こんな薬剤師は派遣を選ぶな!時給相場メリット・デメリット総まとめ

「派遣薬剤師は高時給!」
「勤務時間も短く家庭重視の薬剤師に最適!」

派遣薬剤師の求人情報には魅力的な言葉が並んでいますよね。思わず派遣で働きたくなりますが、ちょっと待ってください。薬剤師のなかには派遣を選んではいけない人もいるのです!

この記事を読めば、自分が派遣に向いているのか、向いていないのか判断できるようになっています。また、派遣薬剤師のあらゆる情報をまとめてありますので、派遣を検討している薬剤師はぜひ最後までお読みください。

「派遣に向いているかどうか?」の前に、派遣薬剤師という働き方の基本をおさらいしておきましょう。

収入はどれくらい?福利厚生は?残業は?そんな疑問も解決するはずです。

派遣薬剤師の一番の魅力は「驚きの高時給」

「派遣薬剤師は高時給」というイメージはあるものの、具体的な時給や年収などはなかなか見えにくいものです。

そこで、派遣薬剤師として働くと実際にどれくらいの収入を得ることができるのか、具体的な数字をみていきましょう。

派遣は正社員よりも稼げる?

派遣薬剤師のリアルな収入は?

派遣薬剤師の年収額を「ガッツリ働く」「少しだけ働く」の2パターンでシミュレーションしてみました。
派遣薬剤師の年収シミュレーション厚生労働省が調査した薬剤師の平均年収は533万円です。それと比べても「思ったより高給」と言えるのではないでしょうか。つまり、派遣という働き方を選べば薬剤師の平均年収額を上回る収入を得られるのです。

時給の高い地方で働けばさらに収入がアップし、正社員をはるかに超える収入も夢ではありません。

では、パート薬剤師の収入は?

派遣と同様「非正規雇用」となるパートが気になっている薬剤師もいるでしょう。しかし、パートは派遣に比べ収入が激減してしまいます。具体的には、同地域で派遣に比べて約500円時給が下がると考えておきましょう。年収シミュレーションは以下の通りです。パート薬剤師の年収シミュレーションパートの年収は442万円となり、派遣より100万円近く下がってしまいます。

    派遣薬剤師の収入まとめ

  • 派遣薬剤師は働き方次第で正社員よりも稼げる!
  • パートも良いが派遣に比べて収入が大幅にダウンする

派遣薬剤師なら柔軟な働き方ができて残業もゼロ!

派遣薬剤師のメリットは時給が高いことだけではありません。「残業なしで、自分が決めた時間だけ仕事する」という誰もがうらやむ働き方ができるのです。

「決まった時間だけ働く」ことがもたらすメリット

派遣は自分の好きな時間だけ働けます。それにより、以下のような働き方も実現できるでしょう。

派遣薬剤師は定時で帰れるのでママでも大丈夫 

  • 保育園に預けている子供のお迎えのため、残業なしで働きたい
  • プライベートの時間を確保したいので、残業なしにしてほしい
  • 両親の介護があるため、週4日以下で働きたい
  • 自身の学校、習い事があるため、午後だけ働きたい

残業をお願いされることもある?

退勤時間になっても患者が長蛇の列を作っている、といった時には経営者や上司から「残業をしてほしい」と依頼されることもあるかもしれません。受けるか受けないかは自由ですが、もし残業をしたのなら残業代がしっかり支給されます。

現実的には派遣薬剤師は時給が高く、経営側としてはあまり残業をさせたがりません。万が一残業が多く、それに不満を感じるなら、派遣会社に相談しましょう。派遣先を変えてもらえるはずです。

とにかく派遣は女性薬剤師におすすめ!

派遣はあらゆるライフスタイルにも柔軟に対応でき、プライベートを圧迫することがありません。特に家族の都合に合わせて働く女性薬剤師にとっては、曜日や時間が選択でき、残業なしで働けるのは大きなメリットですよね。

特に「薬キャリ」はママ薬剤師に向けたサポートが手厚いので女性に人気です。

派遣薬剤師のデメリットに対する3つの誤解と裏話!

派遣薬剤師の裏話

ここまで派遣薬剤師のメリットを紹介しました。派遣に興味がわいたという薬剤師もいるでは?

その一方で「派遣は福利厚生がないんでしょ?」「契約が切れたら次が決まらないこともあり不安定なのでは?」といったマイナスイメージがつきまとうことも事実です。

ここでは、そんな誤解を一つずつ紹介し、実態を探っていきます。

誤解1:派遣薬剤師には福利厚生がない

結論からいうと、これは誤解です。派遣薬剤師は派遣先の会社ではなく派遣会社と雇用契約を結んで働きます。つまり、福利厚生に関しても派遣会社の制度が適用されるのです。しかも最近の派遣会社は福利厚生面が充実しており、質の高い福利厚生を受けられます。

派遣薬剤師は福利厚生完備

とうぜん社会保険も整備され、有休はもちろん、育休・産休も取れます。心配せずに派遣に登録しましょう。

たとえば「ファルマスタッフ」であれば継続して6ヶ月以上就業した場合、法定どおり有給休暇が付与されます。

誤解2:次の勤務先をなかなか紹介してもらえない

派遣のデメリットとして「契約期間が切れる」という点が挙げられます。せっかく高時給の職場で働いたとしても、契約が切れて次の職場をなかなか紹介してもらえなければ意味がありません。

派遣で一番不安に思うのは、こういった「将来への不安」のはず。

しかし、次の勤務先が見つからないということは、ほとんど起こっていません。薬剤師業界は人手不足が続いており、派遣薬剤師の需要は依然高い状況です。企業側もノドから手が出るほど薬剤師が欲しがっており、派遣会社も派遣求人を多数保有しています

大手の派遣会社に登録しておけば、派遣期間の終了にあわせて、次の就業先を紹介してもらえます。心配はいりません。安心して派遣で働いてください。

時給3500円以上で保険あり、あとは同世代が多いとこ!

誤解3:職場で派遣への風当たりが強い

いわば職場の人間関係に対する不安ですね。これは職場によって千差万別です。人間関係の良い職場で働きたいなら「派遣に冷たい職場」を前もって回避するしかありません。そこで頼りになるのが派遣会社のエージェントです。

派遣会社のエージェントは、必ずクライアントである調剤薬局やドラッグストアに足を運んで打ち合わせをしています。その際に「人間関係が悪そうだな」「ママ薬剤師へのフォロー体制が整っているな」など、プロの目で職場の雰囲気を見ています

コンサルタントはプロの目で職場の雰囲気を見ている

それを前もって教えてもらい、可能な限り人間関係が良い職場を紹介してもらえばいいのです。特に大手派遣会社ならエージェントの能力が高いので、より正確な情報を入手できるでしょう。

大手の派遣会社を比較してみる

こんな薬剤師は派遣を選んではいけません

ここまで紹介したように、派遣はメリットが多い魅力的な働き方です。しかし仕事へのスタンスや考え方によっては向いていない薬剤師もいます。もし、あなたが以下で紹介する「派遣を選んではいけない人」に該当するなら、正社員やパートなど他の働き方をおすすめします。

派遣薬剤師を選んではいけない人

派遣薬剤師に向いていない人

  • 企業内でのキャリアアップを希望している
  • マネジメントをやりたい
  • ずっと同じ職場で働きたい

企業内でのキャリアアップを希望している

派遣は様々な職場を体験できるのでスキルアップはできますが、出世やキャリアアップはできません。もし今のうちから「将来は管理職になりたい」「管理薬剤師になりたい」といったキャリアビジョンがあるのなら、はじめから正社員として働きましょう。

マネジメントをしたい

派遣薬剤師がまかされる仕事は、簡単なピッキングや服薬指導がほとんどです。店舗運営や人材育成などは正社員が担当し、派遣薬剤師にまかされることはほぼありません。管理職やマネジメントに関心がある方は、派遣を断念して正社員で働くべきです

ずっと同じ職場で働きたい方

派遣は、契約期間が切れるごとに新しい職場で働くことになります。扱う薬も変わりますし、職場独自のルールも変わるでしょう。それらにストレスを感じるなら、正社員もしくはパートで働くべきです。

派遣薬剤師を選んだ方がいい人

逆に、以下に当てはまるなら派遣薬剤師を選ぶべきです。

派遣薬剤師に向いている人

  • ママ薬剤師なので働ける日時などに制限がある
  • プライベートを充実させたい
  • とにかくお金を稼ぎたい
  • 多くの職場を経験して、独立開業などを考えている

ママ薬剤師なので働ける日時などに制限がある

これは派遣のメリットを最大に享受できるシーンです。子育てだけでなく、家庭を重視したい、親の介護をしたい、という薬剤師にとって時間に融通のきく働き方は魅力的ですよね。しかも薬剤師なら一般職とは比較にならないほどの高給を約束されているのです。

プライベートを充実させたい

派遣は「仕事よりも趣味を充実させたい」という薬剤師にも向いています。しっかり働きしっかり遊ぶ、というぜいたくな働き方ができるのです。これも薬剤師が売り手市場で、時給が高いからできる働き方です。

とにかくお金を稼ぎたい

派遣は高時給で働けるので「とにかくお金を稼ぎたい!」という薬剤師に向いています。上の項目では週5日8時間勤務で計算しましたが、どうしてもお金がほしいのなら勤務時間を増やしたり、残業を積極的にこなすことも視野に入れましょう。

多くの職場を経験して、独立開業などを考えている

派遣は契約が終了すれば次の職場に移ることになります。これはデメリットとして紹介しましたが、「様々な職場を見ておきたい」と考える薬剤師にとってはむしろメリットといえます。独立開業を目指している場合なども有意義な勉強ができるはずです。

どの働き方が自分にもっとも向いているのか、派遣だけでなく、正社員やパートも含めてもう一度良く考えてみましょう。

派遣会社選びで押さえたい、たった1つのポイント

ここまでの説明を読んで「派遣の魅力は理解したけど、派遣会社をどう選んでいいかわからない…」という方もいるでしょう。確かに、薬剤師専門の派遣会社は山ほどありますし、すべてを調べる余裕はありませんよね。

そんなあなたに、派遣会社を選ぶたったひとつのポイントをお教えします。それは
実績があって求人数の多い派遣会社を選ぶ
という点です。

理由としては「契約満了時に次の派遣先が見つかっていない」というケースを避けるためです。次の派遣先がなかなか決まらないと、その期間は収入がゼロになってしまいます。これは派遣という働き方が持つ最大のリスクです。

それを回避し、継続して派遣を続けていくためには、条件に合った求人をスピーディーに紹介してもらう必要があるのです。

契約期間が切れても求人保有数が多い大手なら安心

だからこそ、運営会社がしっかりしていて、派遣事業の実績が豊富な会社を選ぶべきなのです。派遣の求人数も多く、スピーディーな対応で不安も解消されますよ

     

おすすめの派遣会社 派遣求人数 高時給 ママ向け
薬キャリ
6500
  • 大手エムスリーキャリアが運営。「薬剤師が長期的に安心して就業できる環境づくり」をモットーに、手厚い社会保険や福利厚生を用意。
  • 3ヶ月の就労期間で産休・育休が取得可能なのでママにおすすめ(他社は6ヶ月が多い)。

登録はコチラ

ファルマスタッフ 5600
  • 日本調剤グループが運営しており、調剤薬局やドラッグストアの求人に強い!
  • 時給4000円以上の高時給単求人を多数保有。

登録はコチラ

ヤクジョブヤクジョブ 8000
  • さくら薬局を展開するクラシス株式会社が運営。
  • 単発派遣のスポット求人が豊富!単発で働くならココ!

登録はコチラ

より詳細な派遣会社の比較が気になる方は次の記事を参考にしてください。「薬剤師の派遣会社はこれを選べ!2018年決定版の比較ランキング

派遣薬剤師なんでもQ&A

Q.扶養の範囲内で働くことは可能ですか?

はい可能です。

実際に扶養の壁といわれる103万円に抑えるために、どれくらい働けばいいのか考えてみましょう。前述のシミュレーションと同様、都市部で時給2,800円で働いた場合で計算をしてみると、週7~8時間の勤務だけで年間103万円の収入になります。

パートで時給2,300円で働いた場合では、週9~10時間の勤務が必要になります。派遣なら、同じ額を稼ぐのに短い勤務時間で済みます。家庭やプライベートを大切にする薬剤師には、やはり派遣がおすすめです。

Q.薬剤師は東京より地方のほうが稼げる?

実は薬剤師の収入は住んでいる地域によっても大きな差が出ることをご存知でしょうか。

一般的な職業では東京や大阪など都市部の給料が高くなりますが、薬剤師の場合は逆です。地方は薬剤師不足に苦しんでおり、高給を提示して人材を確保しています。それは正社員のみならず派遣も同様で、時給相場は以下の通りです。

地域別にみた薬剤師の時給相場

都市部 2,200~3,300円
地方都市 2,300~3,600円
地方の都市部以外 3,000~4,500円

都市部でも十分に高い時給ですが、地方で働くとさらに高い時給で働くことができるんですね。

Q.なぜ派遣は時間に融通がきくの?

派遣薬剤師は、実際に働く職場ではなく、派遣会社と雇用契約を結んでいます。派遣薬剤師はあくまで「派遣会社に雇われている」ということになり、職場はあくまでサービスを提供する「場所」という言い方もできます。

派遣会社、派遣社員、派遣先企業の関係

だからこそ、派遣会社と「10時〜16時までの勤務」「残業なし」「週に4日」という契約を結んだのなら、それさえ守れば契約は100%守っている形になります。職場もそれをよく理解しているので「実際働いてみたら他の時間で働くよう強要された」「残業を強制された」ということもありません。

Q.派遣を始めるまでの流れは?

派遣が初めての方は「何から始めていいかわからない」という方がほとんどでしょう。そこで、派遣薬剤師として働き始めるための一連の流れをまとめました。働き始めるまでのイメージをつかんでください。

派遣会社の選定

まずは派遣会社選びから始めましょう。「どこに登録しても同じじゃないの」と思われるかもしれませんが決して甘く見てはいけません。派遣会社によって紹介される求人の量、質も変わってきますし、働いてからの福利厚生制度や、フォロー体制もかなりの差があります。
しっかりと派遣会社について調べたうえで登録しましょう。

派遣会社の担当者と面談

派遣会社に登録すると担当のエージェントから連絡が入ります。希望する勤務地や条件についてしっかりと伝えておきましょう。また「保育園に通っている子供がいる」「5年間ブランクがある」といった点をあらかじめ伝えておけば、子育てに理解のある職場、未経験やブランクありでも歓迎の職場などを紹介してもらえます。

求人紹介

希望条件をもとに、早ければ即日で条件にマッチした求人を紹介してもらえます。遠慮なくエージェントに自分の希望を伝えましょう。職場選びは妥協してはいけません。

雇用契約

派遣先を決めたら、派遣会社と雇用契約を結びます。派遣先の雇用条件や、福利厚生、各種制度など改めて説明を受けます。大事なポイントなので疑問点があったらすぐに質問しましょう。

業務スタート

手続きが終われば、いよいよ仕事が始まります。

アフターケア

派遣会社との関係は、働き始めてからも続きます。アフターケア体制が整っている会社なら、相談すればコンサルタントがサポートをしてくるでしょう。また、研修などで就業中のスキルアップを支援してくれる会社もありますので、有効に活用しましょう。

Q.派遣で働くママ薬剤師の一日ってどんな感じ?

派遣薬剤師はどのような一日を過ごしているのでしょうか。ママ薬剤師を例に挙げ、一日のスケジュールを見てみましょう。

派遣で働くママ薬剤師のスケジュール

一日のスケジュールの中で、派遣ならではのメリットをピックアップしてみました。

  • 16時 退勤 子どもを迎えに保育園へ
  • 派遣なら閉局まで仕事をする必要はありません。子ども優先で早めに退社できます。

  • 20時 夫が帰宅 夕食準備、後片付けなど
  • 仕事から帰ってきた夫を温かい料理で迎えることができます。

  • 21時 子どもとお風呂、一緒に遊んだりする家族の時間
  • 家事が終わったら家族の時間です。子どもと一緒に遊ぶ癒やしの時間ですね。子どもが寝たら読書など趣味にふけるのもいいでしょう。

派遣薬剤師は子どもと過ごす時間が長い!

いかがでしょうか。正社員薬剤師がこのスケジュールを見たら「うらやましいな…」と思うはずです。派遣薬剤師は残業の必要もなく、過剰に仕事をまかされることもありません。日々ストレスを感じずに、家庭やプライベート優先で働けるのです。

特に、子どもと過ごす時間が増えるのはとても意味のあることです。子どもが大きくなるのはあっという間です。一緒に遊べる時間はかけがえのない宝ですから、大事にしたいですよね。

薬剤師におすすめの派遣会社の比較はこちら


派遣の記事一覧

【本当は教えたくない】薬剤師派遣で高時給を得るための方法3つ

「派遣薬剤師は高時給で働くことができる」という話は、薬剤師をしていると耳にしたことがあるかと思います。 実際、パートで働くよりも高い時給で働くことができるのですが、「今より高い時給で働けないのかな」「次の契約の時も同じよ…

続きを読む

【月5万増】薬剤師単発派遣ガイド|始める条件や求人の探し方を紹介

「あと数万円お給料が高かったらなあ…」 「ワケあって短期間だけ働きたい」 そんな薬剤師さんにオススメしたいのが、単発・スポット派遣という働き方です。2~3日といった短期間、不定期で働けるため、気軽に収入アップできると人気…

続きを読む

薬剤師の派遣会社を12社徹底比較!2018年版おすすめランキング

「派遣で働きたいけど、派遣会社が多すぎて選べない…」 そんな悩みを解決しようとネットで調べても、多すぎる情報によってさらに混乱してしまう薬剤師も多いはず。そんなとき、高時給求人だけを求めて派遣会社を選んでしまうのは失敗の…

続きを読む

やさしい解説|薬剤師が「産休」「育休取得実績あり」の職場で働くためには

「将来子ども欲しいけど産休や育休って取れるのかな?」「条件が厳しくて取りづらい職場は困る…」 産休・育休制度を掲げている職場は多くありますが、実際の取得のしやすさとは必ずしも一致しない場合も。正社員だから育休を取ると言い…

続きを読む

派遣薬剤師に魅惑の職場?成長を続けるドラッグストア!

2009年に改訂薬事法が施行され、医薬品販売のハードルが下がり参入企業が増えるとともに、ドラッグストアなどで購入できる医薬品は第一類から第三類の三種類に分けられることになりました。その結果、第一類医薬品に分類される医薬品…

続きを読む

薬剤師がダブルワークを始めるには?単発派遣・バイト求人の探し方やデメリットも

2016年に厚生労働省は、それぞれの企業が就業規則を作成する際に参考にする「モデル就業規則」において、兼業・副業を容認する様式に改めることを発表しました。 薬剤師にとっても、この流れは無視できません。しかし、実際にダブル…

続きを読む

離島薬剤師の求人を探すには?年収やデメリット、業務内容も

離島薬剤師とは文字通り、離島で働く薬剤師のことです。都会から離れた場所での生活を余儀なくされるため、多くの人は多少給料相場が高くてもそれを仕事とするのはためらってしまうのではないでしょうか。一方で、都会の喧騒から離れた生…

続きを読む

【完全版】派遣薬剤師のデメリットと対処法をすべて教えます

時給も高く、時間にも融通がきくなどライフスタイルに合わせた働き方が可能な派遣薬剤師。一方で、「雇用が不安定」「スキルが積めない」などのデメリットがあるのも事実です。それを知らずに派遣の道を選んでしまうと、大変なことに…。…

続きを読む

派遣薬剤師の時給相場は3000円。今すぐ収入を増やす方法とは?

高い時給でプライベートな時間も確保しながら働ける派遣薬剤師。なかには時給5,000円といった驚きの求人も存在します。この記事では派遣薬剤師の時給の相場や、時給が高い理由など派遣薬剤師の実態を徹底調査。高時給派遣の求人に出…

続きを読む

【裏話】派遣薬剤師の年収ってどれくらい?8割が知らない給与の罠

「派遣薬剤師は高時給で働くことができる」というのは、薬剤師として働いているとよく耳にすることがありますが、実際にどれくらいの年収をもらえるものなのでしょうか。 また、派遣をするにはしっかりポイントを押さえておかないと、「…

続きを読む