投稿 更新日更新

薬剤師は転職を繰り返すと不利!許される転職回数・頻度とデメリット

薬剤師はほかの職種にくらべて転職がしやすい職業です。

しかし、あまりにも転職回数が多かったり、短期間で退職していたりすると、採用側は当然警戒します。過度な転職は、売り手市場の薬剤師であってもさまざまなデメリットを引き起こすのです

では、転職回数は何回までなら許されるのでしょうか?この記事ではそんな疑問に答えながら、転職を繰り返すことの危険性について紹介しています。

この記事に書いてあること

薬剤師転職サイトランキング
1位 マイナビ薬剤師 正社員向き
対面での面談重視
企業とドラッグストアに強い

登録

2位 ファルマスタッフ 派遣求人が豊富
充実した教育体制
調剤薬局求人が多い

登録

3位 薬キャリ パート求人充実
スピード対応
病院に転職実績多数

登録

薬剤師が転職を繰り返すデメリット

「転職回数が多い人」と聞いてあなたはどんな人をイメージしますか?忍耐力がない人、問題を起こしやすい人などを連想するはず。あまりポジティブな印象を持たないのは間違いないでしょう。

イメージだけではなく、転職を繰り返してしまうと実際に深刻なデメリットが発生します。詳しくみていきましょう。

転職を繰り返すと書類審査に通りづらくなる

転職を繰り返すこと職歴が増え続け、書類審査は次第に通りにくくなります。

その理由は転職を繰り返す=すぐ辞めてしまうと思われるからです。
企業は基本的に、自分の会社や職場でできるだけ長く働いてくれる人材を求めています。多額のお金をかけて採用し、時間と手間をかけて教育した人材がすぐに辞めてしまうと、企業としては大きなダメージを受けるのです。

さらに、転職を繰り返す=忍耐力がない、本人に問題があると思われてしまうとのも事実です。本人が職場で問題を起こすことによって、仕事が長続きしないのではと勘ぐられてしまう可能性もあります。

採用側は職歴を見て、長く働いてくれる人材かどうかを判断しているのです。転職を繰り返すと書類審査に通りにくくなってしまうのは当然のことなのです。

転職を繰り返すと年収が上がりにくい

繰り返しの転職は、年収を上げにくくする原因にもなります。なぜなら転職を繰り返すということは、昇給や昇格をする前に職場を離れているということです。

同じ職場で長く働かないので、一向に年収が上がりません。年収が上がらないだけでなく、自身の経験を積むタイミングも逃します。少しの期間しか同じ職場にいないので、仕事内容もそこまで深いところまで学べないのです。

深いところまで学ばずに転職を繰り返してしまうことで、薬剤師としての知識を十分に身につけられません。そうなると年収アップは当然遠のいてしまいます。

転職を繰り返していると思われる薬剤師の転職回数と頻度

それでは、採用企業側から「この人は転職回数が多いな、警戒しなければ」と思われ、転職活動に悪影響が出てしまう回数はどれくらいなのでしょうか。

実際に薬剤師の転職エージェントに聞いてみました。

年代 上限の転職回数
20代後半 2~3回
30代前半・後半 2~3回
40代 4回程度

この回数を超えて転職を繰り返すと「この人は転職回数が多い」と思われてしまう可能性が高まります。できるだけこの回数を超えないようにしたいものです。

なお女性の場合は、結婚や出産によって仕事を辞めなければならないことがありますので、この数字より1~2回ほど転職回数が多くても支障はないでしょう。

注意したいのは転職回数だけではありません。企業側は、一社の在職期間もしっかり見ています。たとえば在職期間が1年以内だと短いという印象を与えてしまいます。
長く働いて転職するのであれば何か理由があったのかなとも考えられますが、1年以内の転職だと自身に問題があるのではと思われてしまうので注意が必要です。

特定の理由がある場合は転職回数が多くても問題ない

転職回数が多いと採用企業に良い印象は与えません。

しかし特定の理由がある場合は問題にされないこともあります。一般的に以下のようなケースです。

  • 資格取得のための転職
  • 倒産など、会社都合による転職
  • 妊娠や出産による転職
  • 過度のいじめやパワハラなどが原因の転職

これらのような理由によって転職している場合は、履歴書や面接で理由をしっかり説明しましょう。理由をきちんと説明することで、転職回数や頻度に影響されることなく転職ができます。

ただし「私は悪くない、会社が悪い!」とアピールしすぎると、それが正しいとはいえ悪い印象を与えてしまいます。適度な表現に留め、前向きな姿勢で説明するようにしましょう。

転職を繰り返す薬剤師は転職できない?

ここまで読んで「自分は転職回数が多いからもう転職できないな…」と肩を落としている薬剤師もいるでしょう。しかしあきらめるのは早すぎます。
転職回数をさほど気にしない企業を探し、転職の理由をしっかり説明し、履歴書などの書類もキチッと作成できれば転職は可能です。

それを実現するには一人の力では限界があります。そこで頼りにしたいのが薬剤師専門の転職エージェントです。転職のプロである転職エージェントの力を借りれば、驚くほどスムーズに転職活動を進められるでしょう

転職エージェントは、企業にマイナス印象を与えない履歴書の書き方、面接での対応をアドバイスしてくれます。ムダな労力をかけずに理想的な転職ができるはずです。
ひとりで悩んでいるなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職を繰り返す薬剤師でも安心!サポートが手厚い転職エージェント2選

転職エージェントは数多く存在しますが、テキトウに選んではいけません。ここではサポートが手厚い転職エージェントを2社紹介します。

推奨利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス

無料登録してコンサルタントに相談する

推奨高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 年収600万円以上や時給4,000円以上などの高給与求人が多数
  • 日本調剤グループ独自の教育体制・研修制度が整備されている
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富

無料登録してコンサルタントに相談する

薬剤師が転職を繰り返さないための2つのコツ

できれば転職は繰り返したくないものですよね。
「次の仕事を最後の職場にしたい!」そんな願いを実現するための方法を紹介します。

職場見学は絶対に必要

実は薬剤師の転職理由として多いのが「人間関係」です。せっかく転職しても人間関係で悩んでしまう薬剤師が多いため、何度も転職を繰り返してしまうのです。

その根底には「人間関係は入社してみないとわからない」という事実があります。しかし転職前の職場見学でリスクを大幅に下げることが可能です
直接職場に足を運ぶことで、人間関係を含めた職場の雰囲気を自分の肌で感じておくのです。そうすることで求人情報からは決して見えてこないリアルな職場の雰囲気や、先輩たちの表情などを確認できます。

よりリアルな情報を確認できるので、思わぬミスマッチを防げるのです。

紹介予定派遣を利用する

「紹介予定派遣」をご存知でしょうか。一般的な派遣とは違い、契約終了後は企業との直接契約に切り替えることを前提とした派遣です。
最初の3~6か月間は派遣として働き、その後は合意のもとで正社員として働くので、わかりやすくいえば「派遣としてお試しで働き、長く続けたいと思ったら正社員に切り替えられる」ということです。

紹介予定派遣は、正社員になる前に職場の雰囲気を知ることができる以外にもさまざまなメリットがあります。
以下の記事で紹介予定派遣についてのメリットや、紹介予定派遣におすすめの派遣会社などを詳しく紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください。

おすすめの薬剤師転職サイト

rankno1

マイナビ薬剤師

求人数得意な職場サポート
体制
61,062 企業・DS
  • 面談重視で地方にも出張面談、満足度5年連続No.1を獲得
  • 徹底した職場調査で転職後のミスマッチを防止
  • 圧倒的な求人網羅!平均紹介求人数20.2件とトップクラス
rankno2

ファルマスタッフ

求人数得意な職場サポート
体制
60,718 調剤薬局
  • 年収600万円・時給4000円以上の高収入求人が豊富
  • 日本調剤グループのノウハウを活かした教育・研修制度が充実
  • 福利厚生完備の派遣求人が豊富
rankno3

薬キャリ

求人数得意な職場サポート
体制
14,082 病院
  • 即日で最大10件の求人を紹介
  • ママ薬剤向けの求人検索ができ、「産休育休あり」などの求人が探しやすい
  • 最短3日|電話だけでスムーズに転職ができる

※2020年6月時点ココファーマ調べ

※求人数に派遣求人は含めていません。