薬剤師の転職で絶対に失敗しないための3つのコツ|紹介会社の選び方

薬剤師が転職サイトを選ぶコツ3つ

「転職したいけど、年収が下がるのはイヤだな…」「今より条件が悪くなるのは絶対避けたい!」

これは当然のことですよね。どうせ転職するのなら、条件が悪化するのは絶対に避けたいものです。とはいえ具体的な方法は見えず「どうしていいかわからない」という薬剤師がほとんどでしょう。

この記事では、薬剤師が転職に失敗しないために、そして理想の転職を果たすためのコツをわかりやすく説明しています。

1.転職すべき?続けるべき?

薬剤師が転職するか残るか迷っている

転職活動は、精神的にも肉体的にも大きなエネルギーを使います。
仕事探しはもちろん、履歴書などの書類作成、面接対策、そして今働いている会社にどう納得してもらうか、といったことまで気を回さなければなりません。
それだけ努力しても、理想的な職場に転職できるとは限らないのです。「転職せずに元の職場にいればよかった…」と後悔してしまうケースもあるでしょう。

なんとなく「転職しようかな…」という考えがちらつき始めたら、まず転職が本当に今の自分に必要なのか、良く考えてみましょう。
まずは、自分の転職理由が「今の職場にとどまった方が良いケース」なのか、「転職を検討した方が良いケース」なのかを冷静に判断しなければなりません。判断方法について詳しく見ていきましょう。

1-1.今の職場にとどまった方が良い場合

まず、今の職場にとどまった方が良い場合についてみていきます。
以下のようなケースでは、転職しても後悔することが多いので注意が必要です。

(1)転職理由が明確になっていない

「今の職場、なんとなく嫌だなあ…」という漠然とした考えで転職することはおすすめしません。
「どんな点に不満があり、どんな職場(条件)ならその不満が改善されるのか」が明確でないと、転職活動を円滑に進めることはできません。転職活動最大の山場である面接でも、明確な理由や改善策がなかったら面接官に熱意が伝わりません。

「なんとなく」で転職すると、入社してから「こんなはずじゃなかった…」と後悔し、同じことを繰り返すはずです。
今の職場で何が不満なのか、なぜ転職したいのかを自分に問いかけ、明確にしておきましょう。

(2)理想が高すぎる

転職を考える時、だれもが希望条件をイメージするものです。年収や労働時間、通勤時間などの条件面、さらには自分の描くキャリアが積めるかどうか、など人によって様々です。

しかしそれが「現実離れ」していないか、もう一度考えてみてください。
たとえば「年収が今の2倍欲しい」「同僚、上司、ドクターそして患者も良い人ばかりでストレス知らず」といった職場を希望するのなら、冷静に周囲の薬剤師がどんな条件や環境で働いているのかを見渡してみましょう。

高すぎる理想を掲げて転職活動を始めても、結局仕事が見つからずに終わってしまうはずです。

1-2.転職を検討した方が良い場合

続いて、転職を検討した方が良い場合についてみていきます。
もしあなたが以下の理由で転職を考えているのなら、それは正しい判断です。積極的に転職活動を始めるべきでしょう。

(1) 現在の職場では得られるスキルに限界がある

ひとつの職場で得られるスキルには限界があります。当然、自分が思い描くキャリを実現するのも難しくなってくるでしょう。
自分の理想とする薬剤師のビジョンがはっきりし、今の職場でそれが実現できないと確信しているのであれば、なるべく早く転職すべきです。

また、薬剤師を続けていくうちに仕事への意識が変わり、キャリアチェンジをしたくなることもあるでしょう。そんなときは「今の職場で、なりたい自分になれるか」と自分に問いかけ、答えが「NO」であれば少しでも早く転職活動を始めましょう。

(2)職場の人間関係に悩んでいる

薬剤師は人間関係の悩みが多い職業です。特に調剤薬局であれば逃げ場もなく、常にストレスを抱えた状態で仕事を続けている、という薬剤師も多いでしょう。

そんな時には、心機一転職場を変えるのが有効です。「仕事はつらいもので、悩みながら向き合うもの」と考える人が多いですが、それは誤りです。
どうせ働くなら、笑顔のある職場、気の合う仲間がいる職場でのびのび働く方がいいですよね。

一方で、「なんとなくあの人が嫌だな」といった漠然とした理由での転職はおすすめできません。同じことの繰り返しになってしまうでしょう。

ほかにも、「忙しくて体力的に厳しくなった」など、自分のやる気や体調に支障をきたすような理由があれば、より良い環境に転職することを考えてみて下さい。

このように「転職することで今までにないプラスの要素がある」「今までマイナスだった要素がなくなる」ことが明らかであれば、転職を本格的に考えてみましょう。

2.失敗しない薬剤師の転職方法は?

転職すべきかどうか、イメージはつかめたでしょうか?続いては転職するための具体的な方法を考えていきましょう。

薬剤師が転職するためには、大きく分けて3つの方法があります。

  • 転職サイトの利用
  • 知人・友人からの紹介
  • 個人活動(ハローワークなど)

薬剤師が活用する転職方法の割合

やはり目を引くのが転職サイトの利用割合です。実に7~8割の薬剤師が転職サイトを活用して理想的な転職を果たしています。
一方で知人からの紹介や個人活動で転職する割合は2~3割ほどで、転職サイトに比べるとかなり少ない割合です。

転職サイトを使えば労力や精神的な負担を減らし、しかも良質な求人を豊富に紹介してもらえます。活用する薬剤師が多いのも当然と言えるでしょう。

ほとんどの薬剤師が転職サイトを使う理由とは?

転職サイトに登録するとコンサルタントから求人情報を提供してもらえます。
しかも受けられるメリットはそれだけではありません。履歴書の添削や面接対策、年収などの条件交渉なども無料で行ってくれます。転職経験が少なく、不安のある方にとってプロからのアドバイスはありがたいですよね。

一方で、転職サイトの存在は知っているけど、たくさんありすぎてどれを選んでいいかわからない、という方も多いのでは?
そこで注意したいのが「転職サイトなんでどれでも一緒でしょ?」「テキトウに選んじゃおう」という考え方です。

なぜなら、転職サイトはそれぞれ強みが異なるので、自分の希望によって使い分けるべきなのです。調剤薬局を希望するなら、調剤薬局の求人が豊富でノウハウもある、という転職サイトを選ばなければなりません。
でないとミスマッチを起こし、理想的な転職を果たすどころか「転職に失敗した…」ということも起こってしまいます。

次の項目ではそんな失敗事例を紹介していきます。

3.薬剤師のぶっちゃけ体験談

転職に失敗した、という薬剤師が口をそろえて言うのが「イメージと現実がぜんぜん違う…」「前の職場のほうがマシだった…」という言葉です。

その原因として意外と多いのが「転職サイト選びを間違った」ことなのです。ここでは、そんな事例を3つ紹介します。 転職サイト選びがいかに重要か理解できるはずです。

3-1.選択肢が少なく条件を妥協したケース

女性のアイコン30代女性

妥協して中堅クラスの病院へ転職

病院で働いていましたが、診療科目が少ないこともあり、やりがいを感じられなくなっていました。そこで30歳を機に総合病院への転職を考え、転職サイトに登録しました。
しかし総合病院は人気があり、半年たっても希望の求人は見つかりません。結局、妥協して中堅クラスの病院への転職することに。
しばらく経って、同時期に転職を考えていた友人から、総合病院へ転職できたと報告を受けました。私の時はタイミングが悪かったのか、転職サイト選びが悪かったのか…。もう少し辛抱して転職活動を続けるべきだったかなと後悔しています。

アドバイス

Aさんの失敗は、「探し方が悪かった」ことに尽きます。「転職サイトを使ったのに、探し方が悪いってどういうこと?」と思うかもしれませんが、転職サイトも選び方を間違えれば意味がないのです。
Aさんの場合は「総合病院の求人に強い転職サイトを選ばなかったこと」が転職失敗の大きな原因と言えるでしょう。

転職する際は、登録転職サイトが「希望の職場、雇用形態の求人を豊富に持っているか」を入念に確認すべきです。

3-2.人間関係など、転職後のギャップに悩まされたケース

男性のアイコン20代男性

求人情報をアテにしたのが間違いでした

調剤薬局への転職を考えて転職サイトに登録し、すぐに希望の条件と合致した求人があったため応募しました。
求人情報には「アットホームな職場」と書かれていたため、特に職場の雰囲気については心配せず、いただいた内定を受けて転職を決めたのですが、それが後悔の始まりでした…。

実際に働いてみると、管理薬剤師は仕事を命令してばかりで自分から働かず、そのせいで職場の雰囲気も最悪でした。求人情報に書いてあることはアテにならないと痛感しました。転職したいですが、また人間関係に悩んだらどうしようと思い、踏み出せずにいます。

アドバイス

転職してから理想と現実ののギャップに悩んでしまうケースはよくあります。特に人間関係など職場の雰囲気については、求人情報を信じてしまうのは大変危険です。

このような失敗をなくすためには、やはり転職サイトの選び方がポイントになります。転職サイトによっては、コンサルタントが求人を出している職場に訪問して、雰囲気や人間関係を調査をしているところもあります。求人情報だけではわからない情報が入手できるでしょう。

3-3.転職を急いで失敗したケース

女性のアイコン30代女性

もっと吟味すれば良かった…

病院への転職を目指して転職サイトに登録しました。まずは「数を打たなきゃ」と求人が出ていたすべての病院に応募し、焦りもあってか最初に内定が出た病院に転職を決めました。
「本当にいいのかな?」と迷いもありましたが、コンサルタントの「こんな良い条件は他にない」という言葉に背中を押されてしまいました…。
待っていたのは後悔の日々です。今までの職場とは専門分野がまったく違うため知識が役に立ちません。おまけに、即戦力と見られているため質問もできず、ストレスもたまる一方です…。

アドバイス

Cさんの最大の失敗は「病院ならどこでも良い」と考え、他の条件をあまり考えなかった点にあります。業務内容などで少しでも不安に感じる点があればあらかじめコンサルタントに相談しておきましょう。

「あまり条件を並べすぎると求人がなくなってしまうのでは…」という不安もあるかもしれませんが、「聞くだけ聞いてみよう」のという気持ちで相談するべきです。

まとめ

これらの失敗は転職サイトを慎重に選べば避けられたはずです。自分の希望をはっきりさせて、それに見合った転職サイトを選ぶことが大切なのです。

また、ひとつの転職サイトに限定してしまうと、理想の転職先が見つかる可能性を狭めてしまいます。無理のない範囲でよいので、いくつかの転職サイトへの複数登録をおすすめします。

4.薬剤師の転職サイトは3つのコツで選ぶ!

転職先の企業については調べても、転職サイトについて調べた、という人は少ないでしょう。それだけ「転職サイトなんてどれも同じ」と考えている人が多いということですね。しかし、それでは自分の希望する転職は実現できません。

転職サイトを「なんとなく」で選んでしまうと理想の職場とは巡り会えません。以下3つのポイントを押さえ、自分にピッタリの転職サイトを見つけましょう。

  • 希望する職場の求人数が豊富な転職サイトを選ぶ
  • 職場のリアルを事前に把握して転職後のギャップを減らす
  • 自分が転職時に受けたいサポートを明確にしておく

この3点について、それぞれ詳しく解説していきます。

4-1.希望する職場の求人数が豊富な転職サイトを選ぶ
【職場×雇用形態の求人数】

薬剤師の働く職場は主に調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業の4つに分かれます。この中で、どの職場を希望するかで転職サイト選びが変わってきます。
たとえば、調剤薬局チェーンが運営している転職サイトなら調剤薬局の求人が豊富です。一方で、病院や製薬会社の求人数が多い転職サイトもあります。

つまり、希望する職場に強い転職サイトを的確に選べば、選択肢が大幅に増え、理想の転職先が見つかる可能性を一気にアップできるのです。
希望の求人が見つからず、妥協して後悔したという失敗も回避できるでしょう。

4-2.職場のリアルを事前に把握して転職後のギャップを減らす
【転職コンサルタントの条件交渉スキル】

職場の雰囲気や人間関係は、求人情報からうかがい知ることはできません。面接でも「対外的な顔」しかわかりませんから同様です。だからこそ転職してから人間関係で悩むことになる薬剤師が多いのです。

ではどうすればいいのでしょう?現場のことは、現場をよく分かっている人に聞くのが一番ですよね。転職サイトのコンサルタントは職場に足を運び、雰囲気を肌で感じ、プロの目で人間関係を見抜いています。より現場に近い立場からアドバイスを受けられるのです。
特に、自分が働きたい地域に事業所がある転職サイトでは、より詳細な情報も把握しています。首都圏や都市部以外の地域で転職を考えている方は、そのあたりも考えて転職サイトを選びましょう。

また年収やキャリアに関しても、転職前後でギャップに悩むケースが多いポイントです。「やりたい仕事だけど年収が低いな…」と悩んでいる場合は、年収アップを交渉してみましょう。それもコンサルタントが代行してくれます。交渉スキルの高いコンサルタントであれば、正当な評価を客観的に伝えてくれるので、うまく年収アップに導いてくれるはずです。

4-3.自分が転職時に受けたいサポートを明確にしておく
【受けられるサポート内容】

転職サイトは無料で様々なサポートを受けることができます。その内容は転職サイトによって異なりますので、事前にサポート内容をしっかり把握しておきましょう。

たとえば電話のみでのサポートを行なっている転職サイトがある一方で、実際にあ会って面談をするという転職サイトもあります。
電話のみのケースではスピーディーな転職活動が可能ですが、こちらの希望がうまく伝わらないこともあり得ます。
一方で面談のメリットとしては、時間をかけてこちらの希望を伝えられるという点です。「面談でゆっくりキャリア相談をしたかったのに、急かされて転職に失敗した…」という事態も防げます。

自分にはどういったサポートが向いているのかを考え、それに合った転職サイトを選びましょう。

まとめ

以上3つのポイントを押さえた上で、転職サイトを選んでみましょう。
自分に向いていると思う転職サイトが複数あって迷った場合は、大手の転職サイトを利用することをおすすめします。

小規模の転職サイトの中には、企業からの紹介報酬目的で強引に転職させるコンサルタントも多いのです。もちろんすべてがそうではありませんが、大手を選んでおけば心配がないのは事実です。

5.大手転職サイト人気ランキング!

ココファーマでは転職サイトに必ず必要な「キャリアコンサルタント」・「求人」の評価はもちろん、その転職サイトでしか得ることが出来ないメリット、魅力があるかどうかの観点からみた総合評価をランキング形式にしました。転職サイト選びの参考にしてみてください。

1位【薬キャリ】評価ポイントはココ!

  • ママ薬剤師向けの求人の検索ができる
  • 医師や調剤薬局経営者と強いパイプがある

ママ薬剤師向けの求人がある

「子育てがひと段落したから働きはじめよう」、「子どもが生まれるからパートに変えよう」
そのように考えているママ薬剤師さんにとって心強い味方となってくれるのが薬キャリです。

薬キャリは求人を検索するときに「ママ薬剤師にお薦め」・「産休・育休実績あり」といった条件で絞り込む機能がついています。検索機能があるだけでなくママ薬剤師を多く担当し、理解も深いコンサルタントが多く在籍しています。ここまでママ薬剤師に対してのサービスが充実しているサイトは薬キャリだけでしょう。

医師や調剤薬局経営者と強いパイプがある

エムスリー株式会社は医師や薬剤師を対象にキャリアサービスを行っています。20万人以上の医師が登録し、医療業界と非常に強いつながりがあります。そのため約40000件という求人量の多さに加え、他の転職サイトに在籍しているコンサルタントより詳しい情報を把握し、求人情報だけでなく医療情報なども教えてくれる点が、多くの薬剤師に好まれる点です。

1位薬剤師登録者数No.1 薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 薬剤師転職希望者登録数No.1、薬剤師登録数10万人以上
  • ママ薬剤師向け求人に絞って検索できるのは薬キャリだけ
  • 提携紹介会社数33社で薬剤師求人の圧倒的網羅率、年間就職者数約7200人

無料登録してコンサルタントに相談する

2位【マイナビ薬剤師】評価ポイントはココ!

  • 必ず対面で話を聞いてくれる
  • マイナビ薬剤師だけの職場カルテ(職場の調査)がある

絶対に面談をしてくれる

初めて転職をする人にとって、転職はとても不安ですよね。そんな薬剤師の不安や悩みを解消してくれるのがマイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師はサポート体制がしっかりしています。登録した薬剤師と必ず対面での面談を行い、キャリア相談や転職への不安、心配など何でも相談にのってもらえます。そのうえ面接対策や転職後のアフターフォローもしてもらえます。このような仕組みによってコンサルタントがあなたの本当の希望を知ったうえでアドバイスをしてくれます。また支店を全国に展開しているので、地方に住んでいても気軽に相談できます。もちろん忙しいという方は電話のみで対応してくれるコンサルタントも利用可能です。

マイナビ薬剤師だけの職場カルテがある

マイナビ薬剤師には「職場カルテ」があり、求人にのっている企業にコンサルタントが実際に訪問し、職場の雰囲気や人間関係など求人ではわからない内容を調査しています。転職者の希望に本当にあっている職場を紹介してくれるとともに、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することなく転職することが出来ます。

2位利用者満足度が5年連続No.1!マイナビ薬剤師

  • 面談重視で地方にも出張訪問、満足度5年連続No.1を獲得
  • 一人当たりの平均紹介求人数26.4件でトップクラス
  • 独自の求人管理システムで全国を網羅、駅チカ家チカ要望に対応

無料登録してコンサルタントに相談する

3位【ファルマスタッフ】評価ポイントはココ!

  • 給料の高い求人が多く、条件交渉もしてくれる
  • 日本調剤の教育プログラムが無料で受けられる

給料の高い求人が多数で条件交渉もしてくれる

年収700万円以上・時給3500円以上の求人がファルマスタッフには多く存在しています。また事前調査で転職者の状況を把握し、状況に応じて給与や有給休暇などの条件交渉を積極的に行ってくれます。求人情報にある待遇よりもいい条件で転職が期待できます。自分ではなかなかできない条件交渉を代わりにやってくれると安心ですね。

日本調剤の教育が受けられる

「スキルアップ・キャリアアップしたい」、「ブランクがあるから不安」「未経験である」

このような不安にファルマスタッフは対応してくれます。

グループの親会社である日本調剤の教育ノウハウを受け継いでいます。転職フォローに加えてブランクがある薬剤師に向けた「教育研修制度」、薬に関する質問に答えてくれる「ファルマスタッフDI室」、毎月開催されている「ファーマシーセミナー」(無料)など様々な制度が整っています。

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

  • 時給4000円以上、年収840万円以上の高時給案件多数
  • 日本調剤グループ独自の研修制度が利用できる
  • 転職支援16年で安心の実績

無料登録してコンサルタントに相談する

6.記事内容まとめ

  • まずは自分の転職理由を明確にするのが大事
  • 実は転職の失敗・成功は「転職サイト選び」で決まる
  • 転職サイトは「希望条件の求人数」「担当者のスキル」「サポート体制」の3つで選ぶ

しっかりとポイントを押さえて転職を成功させましょう!


転職の記事一覧

40代50代60代で薬剤師の転職難易度はこう変わる!未経験も可?

「薬剤師は資格があるのでいつでも転職できる」という話は、薬剤師として働いていると一度は耳にすることがあるものです。確かに転職しやすいのは事実ですが、40代や50代、定年後の60代ともなると「もう転職できないのでは…」と不…

続きを読む

転職に失敗した薬剤師へ|もう後悔しない、転職を成功させるヒント

「あれ、私ひょっとして転職に失敗した?」転職して間もないのに、そんな思いが頭をよぎった薬剤師のあなた。 しかし、失敗したという事実を受け入れたくない、そもそもこれは本当に失敗なのか…この記事では、そんなモヤモヤを吹き飛ば…

続きを読む

転職回数の多い薬剤師は転職に有利?ピンチをチャンスに変える方法!

「転職回数が多いから転職は難しいだろうな…」 このページにたどり着いた方は、こんな悩みをお持ちのはず。確かに転職回数は、薬剤師の転職活動で大きなポイントになるのは事実です。しかし転職回数の多さは必ずしも転職に悪影響を及ぼ…

続きを読む

薬剤師の転職お祝い金はむしろデメリット?絶対に損しない転職の裏技

薬剤師の転職サイトに登録し、利用して入社すると祝い金が支給されるという制度は、転職を希望する薬剤師からすればまさに一石二鳥の話ですよね。実際このようなメリットを謳う転職支援サイトが増えています。同じ転職なら祝い金がもらえ…

続きを読む

50代薬剤師が転職できる求人の探し方|採用される2つのコツも紹介

「いくら薬剤師でも、50代で転職するのは年齢的に厳しいかな?」 「50代でも転職できる求人ってあるの?」 いくら経験豊富な薬剤師であっても、50代での転職となると不安がつきものですよね。実は、50代の薬剤師が転職を成功さ…

続きを読む

40代薬剤師でも転職できる!未経験分野への転職にはコツがあった

「残業が少ない職種に転職したい!」 「でも、40代薬剤師が転職できる職場ってあるかな・・・?」 20代・30代とは異なり、背負うものが大きい40代の薬剤師は、転職に対して億劫になりがち。しかも、新卒の薬剤師と比べると求め…

続きを読む

薬剤師が地方で働けば年収200万円アップ?高給の裏に隠された秘密

地方の薬剤師は都心よりも年収が高いという話を聞いて「本当かな」「裏があるのではないか」と思っていらっしゃる方も多いと思います。この記事ではそんな地方薬剤師の実態を薬剤師の実体験をもとに解説していきます。 この記事に書いて…

続きを読む

中小薬剤師転職エージェントの利用は危険?おすすめエージェントは?

「そもそも転職エージェントって何?」 「転職エージェントを利用すると、どんなメリットがあるの?」 転職を成功させる薬剤師の多くが利用すると言われている「転職エージェント」。登録すると、どのようなメリットがあるのでしょうか…

続きを読む

薬剤師の転職失敗談まとめ

体験談 1. どのくらい働きたいのかを明確にできていませんでした 2. 給与しかみていなかったら・・・ 3. 条件をもっとちゃんと見ておけばよかったです 4. 細かい場所まで確認するべきだった・・・ 5. 条件を優先させ…

続きを読む

相談が必要?薬剤師の第二新卒での転職の際の注意事項とポイント

薬剤師の資格を取得して意気揚々と就職したものの、すぐに辞めたくなったというケースは決して珍しくありません。入社前の想定と会社の現実があまりにも食い違い、嫌気がさすというのはよくある話です。しかし、入社してすぐに辞めると転…

続きを読む