投稿 更新日更新

かかりつけ薬局を目指すなら!クラウド電子薬歴「Solamichi」が最高に頼りになる理由

「患者宅から薬局に戻って薬歴を記入するのが面倒だな…」「久しぶりの現場復帰で薬剤の知識に不安がある」

こんな薬剤師の悩みを解決してくれるサービスがクラウド電子薬歴「Solamichi」です。

どのようなサービスなのか、開発元の株式会社ソラミチシステムで代表取締役を務める田浦貴大さんにお話を伺いました。

田浦貴大(たうら たかひろ)さん
株式会社ソラミチシステム代表取締役。
「薬局を、一歩先へ」というビジョンを掲げ、薬歴システム『Solamichi』を通じて全国の薬局・薬剤師をサポートしている。

この記事に書いてあること

かかりつけ薬剤師をサポートするために開発

Solamichi

―さっそくですが、Solamichiとはどのようなサービスなのでしょうか?

Solamichiはクラウド型の電子薬歴です。

他店舗、さらには在宅医療のために訪れた患者宅などでもネットワーク上で薬歴の閲覧・編集が可能になります。 導入すると薬歴入力にかかる時間を大幅に削減できますよ。

また「服薬指導のナビゲーション」という機能もあり、過去の服薬指導歴を参考に自動で指導内容を生成してくれます。 新人や現場を離れていた薬剤知識に自信がない薬剤師でも的確な服薬指導が可能になるでしょう。

―Solamichiを開発しようと思ったきっかけを教えてください。

かかりつけ薬局・薬剤師制度がスタートしたことですね。

かかりつけ薬剤師は、患者の薬剤管理を継続的に行なう制度です。これにより薬剤師は休日や夜間など薬局が開いていない時間であっても、電話で薬の使い方や副作用等の相談に応じる必要があります。 外出が難しい高齢者患者宅に赴き、薬の説明や残薬の確認もしなければなりません。

こうした制度によって患者が受ける医療サービスの質は向上しましたが、薬剤師には大きな負担がのしかかります。 特に小規模薬局では、薬局長1人で複数患者の対応を24時間行なうというケースもあるのです。

そこで、場所を問わず薬歴を閲覧・作成できるサービスがあれば薬剤師の負担を少しでも減らせるのではと考え、Solamichiの開発に着手しました。

「サービスの使いやすさ」と「服薬指導サポートの質」に注力

―Solamichiの開発で特に注力したポイントを教えてください

「サービスの使いやすさ」と「服薬指導サポートの質」の2点ですね。

まず「サービスの使いやすさ」ですが、少しでも簡単に操作ができるようサービス画面を設計しました。

「IT機器が苦手」という薬剤師は多く、高性能な電子薬歴も使いこなせないという声もよく聞きます。 そのためボタンやメニューを最小限まで減らしたり、なるべくクリックだけで操作できるようにしたりと、誰でも簡単に使えるサービスを目指しました。

―考え抜かれたサービスになっているのですね。では「服薬指導サポートの質」についても教えてください

新卒はもちろん、産休・育休明けで長い期間現場を離れていた薬剤師は、知識面で不安を抱えています。 そうした方でも質の高い服薬指導ができるよう、服薬指導サポートの質にはこだわりました。

Solamichiの服薬指導のナビゲーションは、過去の指導履歴を参考にして自動で服薬指導内容を作成します。薬名を入力するだけで利用方法や副作用の項目が表示される仕組みです。

ハイリスク薬など服薬指導の正確性が求められる場合に、Solamichiがあれば指導の抜け漏れを防ぐことができます。

さらに「患者から副作用の有無を引き出すのが難しい」という声にも対応しています。 たとえば貧血の副作用を確認する際に「貧血になりましたか?」と質問しても得たい回答は得られません。なぜなら人によって貧血のとらえ方が異なるため、貧血が起きているかがわからないためです。

そこでSolamichiの服薬指導のナビゲーションでは「顔は青白くなっていないか」「めまいはないか」など、より具体的な質問を表示してくれるため、副作用が起きているかどうかを高い精度で確認できます。

Solamichiの活用で薬局本来の目的を果たしたい

―これからの展望はありますか?

同じグループ会社のサービスである「薬局向けCARADAパック」と連携して、薬剤師が把握する情報量を増やしていきたいですね。「薬局向けCARADAパック」は患者さんの服薬履歴、健康情報を把握できるサービスで、Solamichiと連携すれば薬の効き目や効果について、より詳細に確認できます。

薬局が本来担うべき「二重チェック」の役割を果たすためには、多くの情報の把握が必要です。 現状では持っている知識とお薬手帳の情報のみで服薬指導を行っていますが、本来の二重チェックには知識に加えて病歴・手術歴・他に飲んでる薬・日々の健康状態など多くの患者情報が必要になります。

たくさんの薬剤師にSolamichiを使ってもらうことで、そうした医薬分業のあるべき姿を一緒に作っていきたいですね。

―最後に、この記事を読んでいる薬剤師に向けて一言お願いします

パソコンが苦手、新卒なので知識に自信がない、現場に久しぶりに復帰するので不安…などさまざまな不安を抱えている薬剤師にSolamichiを使っていただきたいです。

Solamichiを通じてかかりつけ薬局の拡大に貢献することはもちろん、医薬分業のあるべき姿を薬剤師の皆さんと一緒に作っていきたいと考えています。

「Solamichi」の詳細は下記のリンクから
Solamichi公式ページ