投稿

薬局業務を全面サポート!薬局薬剤師のための画期的サービス「kusudama(薬玉)」の魅力とは

「患者とのコミュニケーションにもっと時間を使いたい」「業務の無駄をなくしたい」

そんな薬剤師の思いを実現してくれるのが薬局業務支援システム「kusudama(薬玉)」です。

一体どのようなサービスなのでしょうか?kusudama(薬玉)を展開する株式会社ズーの足立信夫さんにお話を伺いました。

この記事に書いてあること

タブレットひとつであらゆる薬局業務を可能に

ーkusudama(薬玉)とはどのようなサービスなのですか?

薬局業務をタブレットで可能にし、薬剤師をサポートするシステムです。

たとえば処方箋入力や薬歴管理など、あらゆる薬局業務をタブレットひとつでできるようになるので、生産性アップが可能になります。

さらにタブレットは外にも持ち出せますので、在宅患者支援ツールとしても活躍します。訪問先での報告書作成や、訪問先で処方内容の入力が可能になりますよ。

ーkusudama(薬玉)を開発しようと思ったきっかけはあるのでしょうか?

2016年4月にスタートしたかかりつけ薬剤師制度ですね。

これにより服薬指導など対人業務が重視されるようになり、実際に患者とのコミュニケーション業務が増えました。しかし調剤や監査など対物業務が減るわけではありません。

薬局で働く薬剤師は、対人業務に使う時間を増やしたくても増やせないという課題を抱えていたのです。

そこで「薬局業務を効率化するツールを作れば、患者とのコミュニケーションなどの対人業務にもっと時間を使えるのではないか」と考え、kusudama(薬玉)の開発に至りました。

開発では「対物業務の効率化」と「対人業務の質向上」に注力

ーkusudama(薬玉)の開発にあたって特に力を入れたポイントを教えてください

主に「対物業務の効率化」と「対人業務の質向上」の2点ですね。

「対物業務の効率化」については、まず処方箋の印字内容を正確にスキャンする(読み取る)機能を搭載し、kusudama(薬玉)に登録できるようにしました。

かつては事務の方が処方箋をコピーしてレセコンに手入力する工程が必要でしたが、kusudama(薬玉)ならスキャンだけで済むので、大幅な効率化につながります。

薬歴記入に関しても、今までは患者の服薬指導が終わってから薬歴を記入する流れでしたが、kusudama(薬玉)を使えば服薬指導中に薬歴の記載を済ませることができます。

さらにスキャナーを利用して各医薬品のバーコードを読み込むと、取り違いなどのチェックも可能です。目視で行なっていた作業を自動化することで、調剤過誤などのミスが防止できます。これも業務効率化の一環といえますね。

ー確かにかなりの時間を削減できそうですね。「対人業務の質向上」についても教えてください

かかりつけ薬剤師は質の高いコミュ二ケーションが求められますが、現状では薬局ごとに対応方法が異なりますし、コミュニケーションの質にばらつきがありますよね。

そこでkusudama(薬玉)では、服薬指導の例や薬品の付加情報をタブレットに内蔵しました。すぐに情報へアクセスできるので、誰でも一定のレベルで服薬指導ができるようになります。

またタブレット上で「だれが何の業務を行なっているのか」「どの患者がどれくらいの待ち時間で、どの工程まで進んでいるのか」がわかる機能も搭載しています。

薬局内の業務を見える化することで、メンバー全員が対人業務の質を向上できるのです。

薬剤師の能力を高められるサービスを目指したい

ー薬局で働く薬剤師に大きな価値を提供しているkusudama(薬玉)ですが、今後の展望などはありますか?

機能の改良はもちろん、薬剤師の能力を高めていけるようなサービスにしていきたいですね。

今後も対人業務の重要性が増していくのは間違いありません。そんな時代にマッチした薬剤師のスキル開発も必要となります。

「コミュニケーションスキルを伸ばすためには?」など、薬剤師が抱えるさまざまな課題に応えるコンテンツをkusudama(薬玉)上で発信し、スキル開発に貢献していきたいです。

スキル開発がうまくいっている薬局と連携できる仕組みがあっても良いでしょうね。

ー最後に、この記事を読んでいる薬剤師へのメッセージはありますか?

かかりつけ薬剤師制度は、薬剤師としての価値をさらに高めていくものです。kusudama(薬玉)はそうした薬剤師の価値向上に貢献できるサービスだと確信しています。

ぜひ全国の薬局様と一緒に取り組みをしていきたいです。

kusudama(薬玉)のHPはこちら