転職サイト

2018.10.30

年収を上げたい薬剤師必見!ファルマスタッフに高収入求人が豊富な理由を取材してきた

「人間関係が悪い、給与が上がらない」など転職を検討する理由は様々でしょう。
いずれにしても転職後の年収はとても重要であり、できれば年収アップを狙いたいものです。

ファルマスタッフは高年収・高時給の求人が多いと評判。
本当に高収入の求人は多いのか、どうして高収入の求人が集まるのかについて取材をしてきました。

年収を上げたいと考えている薬剤師さんは必見です。

お話を伺ったのは薬剤師の転職サポートサービス「ファルマスタッフ」を運営している株式会社メディカルリソースの古川さんです。

古川さん

株式会社メディカルリソースのコンサルタント。現在は北千住営業所のコンサルタントとして活躍中。

ファルマスタッフは高収入の求人が多い?

いきなりですが、ファルマスタッフは高年収・高時給の求人が多いと聞きました。実際のところどうなのでしょうか?

古川さん:はい、もちろん、求職者様のご経験やスキルによりますが、年収600万円以上・時給4,000円を超える高額求人を多く取り揃えています。

また同じ薬局でも他の紹介会社で紹介される求人よりも好条件でご紹介できるケースもあります。

どうして多くの好条件求人を集めることができるのでしょうか?

古川さん:求職者様と薬局のミスマッチを防ぐことで薬局側の信頼を得ているからだと思います。

薬局側の薬剤師の採用コストは非常に高額です。そのため、せっかく多額のコストを支払って採用した薬剤師が職場に馴染めずにすぐ転職してしまうと薬局側としては非常に困ります。

ファルマスタッフではミスマッチを減らすため、薬局にも求職者様にも原則「直接会う」ことで、転職のミスマッチを防ぐようにしています。職場とマッチした求職者様を紹介し続けることによって信頼関係が出来る為、「ファルマスタッフが紹介する薬剤師なら…」と通常よりも良い条件で求人をもらえるようになります。

もちろん給与などの条件交渉の際にも同様で、他の紹介会社よりも年収交渉はしやすいと思います。

「直接会う」と「電話のみ」は何が違う?

「直接会うこと」について詳しく教えて下さい。まず薬局に足を運ぶのはどのような効果があるのですか?

古川さん:薬局に直接伺うと、求人票だけではわからない職場の雰囲気や職場周辺の情報を得ることができます。得た情報を正しく求職者様に伝えることで、転職後の「こんなはずじゃなかった」というミスマッチを防ぐことができます。

薬局は職場が非常に狭いので、薬局で働く薬剤師にとって職場内の人間関係は非常に重要です。実際にお会いする薬剤師の中でも、「人間関係が悪いから転職したい」という転職理由が一番多いです。

薬局に伺うことで「あそこの薬局は上下関係が厳しい」「ここの薬局は薬局長さんがすごく優しい方だった」など、人間関係に直結するような職場の生の情報を手に入れ、求職者様に伝えられます。こういった情報は電話のみで営業している紹介会社には絶対に分からないと思います。

同じように、転職を希望する地域の細かな情報も足を運ばないと分からないと思います。
例えば、求職者様の希望が茨城県の自宅から近い職場だったとします。茨城県は車文化なので最寄り駅はあまり関係なく、重要なのはどの道路がどれだけ渋滞するかです。

足を運ばずに求人を集めてしまうと、土地勘がないのでただ地図を見てご自宅と職場が近いところを紹介すると思うのですが、ファルマスタッフならご自宅と職場の交通状況を考慮した上で求人紹介をすることができるのです。

確かに薬局に足を運ぶとミスマッチを防げそうですね。では、求職者様に直接会うことはどのような効果があるのでしょうか?

直接会うことで求職者様本人のお人柄を知ることができ、より求職者様に合った求人を紹介することができます。

履歴書や電話のみでの印象と、直接会ったときの印象は大きく異なります。履歴書や電話でお話した印象だとバリバリのキャリアウーマン風だったのに、実際にお会いしてみると非常におっとりとしている方だったということはよくある話です。

電話での印象のまま、そのような方に仕事量が多い職場を紹介しても、ミスマッチを起こしてしまいますよね。

ファルマスタッフのほかにも「直接会う」紹介会社はあると思うのですが、何が違うのでしょうか?

ファルマスタッフでは様々な雇用形態の求人を扱っているため、求職者様にとって最適な求人をご提案することができます。

正社員として転職を希望されている求職者様の中には、「この人にとっては正社員よりも派遣の働き方の方があっていそう」と感じるケースがあります。もちろん、派遣を希望されているけれども、正社員の方が向いているという方もいらっしゃいます。

正社員か派遣のどちらかしか扱っていない紹介会社だと、そのような場合に求職者様にとって最適な転職先を紹介することができません。

ファルマスタッフであれば、正社員・パートに加え、派遣の求人も扱っているため、フラットな立場から求人のご提案ができます。結果として転職のミスマッチを防ぐことにもつながります。

「直接会う」ことが将来的な年収700万円につながる

ファルマスタッフだからこそ転職を成功させることができた具体的な事例ってありますか?

長期的なキャリアを考慮した転職のお手伝いをさせて頂いたことですね。

その薬剤師さんは当初年収700万円を希望されていました。ただ実際にお会いしてお話をしたところ、ご自身のご経験と希望年収がかみ合っておらず、仮に年収700万円という条件で転職できたとしても転職後に苦労されるのではと感じていました。

どのようなサポートをしたのですか?

現状のスキルと生涯年収を細かく説明させていただいて、将来的に希望する年収を得るために今身につけるべきスキルについてとことん話し合いました。

その結果、転職先の年収は当初の希望の700万円には届かなかったのですが、スキルを積むことでスキルアップし、将来的に年収700万円を達成できるプランで転職をすることができました。

実際にお会いしたからこそ求職者様と長期的なキャリアを踏まえた深い話ができたのだと思います。電話やメールでの対応をしている会社であったなら、希望条件を鵜呑みにし、闇雲に年収700万円の求人を紹介してミスマッチにつながってしまったのではないかと思います。

最終的には求職者様も満足され、すごく感謝していただけたので、私としてもとても嬉しかったです。

「薬局も薬剤師も満足できる転職サポートをしたい」がきっかけ

「直接会うこと」をモットーにした転職サービスを始めたきっかけは何でしょうか?

古川さん:薬局にも薬剤師にも役に立つ転職サポートをしたいと思ったのがきっかけです。

確かに昔は「とりあえず転職」が業界のスタンダードでした。そのため対面面談を行わず、電話やメールのみで対応する紹介会社が多かったんです。紹介会社側からしても電話やメールのみの方が手間をかけずに求職者様を紹介できるため楽ですよね。

ただ、徐々に薬局から「転職してきた薬剤師がすぐ辞めてしまう」という声を多く聞くようになりました。その状況が続くことは薬剤師にとっても薬局にとっても幸福なことではないと、対面面談を行うことで、ミスマッチを減らすよう取り組んでいます。

素晴らしい考え方ですね。私からの質問は以上ですが、最後に転職を考えている薬剤師に何か伝えたいことはありますか?

古川さん:転職は人生を左右する大事なイベントです。ミスマッチを起こしてしまうと、たとえ高収入で入社できたとしても長くは続きません。そのため、焦って転職したり、求人票の条件のみを見て転職をしてしまうことはあまりおすすめしません。

ファルマスタッフでは求職者様にとことん向き合い、求職者様のことを理解することで高収入求人の紹介や条件アップの交渉をすることができます。条件アップを希望している求職者様に満足して頂けるよう精いっぱいサポートしますので、ぜひファルマスタッフへご相談ください。
もちろん、条件アップが転職の目的ではない方も大歓迎です。

取材を終えて

ファルマスタッフの強みは、薬局・求職者様ともに「直接会ってミスマッチを防ぐこと」が核となっているようです。ミスマッチを防ぐことは言葉にするとシンプルですが、実現し続けることはとても難しいことだと思います。
にも関わらず実現できているのは「薬剤師に幸せになってほしい」という熱い想いがあるからこそだと分かりました。

年収を上げたいと考えている薬剤師はもちろん、人間関係で悩んでいる・転職するべきか迷っているという薬剤師にも心強い味方だと思うので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

推奨高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収840万円以上の高時給案件多数
  • 日本調剤グループ独自の研修制度が利用できる
  • 派遣の求人数トップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する