産休も取れる!女性薬剤師が派遣で働くメリット・デメリットと時給相場

薬剤師の派遣は高時給で柔軟に働けるって聞くけど、実際はどうなの?
デメリットは何があるの?

派遣という働き方に興味はあっても、「高時給なのには何かウラがあるんじゃないか」と思っていませんか?ここでは、「地域ごとの実際の給料相場」や「派遣がどれくらい柔軟に働けるのか」について、そして派遣で働くことの多いママ薬剤師の「派遣で働くメリット、デメリット」まで、派遣薬剤師のホンネをお伝えします。

派遣薬剤師の一番の魅力は高時給!ただし地域格差に注意

派遣をやったことはなくても、「派遣薬剤師は高時給」という漠然としたイメージは持っていませんか?

そうはいっても、「パートと比べてどれくらい違うのか」「正社員よりも稼げることはあるのか」といったことがわからないと、なかなか違いを感じることができないと思います。派遣薬剤師として働くと実際にどれくらいの収入を得ることが出来るのか、具体的な数字でみていきたいと思います。

派遣

平成28年の賃金構造基本統計調査によると、薬剤師の平均年収は533万円となっています。ただ、これはあくまで全体の平均年収で、当然男女や年齢によって年収は変わってきます。それだけでなく、薬剤師の給与は地域差が大きいという特徴があります

一般的な職業では東京など都市部の給料が高くなりますが、薬剤師の場合は地方の方が都市部より高く、都道府県によっては最大で年収250万円近い差が見られます。地方では都市部に比べて薬剤師が不足しているため、薬剤師の需要が高くなり、それが年収にも反映されているのです。

これは、正社員に限った話ではありません。派遣でも、どの地域で働くかによって時給は変わってしまいます。具体的な相場としては、下記の表のようになっています。

都市部 時給2,200~3,300円
地方都市 時給2,300~3,600円
地方の都市部以外 時給3,000~4,500円

都市部でも十分に高い時給ですが、地方で働くとさらに高い時給で働くことができるんですね。

では、これを年収換算するといくらになるのでしょうか。
例えば都市部、時給2,800円ででフルタイムで1年間働いた場合の年収相場は、
2,800円×8時間×20日×12ヶ月=5,376,000円となります。
派遣では正社員のようにボーナスは出ませんが、これだけ高時給で働くことができれば、正社員と同じくらいの収入になることがわかりますね。地方で働けば更なる高収入も期待できます。

一方で、同じ地域での薬剤師のパートは派遣に比べて約500円時給が下がるといわれていますので、同じ条件でパートで働くと
2,300円×8時間×20日×12ヶ月=4,416,000円となり、派遣とは実に100万円近い差が出てきてしまうことになります。

また、派遣では扶養の範囲内で少しだけ働きたいと考えている人も多くいらっしゃいます。実際に扶養の壁といわれる103万円を稼ぐために、どれくらい働けばいいのかも考えてみましょう。

先ほどと同じく都市部で時給2,800円で働いた場合で計算をしてみると、週7~8時間の勤務だけで年間103万円の収入になります。パートで時給2,300円で働いた場合では、週9~10時間の勤務が必要になります。同じ額を稼ぐために派遣ではこれだけ短い時間の勤務で済みますので、家庭やプライベートを大切にしながら働くことができますよね。

派遣は高時給な働き方ですが、その中でも地域差があり、都市部よりも地方の方が高くなる傾向にあるということを覚えておきましょう。

派遣薬剤師は柔軟な働き方と残業がないこともメリット

ママ薬剤師 派遣 

派遣薬剤師のメリットは時給が高いことだけではありません。「残業なしで、自分が決めた時間だけ働くことができる」という派遣ならではの特徴があるのをご存知でしょうか。派遣は、決まった時間だけ働きたいという方には、最適の働き方なんです。

ではなぜ、派遣だけそのような働き方が可能になるのでしょうか。それは、派遣会社と契約を結ぶという、派遣ならではの雇用体系に関係があります。

派遣会社、派遣社員、派遣先企業の関係

派遣先を探す際は、初めに自分の希望する勤務条件を提示して、その条件にマッチする職場を探してもらいます。条件に合った派遣先が見つかった場合、派遣先の会社ではなく派遣会社と雇用契約を行います。ここが、正社員やパートと大きく異なる点です。勤務する曜日や時間についてしっかりと決めた上で契約を行いますので、「実際働いてみたら他の時間で働くよう強要された」ということもありません。

また、派遣会社の社員として働くため、本来の勤務時間を過ぎて残業をすることになったとしても、タイムカードで管理されてしっかり残業代が出されます。しかし、先ほどお伝えしたように派遣薬剤師は時給が高いので、派遣先の職場も出来るだけ残業をさせないようにしているところがほとんどです。

つまり、実際に残業を強いられることはありませんし、もし残業したとしてもしっかりその分の給料はもらうことができます。あまりに残業をさせられる職場であれば、派遣会社に相談すれば派遣先を変えてもらうことも可能です。

様々な事情で、残業をせず自分の好きな時間だけ働きたいと考えている人は多いと思います。しかし、正社員では「決まった時間だけ働く」ということはできませんし、パートでも職場によっては残業しなければならないことも多々あります。勤務地にもよりますが、例えば以下のような働き方も、派遣ならば可能になります。
派遣薬剤師は長期旅行と相性抜群

  • 保育園に預けている子供のお迎えのため、残業なしで働きたい。
  • プライベートの時間を確保したいので、残業なしにしてほしい。
  • 両親の介護があるため、週4日以下の勤務を希望
  • 自身の学校、習い事があるため、午後だけ働きたい。

このように、派遣はどのようなライフスタイルの方にも柔軟に対応できて、プライベートを圧迫することがありません。特に家族やお子さんの都合に合わせて働くことの多い女性薬剤師にとっては、曜日や時間が選択でき、残業の無い働き方ができるというのは大きなメリットですよね。特に「薬キャリエージェント」はママ薬剤師に向けたサポートが手厚いので女性に人気です。

派遣薬剤師のデメリットに対する2つの誤解と裏話!

ここまでで、「派遣には他にはないメリットがたくさんある」ということがわかりました。しかし、一方で派遣には「福利厚生がない」「契約が切れたら次が決まらないこともあり不安定」といったマイナスイメージをもたれることも多く、それが原因で派遣を躊躇している方もいるのではないでしょうか。

しかし、実際に働いてみると、薬剤師の派遣に関してはこれら2つのデメリットを感じることはほとんどありません。ここでは、派遣の誤解されがちなこれらのイメージの実態についてお伝えするとともに、実際にある本当のデメリットについてお伝えしたいと思います

誤解1:派遣薬剤師には福利厚生がない

第二章でお伝えしたように、派遣は派遣先の会社ではなく派遣会社と雇用契約を結んで働きます。つまり、福利厚生に関しても、派遣会社の制度が適用されることになります。

実は、今の派遣会社は福利厚生面がしっかり整備されている会社が多く、派遣だからといって福利厚生が受けられないということはほとんどありません。むしろ個人薬局などでは福利厚生が整っていないところも多く、場合によっては正社員よりもいい待遇で働くことができるんです。

福利厚生の内容は派遣会社によって変わってきますので、事前にしっかり調べておくことが大切です。しかし、多くの派遣会社では条件を満たせば有休はもちろん、育休・産休も取れますし、社会保険もしっかりしたものに入ることができますので、心配はいりません。例えば福利厚生が強みの「ファルマスタッフ」であれば継続して6ヶ月以上就業した場合、法定どおり有給休暇が付与されます。

誤解2:次の勤務先をなかなか紹介してもらえない

せっかく高時給の職場で働いていても、契約期間が終わってから次の職場をなかなか紹介してもらえないと、収入も不安定になりますしライフスタイルも乱れてしまいます。
派遣で一番不安に思うのは、こういった「将来への不安」だと思います。

しかし、現在のところ次の勤務先が見つからないということは、ほとんど起こっていません。薬剤師業界は人手不足が続いていて、それは派遣薬剤師にとっても例外ではありません。派遣薬剤師の需要は高く、派遣会社では派遣求人を多数保有していますので、大手の派遣会社に登録しておけば、派遣期間の終了にあわせて、次の就業先を紹介してもらえます。

ただし、あまりにこちらからの条件を厳しくしすぎるとなかなか決まらないこともあります。こちらが提示する条件にも多少幅を持たせながら、事前に派遣会社としっかり相談しておくのが良いでしょう。

このように、福利厚生や次の派遣先に関しては、派遣会社がしっかり対応してくれますので、こちらがデメリットに思うことはほとんどないでしょう。しかし、派遣薬剤師には人によってはデメリットに感じてしまう側面もあります。次のような考えの方は、派遣には向いていないため、他の働き方を考えた方が良いでしょう。

企業内でのキャリアアップを希望する方

派遣で働いていると、様々な職場を経験できるのでスキルアップを図れる反面、キャリアアップをすることはできません。もし今のうちから「将来はマネージャーになりたい」といったキャリアビジョンがあるのなら、初めから正社員として働くことをオススメします。

マネージメントをしたい方

派遣薬剤師が派遣先の調剤薬局で行うのは、簡単なピッキングや服薬指導が大部分になります。在庫管理などの店舗の運営に関する業務は、管理薬剤師などの正社員が行っていて、派遣薬剤師に任されることはほぼありません。そういったマネージメントに関心がある方も、派遣はやめて正社員で働いたほうが良いでしょう

ずっと同じ職場で働きたい方

派遣では、契約期間が切れる度に新しい職場に行くことになります。これまでとは違う薬を扱うことになりますし、その職場独自のルールもあったりします。それらをストレスに感じてしまう方にとっては、派遣で職場を転々とする働き方よりも、パートで同じ店舗で継続して働く方が良いのかもしれません。

派遣は、悪いイメージばかり先行してしまい、誤解されている面が多くあります。しかし、下記にあてはまる方、特に女性薬剤師にとっては、派遣は悪くない働き方といえます。
派遣薬剤師に向いている人

  • 子育てなどで、曜日や時間帯に制限がある人
  • プライベートを充実させたい人
  • とにかくお金を稼ぎたい人
  • さまざまな職場を経験して、将来的に開業などを考えている人

自分にどの働き方が一番向いているのか、派遣だけでなく、正社員やパートも含めてもう一度良く考えてみましょう

薬剤師専門の派遣会社はこう選べ!

自分に合った派遣会社を選ぼう」と思っても、薬剤師専門の派遣会社は山ほどあります。一つ一つ調べている余裕はないし、違いもわかりづらくて・・・と、なかなか決めきれない人も多いようです。

派遣会社を選ぶポイントとして、一番大事なことをお伝えします。それは、
実績があって求人数の多い派遣会社を選ぶ
ということです。特に、初めて派遣を始める方は、これだけしっかり抑えておけば問題ありません。

では、なぜ実績があって求人数の多い会社がいいのか、ご説明します。

派遣を続ける上で、最も避けたいのは「契約満了時に次の派遣先が見つかっていない」というケースです。次の派遣先がなかなか決まらないと、その期間は当然収入がゼロになってしまいます。継続して派遣を続けていくためには、条件に合った求人をスピーディーに紹介してもらう必要があるのです。

求人紹介においては、運営会社がしっかりしていて、派遣事業の実績が豊富な会社を選んでおけば、派遣の求人数も多く、スピーディーな対応が期待できます。そのような大手の会社であれば、よほど特殊な条件をつけている場合は別ですが、基本的には待たされることはほとんどありません。派遣会社選びは、その点を踏まえて考えておけば安心して仕事に取り組むことができますよ。

具体的にどの派遣会社がおすすめなのか気になる方は次の記事を参考にしてみてください。「薬剤師の派遣会社はこれを選べ!2018年決定版の比較ランキング


派遣の記事一覧

薬剤師の派遣会社はこれを選べ!2018年決定版の比較ランキング

「派遣で働きたいけど、派遣会社が多すぎて選べない…」 そんな悩みを解決しようとネットで調べても、多すぎる情報によってさらに混乱してしまう薬剤師も多いはず。そんなとき、高時給求人だけを求めて派遣会社を選んでしまうのは失敗の…

続きを読む

やさしい解説|薬剤師が「産休」「育休取得実績あり」の職場で働くためには

「将来子ども欲しいけど産休や育休って取れるのかな?」「条件が厳しくて取りづらい職場は困る…」 産休・育休制度を掲げている職場は多くありますが、実際の取得のしやすさとは必ずしも一致しない場合も。正社員だから育休を取ると言い…

続きを読む

派遣薬剤師に魅惑の職場?成長を続けるドラッグストア!

2009年に改訂薬事法が施行され、医薬品販売のハードルが下がり参入企業が増えるとともに、ドラッグストアなどで購入できる医薬品は第一類から第三類の三種類に分けられることになりました。その結果、第一類医薬品に分類される医薬品…

続きを読む

【月5万増】薬剤師単発派遣ガイド|始める条件や求人の探し方を紹介

「あと数万円お給料が高かったらなあ…」 「ワケあって短期間だけ働きたい」 そんな薬剤師さんにオススメしたいのが、単発・スポット派遣という働き方です。2~3日といった短期間、不定期で働けるため、気軽に収入アップできると人気…

続きを読む

薬剤師がダブルワークを始めるには?単発派遣・バイト求人の探し方やデメリットも

2016年に厚生労働省は、それぞれの企業が就業規則を作成する際に参考にする「モデル就業規則」において、兼業・副業を容認する様式に改めることを発表しました。 薬剤師にとっても、この流れは無視できません。しかし、実際にダブル…

続きを読む

離島薬剤師の求人を探すには?年収やデメリット、業務内容も

離島薬剤師とは文字通り、離島で働く薬剤師のことです。都会から離れた場所での生活を余儀なくされるため、多くの人は多少給料相場が高くてもそれを仕事とするのはためらってしまうのではないでしょうか。一方で、都会の喧騒から離れた生…

続きを読む

【完全版】派遣薬剤師のデメリットと対処法をすべて教えます

時給も高く、時間にも融通がきくなどライフスタイルに合わせた働き方が可能な派遣薬剤師。一方で、「雇用が不安定」「スキルが積めない」などのデメリットがあるのも事実です。それを知らずに派遣の道を選んでしまうと、大変なことに…。…

続きを読む

派遣薬剤師の時給相場は3000円。今すぐ収入を増やす方法とは?

高い時給でプライベートな時間も確保しながら働ける派遣薬剤師。なかには時給5,000円といった驚きの求人も存在します。この記事では派遣薬剤師の時給の相場や、時給が高い理由など派遣薬剤師の実態を徹底調査。高時給派遣の求人に出…

続きを読む

薬剤師におすすめの勉強方法とは?派遣研修について調べてみた!

せっかく薬剤師資格があるのだからそれを活かして仕事をしたいけれど、新卒による経験不足や子育てによるママ薬剤師の長年のブランクが気がかりで薬剤師としての仕事探しに一歩を踏み出せないという方もたくさんいらっしゃるのではないで…

続きを読む

薬剤師は正社員、パートより派遣がおすすめな理由まとめ

■目次 1,薬剤師は正社員やパートより派遣の方が自由? 2,正社員をやめて、ブランクが長いのだけど、派遣は始められる? 3,派遣で働く場合と、正社員、パートで働く場合の仕事内容って違うの? 4,派遣薬剤師には、どのような…

続きを読む