【裏話】派遣薬剤師の時給や待遇が正社員やパートより良い2つの理由

派遣薬剤師の裏話

雇用が不安定そう」「福利厚生がないのでは」などマイナスイメージを持たれがちな派遣薬剤師。しかしその実態は大きく異なることをご存じですか?この記事では派遣薬剤師の時給が高い理由の裏話や、派遣に向いているタイプ、さらには派遣の仕事の探し方についてご紹介。派遣薬剤師のイメージががらっと変わるかもしれません。

薬剤師におすすめの派遣会社2社の比較はこちら

派遣は高時給&福利厚生も充実!そのワケは?

正社員以外にも、パートやアルバイト、派遣とさまざまな働き方が可能な薬剤師。まずはその魅力に迫っていきます。

意外?派遣薬剤師は高時給で福利厚生も充実

派遣

派遣薬剤師の最大の魅力は、パートやアルバイトよりも高い時給で働けることです。派遣薬剤師の時給は低くても2,000円、高いと4,000円を超える職場も。正社員の給料を時給換算しても、派遣のほうが高いほどです。

【薬剤師の働き方別の給料比較表】

時給

月給

年収
アルバイト 2,500 40万円 480万円
パート 2,300 37万円 441万円
派遣 3,500 56万円 672万円
正社員 46万円 552万円

派遣薬剤師は、給与面のみならず福利厚生にも特徴があります。それは、派遣薬剤師は雇用契約を結ぶ派遣会社の福利厚生を利用できるということ。
健康保険や雇用保険、労災保険といった社会保険はもちろん、薬剤師賠償責任保険にも加入できます。調剤ミスや服薬指導ミス、管理ミスなどで健康被害が生じた場合に損害賠償責任を担保してくれるので、安心して業務に励むことができます。

また、派遣であっても正社員同様、産休・育休を取得できます。短期の契約の場合は「産休・育休が欲しい」とは言い出しづらいかもしれませんが、取得実績が豊富な職場を選んだり、職場の雰囲気を見て判断するとよいでしょう。

このように、派遣であっても正社員と変わらず安心して働けるのが薬剤師の強み。個人経営の薬局で正社員として働くよりも、派遣で働くほうが福利厚生が充実している場合もあるほどです。

福利厚生が充実している薬キャリの詳細はこちら
高時給な求人が特徴のファルマスタッフの詳細はこちら

派遣薬剤師の時給が高い2つの理由

そもそもなぜ、派遣薬剤師の時給はこれほど高いのでしょうか。その理由は2つあります。

1. 雇用形態が違う

派遣の時給が高い一番の理由は、雇用契約の違いです。正社員・パート・アルバイトは調剤薬局や病院などから直接雇用されているのに対し、派遣は派遣会社に在籍し、そこから各職場に派遣されています。

派遣会社、派遣社員、派遣先企業の関係

  • 正社員・パート・アルバイト
  • 調剤薬局や病院などから直接雇用されている。

  • 派遣社員

派遣会社に在籍。派遣社員として各職場に派遣される。

このように派遣と正社員は雇用契約が違うため、雇用期間にも大きな違いがあります。正社員は長期間働くことを前提として迎えられるため、雇用主の勝手な都合で退職させることはできません。

一方、派遣には契約期間があります。契約期間後に再契約をしなければ雇用終了です。つまり経営環境の悪化などの際、簡単に契約を打ち切られるのが派遣薬剤師なのです。ある意味、雇用主にとって使い勝手のよい存在とも言えるでしょう。高い給与の裏には、このような事情があるのです。

とはいえ、仮に契約解除となっても、派遣会社から別の職場を紹介してもらえます。派遣薬剤師の求人数は増加傾向にあるため、次の職場が決まらず生活が不安定になる、ということはほとんどありません。

2. 薬剤師が不足している

派遣の給与が高いもう一つの理由は、薬剤師不足です。

2025年には団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となり、医薬品の需要はさらに高まると予想されています。調剤薬局だけでなく、ドラッグストアやコンビニでも医師の処方箋を扱う店舗が増え、高い時給を払ってでも、薬剤師を確保したい職場が増えているのです。

パートやアルバイトは自宅から通える範囲内で勤務地を探すため、なかでも交通の便が悪い地方は人材不足が深刻です。そのようなエリアでは必然的に派遣薬剤師の需要が高まるため、時給が高くなっているのです。

「派遣薬剤師はパートよりも高時給」といわれる背景には、このような裏事情があるのです。

薬キャリに無料登録して高時給の派遣求人を探す

薬剤師におすすめの派遣会社2社の比較

「派遣で働きたい!」と思ったら、まずは派遣会社に登録し、求人情報を入手しましょう。

WEB上には多くの薬剤師専門の転職サイトが存在しますが、まずは2つのサイトに登録すれば充分なことがほとんどです。

転職サイトのなかでもオススメは、派遣の求人数・登録者数No.1の人気サイト「薬キャリ」です。育休、産休の取得実績もあり、ママ薬剤師向けの求人も豊富であるのが特徴です。

次におさえておきたいのは、高時給求人が毎日更新されている「ファルマスタッフ」。業界トップクラスの求人数を誇る大手の派遣・転職支援サイトです。日本調剤グループの研修制度ができるなど、ブランクのある薬剤師向けの教育制度が充実している点も魅力です。

おすすめの派遣会社 高時給 条件交渉 保険
薬キャリ
  • 派遣の求人数、登録者数NO1の王道派遣会社
  • コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職が可能
  • 「産休、育休取得実績あり」など、ママ薬剤師向けの求人多数紹介

詳細はコチラ

ファルマスタッフ
  • 業界トップクラスの派遣求人4万件
  • 時給4000円以上の高額時給が毎日更新
  • ブランク明けの薬剤師向けに教育制度が充実

詳細はコチラ

1位薬キャリは子育て中のママ薬剤師でも安心の派遣会社

  • 薬剤師転職希望者登録数No.1、薬剤師登録数10万人以上
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 提携紹介会社数33社で薬剤師求人の圧倒的網羅率、年間就職者数約7200人

無料登録してコンサルタントに相談する

「薬キャリエージェント」はエムスリーキャリアが運営しているサービスで、薬剤師の転職・求人サイトとして日本最大級の規模を誇ります。薬キャリは大手の転職サイトの中でも特に派遣事業に力を入れているので、求人数も多く登録されています。

また、ママ薬剤師向けのサービスが充実しているのも大きな特徴です。サイト内では、「ママ薬剤師におすすめ」「産休・育休実績あり」といった検索条件で求人を探すこともできます。

産休・育休が取得しやすいのも薬キャリの魅力です。子育て中のママ薬剤師は、ぜひ薬キャリへ登録しておきましょう。

薬キャリに登録する

2位ファルマスタッフは高時給の派遣求人が豊富

  • 時給4000円以上、年収840万円以上の高時給案件多数
  • 日本調剤グループ独自の研修制度が利用できる
  • 転職支援16年で安心の実績

無料登録してコンサルタントに相談する

「ファルマスタッフ」も求人数が多い転職サイトです。高時給の派遣求人が豊富なため、「今すぐお金が欲しい」「貯金したい」という方には必須のサイトです。

特に薬剤師不足が慢性化している地方は、高時給派遣が多く狙い目。ファルマスタッフでは、北海道から九州まで全国15ヵ所の営業所の転職コンサルタントが直接薬局に訪問し高額求人を獲得しています。だからこそ、全国各地の高額求人をカバーできるのです。コンサルタントは職場の内部情報にも精通しているため、求人情報だけではわからない職場の雰囲気も細かく教えてくれますよ。

高時給求人を狙うなら、ファルマスタッフは外せないサイトです。

ファルマスタッフに登録する

好条件の派遣求人と出会うためにアナタが今すぐできること

転職サイトに登録すると、コンサルタントが主体的に動き、あなたの転職をサポートしてくれます。ここでは、よりよい条件の求人と出合うためにどのような手順を踏めばよいのか解説していきましょう。

転職サイトに登録したら、担当のコンサルタントと対面もしくは電話で面談をおこないます。面談であなたが希望する勤務地や、週〇日勤務といった勤務条件・時給などを伝えると、コンサルタントがその条件に合う求人を探してくれます。

薬剤師の転職はコンサルタントの利用がお得

今すぐ転職する気はなくても「半年以内に転職したいので、時給3,500円以上の土・日休みで残業なしの求人が見つかったら教えてほしい」というような希望を伝えてみましょう。「見つかるまでは現在の勤め先で働きたい」といったワガママな交渉も、派遣の紹介会社であれば柔軟に対応してくれます。

良い条件の求人は、いつ出てくるかわかりません。早めに転職サイトに登録することで、より良い条件の求人に出合える確率もアップしますよ。

薬キャリに無料登録して転職の相談をする

派遣薬剤師の3つのメリット

ここからは派遣薬剤師のメリット・デメリットをご紹介します。まずはメリットを見ていきましょう

  1. 高時給・高年収で福利厚生も充実
  2. 派遣薬剤師は週3日でも月収30万超え!!

    派遣薬剤師の最大の魅力は、高時給であることです。平均時給は3,500円程なので、少ない勤務日数でも充分な収入を得られます。

    人手不足の地方は時給が高い傾向にあり、なかでも交通の便が悪い中小薬局は相場より高い時給を提示しています。短期間で高収入を得たい方には狙い目です。

    なお、ほとんどの派遣会社は福利厚生を完備しています。中小の個人薬局で正社員として働くよりも、派遣の方が福利厚生が充実しているケースもあります。

    薬キャリに無料登録して高時給の派遣求人を探す

  3. サービス残業がない、勤務条件を選べる
  4. ママ薬剤師 派遣 

    正社員とは異なり、派遣にはサービス残業がほぼありません。勤務時間はタイムカードによって管理されており、働いた時間分の給料が支払われます。仮に予定時間をオーバーしても、その分の給料が支払われます。

    また、勤務条件を選べるのも派遣のメリット。子どもの成長に合わせて勤務時間や日数を決め、職場を変えながら働くことができます。家庭の時間を大切にしたい方、時間に余裕をもって働きたい方にはオススメの働き方です。

  5. 長期旅行などのプライベートな時間を取りやすい

派遣薬剤師は長期旅行と相性抜群

時間を自由に使える点も派遣の魅力です。契約期間を終え、しばらく休んでから次の職場を探すこともできます。そのため、「お金が貯まったら長期旅行にいく」といった正社員には味わえない人生も楽しめるのです。

仕事より私生活を充実させたい方にはうってつけの働き方です。

このほかにも派遣薬剤師には多くのメリットがあります。
「職場の人と深く関わらずに済むので気がラク」
「勤務地が変わるたびにいろいろな人に出会える」
など、一見デメリットに思える部分はメリットにもなります。ぜひ、あなたが重視するのはどのポイントか考えてみてください。

薬キャリに無料登録して勤務形態が自由な求人を探す

派遣薬剤師の2つのデメリット

ここでは派遣薬剤師のデメリットについて説明していきます。派遣のデメリットは大きく2点あります。

  1. 深い人間関係を築けない可能性がある
  2. 派遣薬剤師は職場になかなか馴染めない?

    派遣は雇用期間が定められているため、職場の人と深い関係を築きづらいです。人によっては職場のコミュニティになじめず、孤独を感じるかもしれません。
    逆に、職場の人とは適切な距離感をとっていたい方にとってはメリットとも言えます。

  3. 契約が切れると勤務地が変わってしまう
  4. 派遣は契約期間を終えると、次の職場を紹介されます。勤務地が変わるたびに人間関係を一から築き、その職場ならではの薬の知識、調剤方法を習得する必要があります。シフトが変わったり、場合によっては転居も伴うため、環境の変化がストレスになり得るかもしれません。

    逆にいろいろな職場を体験したい人や、いろんな地域で多くの人々と出会いたい人には派遣薬剤師はオススメです。

派遣薬剤師に向いている人の4つの特徴

派遣のメリット・デメリットを踏まえたうえで、一体どのような人が派遣に向いているのかご紹介しましょう。

派遣薬剤師に向いている人

【派遣に向いている人】

  1. 子育て中で家庭の時間を大切にしたい人
  2. プライベートを大切にしたい人
  3. とにかくお金を稼ぎたい人
  4. さまざまな職場を経験して、将来的に開業などを考えている人

派遣に向いている人としてよく取り上げられるのは、ママ薬剤師です。出勤日時の融通が利くため、子育てとの両立も可能です。プライベートを重視したい方、とにかく収入を得たい方にも向いています。

多くの職場を経験して、開業やスキルアップにつなげたいという方にもオススメです。

では逆に、派遣に向いていない人はどのような人でしょうか。

【派遣に向いていない人】

  1. 生活を安定させたい人
  2. コミュニケーションを取るのが苦手な人

派遣に向いていないのは、安定を求める方やコミュニケーション能力に自信のない方です。派遣は雇用が不安定である以上、安定した収入を得られるとは限りません。また、複数の職場を渡り歩くため、初対面の人とのやり取りにストレスを感じる方は向いていないでしょう。

薬剤師におすすめの派遣会社2社の比較はこちら

派遣薬剤師にしかない、大切な存在意義

派遣薬剤師の存在意義とは

なかには「派遣」という働き方に抵抗を持っている方もいるのではないでしょうか。

しかし薬剤師業界において、派遣のニーズは高まっています。調剤薬局やドラッグストアを運営する企業は、必要最低限の薬剤師を配置しなければなりません。処方箋を扱える薬剤師がいないと、困る患者さんがたくさん出てしまうためです。その点、正社員やアルバイト、パートでは足りないシフトの穴を補っている派遣薬剤師は、社会的意義が充分にある存在なのです。

「派遣」に少しでも興味を抱いたら、まずは求人情報をのぞいてみましょう。具体的な働くイメージがわくかもしれません。

薬キャリに登録して派遣求人を確認する

コラム1:薬剤師には短期の単発派遣という働き方も!

薬剤師には正社員だけでなく、アルバイト・パート・派遣などさまざまな働き方があります。若いうちは正社員で、出産後は子育てをしながらパートや派遣で、といったようにライフスタイルに合わせて働けるのが薬剤師の良いところです。

しかし派遣であっても、基本的には決まった期間・曜日で働かなければなりません。「期間や曜日に縛られず、自分の働きたいときだけ働きたい」という方には「単発、スポット派遣」という働き方をおすすめします。

単発、スポット派遣で働ける人の4つの条件

単発派遣・スポット派遣

単発、スポット派遣とは、1日~1週間程度の短期間勤務の派遣です。薬局で急な欠員が出たときなど緊急時の求人が多いため、時給も高額で、数も限られたレア求人と言えます。

仕事内容は投薬やピッキングなどを任されることがほとんどです。初めての職場で不安に思うかもしれませんが、調剤経験のある方であれば、それほど困ることはないでしょう。

一時的に働きたい人には最適な単発、スポット派遣ですが、実は2012年に労働者派遣法が改正され、現在は30日以内の短期間の労働契約は原則禁止です。本来であれば禁止されている単発、スポット派遣ですが、以下の条件のいずれかを満たす場合に限り、働くことが認められています。

  • 60歳以上の方
  • 学生(雇用保険に加入していない方)
  • 本業の年収が500万円以上ある方
  • 主たる生計者でなく、世帯年収が500万円以上ある方

このように、幅広い方々に該当する条件となっています。現在就業中でも年収が500万円以上あればダブルワークも可能です。ただし職場によっては副業が禁止されているので、ダブルワークをする際には職場の就業規則を確認しておきましょう。

単発派遣はどんな人が向いている?

単発、スポット派遣は、1日からの短期間で働くことができるのが最大のメリットです。そのため「普段は子育てが忙しくて長期間働けないけれど、子育ての合間に少しだけ働きたい」といった主婦の方にはオススメです。また本業とは別に、休日に単発で一時的に収入を増やしたい方も条件を満たしていれば働くことができます。

空いた時間や好きな時間だけ働きたいという方や、長くは働きたくないが一時的に収入を増やしたい方は、単発、スポット派遣も選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

単発派遣についてもっと知りたい方はこちら

コラム2:派遣薬剤師の仕事内容は?契約から仕事開始までの流れ

女性の場合、正社員の薬剤師として働いていたとしても、結婚や出産を経て働き方を変えざるを得ない場面が出てきます。そのようなとき、ライフスタイルに合わせて働き方を調整できるのが「派遣薬剤師」です。

派遣の仕事内容は

派遣の一番の特徴は時給の高さです。パートやアルバイトよりも1,000円以上高い時給で働けるため、収入を増やすためにあえて派遣で働く方もいます。

派遣薬剤師は派遣会社に登録して、派遣先の調剤薬局や病院などで勤務することになります。派遣先での立ち位置は、ほかの薬剤師と変わりません。仕事内容は投薬業務がメインとなることが多く、調剤経験がある方であればそれほど心配はいらないでしょう。

ただ、派遣先の診療科によって扱う薬が変わるので、幅広い知識は必要です。場合によっては新しく覚えなければならないことも出てきます。あまり責任のある仕事は任されないため、安心して働くことができるでしょう。

登録~入社までの流れ

派遣薬剤師として働くためには、以下のステップが必要です。

STEP1:派遣会社への登録

派遣会社は数多くありますが、あまりに多くの会社に登録しても対応するのが大変です。3~4社程度に絞って登録するのがポイントです。

STEP2:担当のコンサルタントとの面談

登録後、担当のコンサルタントから連絡が入ります。その際に希望する勤務時間や時給、勤務地などの条件を伝えましょう。子育て中のママ薬剤師の場合、現在の生活の状況をしっかり伝えることで、子育てに配慮した職場を探してもらうことができます。

STEP3:条件に合った求人の紹介

コンサルタントが条件に合う求人情報を紹介してくれます。どれだけ紹介してもらっても費用は一切かかりませんので、プロのキャリアアドバイザーとして最大限に利用しましょう。コンサルタントはあらゆる職場の情報を持っているため、思わぬ裏話を聞けるかもしれません。

STEP4:雇用契約

派遣先が決まり、就業条件などを確認して問題がなければ、派遣会社と雇用契約を結びます。

STEP5:派遣薬剤師として入社

採用が決まった後も、わからないことやトラブルがあれば派遣会社がしっかりサポートをしてくれます。派遣先が決まるまでは雇用契約は発生しないため、派遣という働き方が気になる方、転職先を探していてとりあえず求人情報だけでも欲しい方は、まずは派遣会社へ登録してみましょう。

薬剤師におすすめの派遣会社2社の比較はこちら


派遣の記事一覧

やさしい解説|薬剤師が「産休」「育休取得実績あり」の職場で働くためには

「将来子ども欲しいけど産休や育休って取れるのかな?」「条件が厳しくて取りづらい職場は困る…」 産休・育休制度を掲げている職場は多くありますが、実際の取得のしやすさとは必ずしも一致しない場合も。正社員だから育休を取ると言い…

続きを読む

派遣薬剤師に魅惑の職場?成長を続けるドラッグストア!

2009年に改訂薬事法が施行され、医薬品販売のハードルが下がり参入企業が増えるとともに、ドラッグストアなどで購入できる医薬品は第一類から第三類の三種類に分けられることになりました。その結果、第一類医薬品に分類される医薬品…

続きを読む

【月5万増】薬剤師の単発派遣マニュアル|バイトとの違いや注意点

「あと数万円お給料が高かったらなあ…」 「ワケあって短期間だけ働きたい」 そんな薬剤師さんにオススメしたいのが、単発・スポット派遣という働き方です。2~3日といった短期間、不定期で働けるため、気軽に収入アップできると人気…

続きを読む

薬剤師の派遣会社ってなんか怪しい|比較ランキングの前に気になる事

「派遣会社ってなんか怪しい」「本当に信頼できるの?」 ネットで薬剤師の派遣の情報を調べると、おすすめの派遣会社のランキングや比較表がいくつも出てきます。しかし、記事を読んで見ると内容が矛盾しているものや、根拠がないランキ…

続きを読む

薬剤師がダブルワークを始めるには?単発派遣・バイト求人の探し方やデメリットも

2016年に厚生労働省は、それぞれの企業が就業規則を作成する際に参考にする「モデル就業規則」において、兼業・副業を容認する様式に改めることを発表しました。 薬剤師にとっても、この流れは無視できません。しかし、実際にダブル…

続きを読む

離島薬剤師の求人を探すには?年収やデメリット、業務内容も

離島薬剤師とは文字通り、離島で働く薬剤師のことです。都会から離れた場所での生活を余儀なくされるため、多くの人は多少給料相場が高くてもそれを仕事とするのはためらってしまうのではないでしょうか。一方で、都会の喧騒から離れた生…

続きを読む

【完全版】派遣薬剤師のデメリットと対処法をすべて教えます

時給も高く、時間にも融通がきくなどライフスタイルに合わせた働き方が可能な派遣薬剤師。一方で、「雇用が不安定」「スキルが積めない」などのデメリットがあるのも事実です。それを知らずに派遣の道を選んでしまうと、大変なことに…。…

続きを読む

派遣薬剤師の時給相場は3000円。今すぐ収入を増やす方法とは?

高い時給でプライベートな時間も確保しながら働ける派遣薬剤師。なかには時給5,000円といった驚きの求人も存在します。この記事では派遣薬剤師の時給の相場や、時給が高い理由など派遣薬剤師の実態を徹底調査。高時給派遣の求人に出…

続きを読む

薬剤師におすすめの勉強方法とは?派遣研修について調べてみた!

せっかく薬剤師資格があるのだからそれを活かして仕事をしたいけれど、新卒による経験不足や子育てによるママ薬剤師の長年のブランクが気がかりで薬剤師としての仕事探しに一歩を踏み出せないという方もたくさんいらっしゃるのではないで…

続きを読む

薬剤師は正社員、パートより派遣がおすすめな理由まとめ

■目次 1,薬剤師は正社員やパートより派遣の方が自由? 2,正社員をやめて、ブランクが長いのだけど、派遣は始められる? 3,派遣で働く場合と、正社員、パートで働く場合の仕事内容って違うの? 4,派遣薬剤師には、どのような…

続きを読む