そんな仕事の特性もあり、薬剤師のなかには掛け持ちで働いている人もいます。本業の終わりや休日に、自分のライフスタイルに合わせて働くのです。

ここでは正社員で働く薬剤師の方に向けて、効率よく稼げる「パート掛け持ち」という働き方についてご紹介します。

月収5万円?パート掛け持ちよりも効率のいい単発薬剤師の詳細はコチラ

1.今の職場と掛け持ちは可能なの?

まず、そもそも薬剤師が正社員で働きながら掛け持ちで働くことは可能なのでしょうか。

その答えは、「ケースバイケース」です。薬事法でも、薬剤師の掛け持ちは一部例外を除き原則として禁止されていないので、掛け持ちが可能な求人も多々あります。
しかし、掛け持ちが禁止されているケースもあるので注意が必要です。それは大きく分けると次の2点です。

➀法律で禁止されている

薬剤師は、法律により兼業が禁止されているケースがあります。

まず、管理薬剤師は薬事法により兼業が禁止されています。薬事法の第7条3項では「薬局の管理者(第一項の規定により薬局を実地に管理する薬局開設者を含む。次条第一項において同じ。)は、その薬局以外の場所で業として薬局の管理その他薬事に関する実務に従事する者であってはならない。ただし、その薬局の所在地の都道府県知事の許可を受けたときは、この限りでない。」とされているので、管理薬剤師が勤務する薬局以外の場所で薬剤師として勤務することはできません

また、公務員薬剤師も国家公務員法や地方公務員法によって兼業が原則禁止とされています。保健所や衛生研究所、県立病院や消費生活支援センターなどの医療機関で働く薬剤師が、これに該当します。

公務員薬剤師の兼業が禁止されている理由としては、次のようなものがあげられます。

  • 公務員と兼業との間に特別な利害関係が発生する危険性があるため
  • 本業に支障をきたす可能性があるため
  • 公務の公正性に支障をきたす可能性があるため

これらの立場の薬剤師が無許可で掛け持ちをした場合は、懲戒処分となる可能性もありますので、必ず守るようにしましょう。

➁職場の就業規則で禁止されている

法律で禁止されていない立場の薬剤師でも、会社の就業規則で副業が禁止されている場合は、掛け持ちで働くことはできません。副業が禁止されている理由は会社によりさまざまですが、本業がおろそかになってしまう可能性があり、それを避けるために禁止されていることが多いようです。
当然ですが、規則で禁止されているにもかかわらず副業をしてしまった場合は、懲戒などの処罰の対象となります。
就業規則で副業について書かれていなかったからといって、それが「副業をしても良い」という解釈にならないケースもあるため、注意が必要です。明記はしていないが、実は副業禁止だったという会社もありますので、副業を始める際には、しっかりと勤務先に確認を取り上司を通じで話を通しておくのが理想です。

2.薬剤師がパートを掛け持ちすることで生じるメリット・デメリット

正社員として働きながらパートを掛け持ちすることには、メリットもありますが、デメリットもあります。掛け持ちで働くことに興味がある方は、これから紹介するメリット、デメリットをしっかり理解しておきましょう。

掛け持ちのメリット

掛け持ちをすることのメリットは、おもに次の2点です。

➀時間を有効活用できる

薬剤師の仕事は、どうしても単調になりがちです。特に一つの薬局に長く勤務していると、処方内容もかたよるため、新しい知識を習得する機会は減ってしまいます。
職場にもよりますが、仕事に慣れてくると、時間や体力的に余裕が出てきます。そのような職場であれば、空いた時間を効果的に使えるので、掛け持ちがオススメです。

求人を探してみると、決まった曜日、決まった時間だけ勤務できる仕事も多く見つかります。正社員で働いていても、休日だけ、仕事終わりの夜間数時間だけなど負担の少ない働き方を選ぶことができます。
掛け持ちで働く場合は、できるだけ本業とは異なる職場を選びましょう。たとえば調剤薬局で働いている人がドラッグストアのパートをすることで、OTCなど、これまであまり学べなかった知識を身につけることができます。より多くの経験を積むことで、自身のスキルアップにつなげることができます。空いた時間で働きながら新しい知識を学べるのは、掛け持ちで働くことの大きなメリットです。

➁時給が高いので、高収入を見込める

2つ目のメリットは、金銭面です。薬剤師の平均年収は533万円と言われており、どの職場でも安定した収入が期待できる職業です。反面、他の業種に比べて昇給はしづらいと言われており、管理薬剤師やエリアマネージャーなどにならなければ、本業での大幅な収入アップは期待できません。

一方、薬剤師はパートでも時給2,000~3,000円の好条件で働くことができきるので、掛け持ちでパートをするメリットは大いにあると言えます。たとえば時給2,000円の条件で週10時間働いたとすると、月8万円、年間では100万円ほどの収入になります。本業での昇給や転職で給料を上げようと思っても、一度に年収を100万円上げるのは非常に難しいですが、パートをすることで、比較的少ない時間でそれが可能になるのです。

無料登録してコンサルタントに相談する

掛け持ちのデメリット

次に、掛け持ちをすることのデメリットを見ていきましょう。

➀パート先での昇給、昇進はしづらい

薬剤師のパートは時給はよいですが、昇給することはほとんどないといわれています。職場によっては昇給、昇進のあるパート先もあるでしょうが、それもフルタイムで働いたケースなどに限られてきます。正社員で働きながらのパートでは、どうしても勤務時間が限られてしまうので、昇給できない場合がほとんどです。もし昇給ありといった条件の求人があったとしても、自分の働き方で可能なのかチェックしておくことが大切です。
もし金銭面を優先するのであれば、将来的な昇給に期待するのではなく、最初から時給の高いパート先を探したほうが良いでしょう。

➁働く時間が限られているため、パート先では残業代などは出ない

パートで働いていて、残業した場合に割増の残業代はもらえるのか、気になるところですよね。実際、残業代をもらうことはできますが、割増となるのは「法定労働時間を超えた分のみ」となります。
労働基準法では、「週に40時間、1日8時間(休憩を除く)を超えて労働させた場合、雇用者は規定の割増賃金を支払わなければならない」とされています。この場合の割増とは通常の時給×1.25倍となり、正社員だけではなくパート・アルバイトにも適用されるルールです。

つまり週40時間を超えた時間のみ割増賃金が支払われますが、それ以外は通常の賃金が支払われることになります。パートでもフルタイムで働いていれば40時間を超えることはありますが、正社員との掛け持ちでは40時間を超えることはありません。そのため、たとえば1日4時間、週3日のパートで働いている薬剤師が1時間残業した場合では、割増ではなく通常の1時間分の時給が支払われることになります。

薬剤師のパートはあまり残業せず、決まった時間で帰れる職場がほとんどです。そのため、残業代目的でパートをしようと思っても難しいでしょう。
残業代は付きませんが、決まった時間だけ働けるので、自分の生活スタイルに合わせられる点はメリットともいえます。

以上2点は、掛け持ちで仕事をする以上仕方のないことといえます。これらを理解したうえで、自分に合ったパート先を見つけましょう。

マイナビ薬剤師に無料登録してパート求人を見てみる

3.パートを掛け持ちしたい薬剤師にオススメの2つの働き方!

掛け持ちに向いているのはどのような職場でしょうか。ここでは、2つのオススメの職場を紹介します。

➀ダブルワーク可のドラッグストア

ドラッグストアは仕事終わりの夜間に働く薬剤師にオススメの職場です。

以前は調剤業務を行っているドラッグストアの店舗数は少なかったですが、近年調剤併設の施設が増え、現在では3割以上のドラッグストアが調剤併設となっています。今後もこの割合は増え続けていくとみられ、それに伴い薬剤師の需要が急速に高まっています。

ドラッグストアは営業時間が長く、夜間営業を含めたシフト制になっていることが多いため、夜間の決まった時間を働くことが可能です。夜間勤務になると時給も割増しになるため、効率よく稼ぐことができます。
もちろん、夜間に働くことが難しい場合は、休日に短時間シフトに入ることもできるので、本業に合わせて働くことができます。

➁ダブルワーク可の調剤薬局

調剤薬局も掛け持ちにオススメです。

夜間や仕事終わりに働くことは難しいですが、短時間のシフトで働くことができるので、休日に時短で働こうと考えている方に向いています。
特に近年は医薬分業が進み、地方を中心に薬剤師が不足しています。正社員の薬剤師が休みになる曜日があり、薬剤師が足りなくなる、近隣の病院が特定の曜日だけ混むといった事情があり、パート・アルバイト求人を出しているケースは多くあります。そのため勤務時間も融通してもらえるような好待遇の求人も多くなっています。

また、調剤薬局の数は多いため、自宅や職場の近くでパート先を見つけやすいというメリットもあります。
仕事内容は調剤、服薬指導、薬歴管理といった基本的な業務から、患者さんの自宅、または施設に直接薬を届ける在宅業務を行う薬局も増えています。幅広い業務に触れることができるのも魅力の一つです。
門前薬局では病院の診療科によって扱う薬が変わるので、あまり触れたことのない診療科の薬局に勤務することで新しい知識を習得することもできます。

マイナビ薬剤師に無料登録してWワーク可の求人を検索

4.実際に掛け持ちできる職場を探したい!

転職エージェントを活用して有利に転職

ここまで読んで「掛け持ちでパートをしてみようかな」と思った方は、まず自分が働けそうな、そして働きたいと思うパートがないか探してみて下さい。

しかし、仕事の合間をぬって1人で求人を探すのには限界があります。自分に合った求人を探すには、時間も根気も必要です。特にパートはその人ごとに求める働き方が大きく変わります。「週1勤務」「土日だけ」「夜間勤務希望」といった掛け持ちならではの条件設定も多く、求人票を見るだけでは希望の求人を見つけることはできません。

そのような時には、薬剤師専門の転職エージェントを利用することをオススメします。転職エージェントで紹介してもらえるのは正社員の求人だけではありません。パートの求人も数多く扱っていますので、勤務地や勤務曜日・時間などの細かな募集条件があったとしても、希望に沿った求人を斡旋してもらえます。

薬剤師専門の転職エージェントも数多くありますが、それぞれに特色があります。なかには「パートの求人に強い」という転職エージェントもありますので、そのようなサイトを優先的に利用するとよいでしょう。転職エージェントは無料で登録、利用ができます。エージェントからさまざまなアドバイスももらえるので、まずは気軽に相談してみましょう。

マイナビ薬剤師に無料登録してコンサルタントに相談する


【一目でわかる】薬剤師の転職サイト比較表

おすすめの転職サイト 求人数 高収入 サポート
マイナビ薬剤師
  • 全国を網羅した圧倒的な求人数、駅チカ家チカ要望に対応
  • 全国14か所に支店があり地方でも対面面談を実施
  • 一人当たりの平均紹介求人20.2件でトップクラス

登録はコチラ

ファルマスタッフ
  • 時給4000円以上の高時給求人が毎日更新
  • 薬剤師向けの教育体制・研修制度が充実
  • 派遣求人が豊富

登録はコチラ

薬キャリ
  • 即日最大10件の求人を紹介
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職が可能
  • 「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実

登録はコチラ

【おすすめ】薬剤師の転職サイトランキング

1位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

2位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収600万円以上の高時給求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

3位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できる
  • 電話だけでスムーズに転職ができる

無料登録してコンサルタントに相談する