投稿 更新日更新

転職で薬剤師の年収は上がる?|調査の結果と年収アップの方法4選

「転職をして年収を上げることはできるの?」
「どうしたら年収アップができるんだろう?」

この記事では転職をした人にアンケートを取り、転職後の年収について調査しました。
また後半では転職で年収を上げるための方法についても紹介しているので、年収アップに興味がある方はぜひ最後までお読みください。

この記事に書いてあること

薬剤師は転職して年収は上がるの?調査結果から年収アップしやすい特徴を分析!

転職した242名の薬剤師にアンケートを取り、年収がどのように変化をしたのか分析しました。

転職した薬剤師の3割が年収アップに成功

まずはどのくらいの薬剤師が年収を上げることに成功したのかを見てみましょう。

【転職後の年収の変化】

割合
転職をして年収が上がった 35%
転職をして年収が下がった 24%
年収は変わらない 41%

全体の3割程度の方が年収を上げることに成功していることからも、転職で年収を上げることはそこまで難しいことではないといえます。

ただし年収アップのしやすさは年代や性別によっても異なります。詳しく見ていきましょう

薬剤師は30代が一番年収アップしやすい

【年齢別】年収アップ率

年代 年収が上がった人の割合
20代 31%
30代 45%
40代 24%

年収アップに成功した人が最も多かったのは「30代」でした。30代は経験や実績がたまるため、企業から求められる能力を持ち合わせていることが多く、年収も上がりやすい傾向にあります。

逆に40代を超えると年収を上げられる人とそうでない人が二極化するため、30代よりも年収アップできる人の割合は減ってきます。

では、年収を上げることに成功しているひとはどのくらいの年収アップができているのでしょうか?

【年齢別】平均年収アップ額

年代 平均年収アップ額
20代 65.8万円
30代 146.4万円
40代 150万円
平均 120.7万円

年収の平均アップ額を見てみると、20代と30代・40代で大きく年収アップ額が異なることがわかります。

30代以降は着実に経験やスキルを磨いてきた人とそうでない人の差が開き始めます。経験やスキルがない40代は転職すること自体が難しくなる一方で、実績があれば大幅に年収を上げる転職をすることも可能なのです。

男性薬剤師のほうが女性薬剤師よりも年収アップしやすい?

最後に男女で年収アップ率に差があるのかを分析しました。

【男女別】年収アップ率

平均年収アップ率
男性 50%
女性 23.4%

データを見る限り、男性と女性で年収アップ率に大きく差があります。

女性は結婚や出産などのライフイベントを機に、キャリアチェンジをする方が多いことに起因しています。しかし最近では女性の復職率も高くなっており、今後男女間の差は縮まっていくことが予想されます。

【転職エージェント直伝】薬剤師が転職で年収をアップさせる4つの方法

ここまででお伝えしたように、薬剤師が転職で年収を上げることは可能ですが、誰もが年収を上げられるわけではありません。そこでここからは転職で年収を上げる方法について、現役の転職エージェントの意見をもとにご紹介していきます。

(1)ポジションアップを狙う

1つ目の方法はポジションアップで基本給を上げるという方法です。

薬剤師のポジションアップの選択肢は管理薬剤師・ラウンダー・マネージャーなど様々です。(※ラウンダーとは複数の店舗を管轄する薬剤師のことを指します。)

調剤薬局において、それぞれの役職でどのくらい年収がもらえるのかまとめました。

【役職別】平均年収

役職 平均年収
一般職 450∼550万円
管理薬剤師 500∼650万円
ラウンダー・マネージャー 550∼800万円
平均 120.7万円

ラウンダーやマネージャーは複数店舗を管理した経験や売上を伸ばしたなどの実績がないと転職をすることができませんが、その分もらえる年収額も高く年収を大幅に伸ばすことができます。
過去の事例で転職後エリアマネージャーとして年収1000万円をもらえるようになった方もいらっしゃいます

一方管理薬剤師であれば調剤経験を2,3年積めば誰でも挑戦することができます。ラウンダーやマネージャーほどではありませんが、一般職に比べて3割程度の年収アップが見込めるため、検討してみることをおすすめします。

(2)勤務条件に柔軟性を持たせる

ポジションアップよりも手軽に年収を上げられるのが、「転職後の勤務条件を柔軟にする」という方法です。

パートのママ薬剤師が帰宅した後の夜の時間や、他の薬剤師が働きたがらない土日などは人手不足になりがちです。そのような時間帯に働ける薬剤師は重宝され、年収600万円前後と通常よりも高い年収をもらえることが多いです。

特に管理薬剤師が急に転職してしまって不在にしている薬局はとにかく早く管理薬剤師を見つけたいため、通常の管理薬剤師を募集する求人よりも年収が高くなる傾向にあります。

転職サイトのフリーワード検索で「管理薬剤師 急募」と検索してみると好条件の求人を見つけることができるでしょう

【急募の管理薬剤師の求人例】

(3)一人薬剤師の職場を狙う

3つ目は「一人薬剤師の職場に転職する」ことです。

薬の値段は国によって決まっているため、薬局の売上が大幅に増えることはほぼありません。そうした場合、人件費などのコストを減らすことが個人の年収を上げることにつながります。

勤務地などによっても異なりますが、一人薬剤師は平均年収が550万∼600万円と通常の薬剤師よりも高年収を得ることができます。「一人で働くのが好き」「調剤にはある程度自信がある」という方にはおすすめできる方法です。

ただし一人薬剤師の求人の中には「忙しすぎて休憩の時間も取れないブラック求人」も存在します。もし一人薬剤師の職場で働く場合は転職エージェントを活用して職場を見極めたほうが良いでしょう。

(4)年収が高い未経験の業種に転職する

職種によって平均年収が異なるため、よりベースの年収が高い業種に転職するのも方法の一つです。

まずは職種別の平均年収をご紹介します。

業種 平均年収
調剤薬局 450∼550万円
ドラッグストア 500〜600万円
病院 約380万円
企業(製薬会社) 約720万円

調剤薬局からドラッグストアに転職をした場合、最大150万円も年収を上げることができます。業種ごとに特徴が異なるためこうした年収の違いが生まれます。

調剤薬局は国で決められた値段の薬を販売しているため、利益を大きく伸ばすことはできません。
一方ドラッグストアは調剤業務に加え、OTCや化粧品なども販売しているため、高い利益を出して給与に還元することができ、調剤薬局よりも高い年収を出すことが可能なのです。

未経験転職は同業種への転職よりも大きな負荷がかかるため慎重に検討する必要がありますが、年収を上げるために一度検討してもよいでしょう。

未経験転職は転職してすぐに年収が上がらない場合もある

ひとつ注意したいのは、未経験転職の場合転職した当初は年収が下がってしまうケースもあるということ。
例えば企業への未経験転職をする場合、調剤薬局で行う業務と企業の業務は全く異なるため、企業側としてもいきなり高い年収を出すことはできません。また企業求人は数が少なく、面接の通過率が非常に低いため、もしチャレンジする際はしっかり準備をして臨むことをおすすめします。

転職で年収を上げるには薬剤師転職エージェントの利用が必須

ここまでで転職で年収を上げる方法をご紹介してきました。年収アップの確率を上げるうえで、「いかに上手に条件交渉をするか」が重要になります。

当たり前ですが、転職後の処遇は企業側と求職者側の合意によって決まります。書類・面接などの選考で、「どのくらい年収が欲しいか」「そのために自分はどんな貢献ができるか」などの希望を企業側に正しく伝えることが必要です。

しかし、条件交渉は口で言うほど簡単ではありません。条件交渉をしすぎると企業に悪い印象を持たれてしまったり、逆にもっと交渉できるのに遠慮してしまって思うほど年収が上がらなかったというケースもあります。

そのため転職で年収アップを狙うなら必ず転職のプロであるエージェントを利用しましょう。転職エージェントは条件交渉のノウハウがあるため、上手に企業と交渉をし、より希望に近い年収で働くことができるのです。

転職で年収を上げたい薬剤師におすすめの転職エージェント

転職で年収を上げたい場合、転職エージェントを選ぶ観点は以下2点です。

【年収アップをする際の転職サイト選びのポイント】

  • 高収入求人数(年収600万円以上の求人)
    高収入の求人が多ければ多いほど、希望する年収の職場に転職できる確率が上がります
  • 面接同行の有無
    面接に同行してくれると年収交渉もスムーズに進みます

上記2点を踏まえて、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめの転職サイト 高年収求人数 面接同行
マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師 11,014
  • 職場に直接足を運んで企業との信頼関係を築いているため、好条件の求人が集まりやすい
  • マイナビ薬剤師を利用した人の約70%が年収アップに成功している(業界トップレベル)

登録はコチラ

ファルマスタッフファルマスタッフ 9,358
  • 年収600万円・時給4000円以上の高収入求人が毎日更新
  • 地域密着の転職サポートで、ミスマッチの少ない転職支援を実施

登録はコチラ

薬キャリ
薬キャリ
9,652 ×
  • 時給3,500円以上の派遣求人数が業界トップクラス
  • 電話のみの対応なので転職に時間がかからない

登録はコチラ

※2019年12月時点ココファーマ調べ。

※高収入求人は600万円以上の求人を指します。

【コラム】薬剤師が長期的に年収を上げるためにはスキルアップが必要

これまでは転職によってすぐに年収が上がる方法をご紹介してきましたが、年収を長期的に伸ばしていくにはスキルアップが必要不可欠です。そこで今後薬剤師に求められる能力やスキルや資格をご紹介します。

(1)がんや糖尿病などの認定資格

薬局は高度専門型と地域密着型、通常薬局型の3つに分類され、高度専門型と地域密着型に高い評価がつけられます。

高度専門型薬局に対応するため、各調剤薬局はこぞって専門的なスキルを持つ薬剤師を採用しようとしています。

需要が高いため募集年収も高く、企業によっては資格手当などの給与インセンティブを用意しているケースもあります。

(2)マネジメント能力

薬剤師数が増え、薬剤師不足は解消されつつあります。しかし薬局をマネジメントできる薬剤師は足りていないという状況は依然として変わっていません。

管理薬剤師になるとフルタイムで薬局にいる必要があったり、すべてのクレームを処理しなければならないため、管理薬剤師を嫌がる方も多くいらっしゃいます。

1店舗に必ず一人は管理薬剤師を置く必要があるため、高い年収を出してでも人材を獲得する必要があるのです。

上記でも説明した通り、1店舗だけでなく複数店舗を管理できるようになると650万円以上の年収を得ることもできるようになるため、ぜひ身につけておきたいスキルといえるでしょう。